【植木の捨て方】ゴミとして分別方法や出し方、処分・廃棄方法を紹介!


スポンサーリンク

 

本記事では、植木の捨て方様々な処分方法を紹介しています。

 

ゴミとしての分類

 

植木のをゴミとして処分する際には注意が必要です。

 

植木の枝や剪定した枝は『粗大ゴミ』として分別し回収している自治体が一般的です。

 

細かい枝であれば、『燃えないゴミ』として回収している地域も多いです。

 

しかし、植木そのものを回収している自治体は少なく、市町村で回収できるゴミの対象外となってしまいます。

 

枝を回収していても、根や土は回収していない地域もあります。

 

また、枝の長さや枝の太さを決めて回収している自治体が多いです。

 

細かい規定につきましては必ずお住まいの自治体のホームページで確認をしましょう。

 

スポンサーリンク

 

捨て方・廃棄方法

粗大ゴミとしてのゴミの出し方

植木を粗大ゴミとして出す場合には、料金が掛かってしまいますが『ゴミ処理券』を購入しましょう。

 

ゴミ処理券を購入し透明な袋に入れた植木に貼りつけておけば、ゴミステーションで回収してくれます。

 

また、地域によっては、枝を切り分けて袋に入れなければなりません。

 

また、根は扱っていない地域もございますのでご注意ください。

 

それから粗大ゴミの回収日にゴミステーションに出しましょう。

 

コンビニやスーパーなどの指定されたゴミ処理券取扱店で、ゴミ処理券を購入することができます。

 

ゴミ処理券取扱店につきましても、お住まいの自治体のホームページで確認することができます。

 

植木をゴミ処理券を購入して捨てる場合の費用は、大きさと量によりますがだいだい300円~が多いです。

 

燃えないゴミとしてのゴミの出し方

大きさの小さい植木は、燃えないゴミとして出すことができます。

 

お住まいの自治体で決められた袋に入れて、決められた日時にゴミステーションに出しましょう。

 

この時、そのまま植木を捨てても可能な地域もあれば、土と植木をばらばらに分別して捨てなければいけない地域もございます。

 

スポンサーリンク

 

捨てる以外の処分方法

造園店業者に買取依頼する

造園店では、植木や庭木の買取や処理をしてくれる場合がございます。

 

『植掘造園』さんでは、千葉県にある造園店で植木や庭木を無料で買取査定してくれます。

 

千葉県近辺にお住まいの方のご利用をおすすめします。

 

ホームページから依頼することができますのでアクセスしてみましょう。

 

『霧島ツツジ・植木買取専門店日本造園』さんでは、樹齢数百年の槇、モチノキ、霧島ツツジなどを対象として買取を行っています。

 

買取の流れはホームページから見積もり査定を申し込んだあと、対象の植木の写真を送り買取になります。

 

また、地域の造園店でも買取を行っているかどうかホームページなどで調べてみましょう。

 

不用品回収業者に依頼

不用品回収業者に依頼すると、自宅まで来てくれ植木を運搬する必要がなく引取をしてくれることがメリットとして挙げられます。

 

また、業者によっては無料で引取をしてくれる場合もございます。

 

手間を掛けず無料で植木を処分したい方は、不用品回収業者に依頼されることをおすすめいたします。

 

『ゴミのことなら回収くん』さんでは、北関東を除いた関東圏内にお住まいの方なら、植木やプランターに植えた植物などを回収してくれます。

 

埼玉県の一部の地域では運搬料が無料になります。

 

処分費用は植木の大きさにより、高さが30㎝以内だと800円で100㎝以内だと1200円、150㎝以内だと2000円、200㎝以内だと3000円です。

 

また、土やプランターごと回収してくれますので非常に便利です。

 

他の地域の不用品回収業者は、地元情報掲載誌や新聞紙、インターネットなどに情報が掲載されていることが多いのでご覧になってみてください。

 

地元の情報掲載誌での呼びかけ

費用を掛けずに植木を処分したい方は、地元の情報掲載誌を利用してみましょう。

 

掲載料もかからず情報を載せることができます。

 

そして地元の方向けに情報を発信することができます。

 

地元の方であれば、引き渡しにも費用はかからず植木を処分することができて必要最低限の手間で処分をすることができます。

 

情報掲載誌を利用する際は、掲載元に依頼をして呼びかけて貰いましょう。

 

また、近年では若い世代にも観葉植物や盆栽などの人気が非常にあり、若い世代をターゲットに情報を発信したい場合はインターネットも利用しましょう。

 

地元の情報掲載に特化した『ジモティー』さんのホームページを利用して同じように無料で情報を載せることもできます。

 

誌面とネットの両方に情報を載せる場合につきましては、ダブルブッキングを防ぐために、連絡をもらっても貰い手が見つかっている場合があることを注意書きしておくと丁寧でスムーズな対応をすることができます。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク