【枕の捨て方】ゴミとしての分別方法や処分方法を紹介!

スポンサーリンク

 

本記事では、枕のゴミとしての分類処分方法を紹介しています。

 

ゴミとしての分類

低反発(ウレタンフォーム)

枕として低反発の製品を利用する人が結構います。

 

ゴミとして低反発マクラを捨てるという場合、ゴミの分類はどうすればよいのか。

 

実は、ゴミとして分類する際、低反発枕は不燃ゴミになります。

 

低反発のウレタン素材が使われていることから、可燃ではなく燃えないものとして分別されます。

 

羽根

さわり心地とそのやわらかさから枕に使用される定番が羽根素材です。

 

羽根自体は、特殊な加工素材でない限り、燃える素材です。

 

そのため、燃えるゴミに分類されることがほとんどです。

 

そば殻

最近では、化学繊維やプラスチック製が増えたことで減りつつあるのが、そば殻の枕です。

 

ゴミの分類としては、そば殻が可燃物であるため、燃えるゴミに当たります。

 

パイプ

パイプ製の中身である枕の場合、不燃ゴミで分類します。

 

自治体によっては、プラスチックゴミに分類されるなど、自治体によってビニール製の枕内部をどちらに捨てる方針であるかで分別の仕方が変わります。

 

ビーズ

枕としても比較的利用されるビーズは、パイプ同様に不燃ゴミかプラスチックゴミで出します。

 

もし枕の中身が出てしまった場合、ビーズのゴミ分類と同一の方法で分別します。

 

ポリエステル

ポリエステルの枕は、ビニール系素材の捨て方と同じです。

 

不燃ゴミかプラスチックゴミで分別します。

 

シルク

シルク製の枕は、特に分類が表示されていないことが多いですが、絹であることから燃えるゴミに出すのが基本になります。

 

ウール

ウールはシルクと同じで、燃えるゴミに分類することができる素材です。

 

コットン

コットンの枕は、他のコットン素材でできた製品を捨てるときのように、燃えるゴミで分類されます。

 

枕のゴミ分類は総じて、内部素材ごとに捨て方が異なる場合が多いです。

 

細かく自治体の分別指定が分かれる場合や枕全般を不燃ゴミで処理する自治体などあります。

 

枕の素材すべてでゴミ分類表が網羅されていることは少ないです。

 

燃えるゴミと不燃ゴミで迷った際は、上記を参考にするか、役所の担当課に確認しましょう。

 

スポンサーリンク

 

捨て方(ゴミとしての出し方)

燃えるゴミ

 

燃えるゴミで出すときの手順は以下です。

 

◆必要なもの

・紙袋(頑丈で破れにくいもの)

 

・指定のゴミ袋

 

◆手順

①枕のカバーを外します。

 

 

②紙袋に入れます。(必要であれば裁断する)

 

 

③紙袋ごと指定のゴミ袋に入れます。

 

燃えやすい素材で内部が作られている枕は、燃えるゴミで捨てるのが基本です。

 

治体によっては燃えるゴミとプラスチックゴミの袋を分ける場合があります。

 

その際に燃えるゴミに出すとき、紙袋に枕を入れます。

 

プラスチックゴミ

 

プラスチックゴミで出す際は、以下の手順になります。

 

◆必要なもの

・透明なビニール袋

 

・指定のゴミ袋

 

◆手順

①枕のカバーを外します。

 

 

②ビニール袋に入れます。(必要であれば裁断する)

 

 

③プラスチック指定のゴミ袋に入れてに出します。

 

プラスチックゴミのある自治体の場合、プラスチックやビニール製の枕は、おおむねプラスチックゴミになります。

 

不燃ゴミ

 

不燃ゴミの場合、以下のようにプラスチックゴミとだいたい同じ手順になります。

 

◆必要なもの

・透明なビニール袋

 

・指定のゴミ袋

 

◆手順

①枕のカバーを外します。

 

 

②ビニール袋に入れます。(必要であれば裁断する)

 

 

③不燃ゴミの指定袋に入れてゴミに出します。

 

不燃ゴミの袋の容量に収まらないときは、裁断を行います。

 

もしくは、粗大ゴミとして出す必要があります。

 

粗大ゴミ

 

大きい枕も珍しくないため、粗大ゴミで捨てられる枕も少なくありません。

 

◆必要なもの
・粗大ゴミシール(市区町村ごとに異なる)

 

◆手順

①枕のカバーを外します。

 

 

②有料の粗大ゴミシールを購入する

 

 

③指定の部署に電話して粗大ごみの回収を依頼する。

 

 

④シールを貼って、指定場所に出す。

 

粗大ゴミで費用をかけて出したくないときは、サイズ以下になるように裁断すれば燃えるゴミ・不燃ゴミなどと一緒に出せます。

 

資源ゴミ(古着・古布・古繊維の回収)には出せない

枕は基本的に資源としてのリサイクルができない部類の品目です。

 

そのため、古着や古布として回収できないことがほとんどです。

 

資源ごみではなく、燃えるゴミや不燃ゴミで処分しましょう。

 

枕カバーについては、回収できる自治体があります。

 

スポンサーリンク

 

風水的な捨て方

肌に触れる枕は、自分の写し身である分身そのものです。

 

枕を捨てる際は、できるだけ切り刻んだりしないようにするのが風水的には良いといわれています。

 

捨てる際に感謝の気持ちを忘れないことが、風水的な捨て方として大事なことだとされています。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク