【ポリタンクの捨て方】ゴミとしての分別や処分・廃棄方法を紹介!


スポンサーリンク

 

本記事では、ポリタンクの捨て方様々な処分方法を紹介しています。

 

ゴミとしての分類

 

ポリタンクは、その素材によって分類する方法が異なります。

 

石油や灯油を入れていたプラスチック製のポリタンクは、中身を使いきった状態で『燃えるゴミ』として分類し回収している自治体が多いです。

 

金属製のポリタンクは、『カン・金属類』の資源ゴミとして回収しています。

 

また、大きいものにつきましては『粗大ゴミ』として出すことも可能です。

 

ゴミとして捨てる前に、お住まいの自治体のホームページで詳細を確認をしましょう。

 

スポンサーリンク

 

捨て方・廃棄方法

燃えるゴミ、カン・金属類としての捨て方

プラスチック製や金属製のポリタンクを捨てる場合は、お住まいの自治体で決められたゴミ袋に入れて決められた日時にゴミステーションに捨てましょう。

 

灯油や石油が入った状態で捨ててしまうと、ゴミ収集車での予期せぬ事故になりかねますので必ず使い切ってから捨てるようにしましょう。

 

粗大ゴミとしての捨て方

粗大ゴミとして捨てる方法は、料金が掛かってしまいますが『ゴミ処理券』を購入しましょう。

 

ゴミ処理券をポリタンクに貼りつけておけば、ゴミステーションで回収してくれます。

 

粗大ゴミの回収日にゴミステーションに出しましょう。

 

コンビニやスーパーなどの指定されたゴミ処理券取扱店で、ゴミ処理券を購入することができます。

 

ゴミ処理券取扱店につきましても、お住まいの自治体のホームページに記載されています。

 

処分費用はだいたい400円~が相場です。

 

クリーンセンターに持ち込む

ポリタンクをご自身でクリーンセンターに持ち込み処分することができます。

 

クリーンセンターでの処分費用は、10㎏300円~などと重さで料金が決まっています。

 

クリーンセンターでは、灯油や石油の燃料の処分は出来ない場合が多いですので、ポリタンクのみを処分されたい方におすすめです。

 

詳しくは、ホームページで貸出の有無を確認しましょう。

 

残った灯油・石油の捨て方

ポリタンクを処分する前に、残ってしまった灯油や石油の燃料の処分方法をご紹介します。

 

燃料はそのまま水道に流したり、空き地に捨てたりは絶対にしてはいけません。

 

余ったものはガソリンスタンドや燃料を取り扱っているお店で処分してくれます。

 

費用はお店によって異なりますので、持ち込む前に問い合わせをしてみましょう。

 

場所によっては、ポリタンクごと処分又は買取をしてくれますので、ポリタンクが不要な際はその旨を伝えましょう。

 

スポンサーリンク

 

捨てる以外の処分方法

プラスチックのリサイクル業者に依頼

廃プラスチックのリサイクル『三木樹脂工業』さんでは、不要なプラスチック製品の買取を行っています。

 

プラスチックをリサイクルしコンテナなどを作っている業者です。

 

買取をご希望の方は、まずはホームページにアクセスをし、お電話かメールで問い合わせをしましょう。

 

全国に対応していますので、どんな方も利用することができます。

 

企業様向けには、『日輝通商株式会社』さんが同じように廃プラスチックを回収しています。

 

また、地域限定で廃プラスチックを回収している業者もありますので、お近くの業者をインターネットで検索してみましょう。

 

地元の情報掲載誌での呼びかけ

無料でポリタンクを処分したい方は、地元の情報掲載誌で貰い手を探してみてはいかがでしょうか。

 

費用を掛けずに情報を載せることができます。地元の方であれば、引き渡しにも費用はかからずポリタンクを処分することができます。

 

情報掲載誌を発行している業者に依頼をして呼びかけて貰いましょう。

 

また、地元の情報掲載に力を入れている『ジモティー』さんのホームページを利用して同じように情報を載せることもできます。

 

誌面とネットの両方に情報を載せる場合につきましては、ダブルブッキングの注意が必要です。

 

連絡をいただいても貰い手が見つかっている場合がありますと一言添えると丁寧でスムーズな対応をすることができます。

 

不用品回収業者に依頼

不用品回収業者に依頼すると、ポリタンクを運搬する手間が省け手軽に処分することができます。

 

なぜなら、ご自宅に不用品を回収しに来てくれる業者が多いからです。

 

例え汚れが付いていたり、破損していても確実に引取をしてくれるでしょう。

 

また業者によっては無料で引取をしてくれる場合があります。

 

不用品回収業者は、地元情報掲載誌や新聞紙、インターネットなどに情報が掲載されています。

 

規模の小さい業者は広告等を出していない可能性がありますので、日頃の運転の際にチェックしておくといざという時に役に立ちます。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク