【絵本の捨て方】ゴミとしての分別方法や処分・廃棄方法を紹介!


スポンサーリンク

 

本記事では、絵本の様々な処分方法を紹介しています。

 

ゴミとしての分類

 

絵本は『古紙類』や『雑がみ』として分類し回収している自治体が一般的です。

 

紙類は回収したあとリサイクルされます。

 

紙類は水にぬれると再生しにくいことから、回収日が雨の場合は次回に回すようにしましょう。

 

また、お菓子の汚れや紙破れがひどい場合などの理由がある場合は『燃えるゴミ』として回収している地域がほとんどです。

 

細かいルールにつきましては必ずお住まいの自治体のホームページで確認をしましょう。

 


スポンサーリンク

 

捨て方

古紙類・雑がみ

絵本を古紙類や雑がみとして捨てるには、何冊かまとめてスズランテープなどの紐で十文字に縛ってから出します。

 

そして決められた日時にゴミステーションに出すようにしましょう。

 

紙袋などの袋や段ボール箱に入れてゴミとして出さないよう注意喚起している自治体が多いのでご注意ください。

 

絵本を紐で縛るときのまとめ方の中でも、誰でも簡単に結べる方法を紹介します。

 

①まず1本の紐で輪を作ります。

 

 

②紐が交差している中央部分に絵本を置きます。

 

 

③輪の部分を持ちあげ、片方の紐の端をくぐらせます。

 

 

④輪にくぐらせた紐と、もう片方の紐を強く結びます。

 

更にこの時、まとめた絵本の端の角で結んであげると摩擦が増えしっかりと固定することができます。

 

すると簡単に絵本をまとめることができます。

 

クリーンセンターに持ち込み

絵本をご自身でクリーンセンターに持ち込み処分することができます。

 

クリーンセンターでは、処分品の重さで料金が決まっており10㎏数百円~の費用が平均して掛かります。

 

大量に絵本を処分されたい方は、クリーンセンターによっては軽トラックの貸し出しを行っています。

 

ご希望の方は、クリーンセンターに問い合わせをしてみましょう。

 


スポンサーリンク

 

捨てる以外の処分方法

絵本を寄付

◆BOOKS FOR JAPAN

『BOOKSFORJAPAN』では、不要な絵本などの本類を5冊から寄付することができます。

 

寄付された本類は、被災地の子どもや病院関係に贈られます。

 

その利用方法は、まずBOOKSFORJAPANのホームページにアクセスをします。

 

東日本大震災で被災された地域や、日本赤十字社など寄付先をご自身で選択します。

 

そして、集荷依頼の連絡をし本類を着払いでBOOKSFORJAPANに送るだけです。

 

寄付といえど本類を買取してくれるのが特徴です。

 

無料で不要な本類を処分できるうえに、買取をまでしてくれるのでおすすめの方法です。

 

◆保育園や幼稚園に寄付

不要になった絵本を、お近くの保育園や幼稚園に寄付することも可能なことが多いです。

 

お子さんが通われていた所だとスムーズに対応をしてくるので、一度連絡することをおすすめします。

 

また『SBA(セカンドブックアーチ)』では、不要な本類を回収しています。回

 

収した本類は保育園や幼稚園、児童支援施設に寄付してくれます。

 

神奈川県茅ケ崎市にお店があるため、湘南近辺にお住まいの方は出張回収を利用することができます。

 

またはお店に直接持ち込むか、それ以外の地域にお住まいの方は、セカンドブックアーチのホームページから問い合わせをし宅配回収を依頼しましょう。

 

フリマサイトで出品

不要になった絵本をフリマサイトで販売することができます。

 

今日たくさんのフリマサイトが普及しており利用者が増えているのが現状です。

 

多くのフリマサイトでは、自分で値段を決めて出品することができます。

 

その中でも販売手数料が低いものや匿名配送ができるものなど、ご自身にが使いやすいものを選択します。

 

そのフリマサイトに個人情報を登録したあと、出品するものを写真に撮り説明文を加えるだけで簡単に不要な本類を出品出来ます。

 

メルカリでは絵本などの本類の写真を撮るだけで、本の情報が自動で記載されとても簡単に出品することができます。

 

また、主婦の利用者も多く絵本の需要があるので、メルカリでの出品をおすすめします。

 

不用品・廃棄物回収業者に依頼

不用品・廃棄物回収業者に依頼すると、絵本をご自身で運搬することなく、お菓子の汚れがついていても確実に引取をしてくれます。

 

手間を掛けず費用を抑えて絵本を処分したい方は不用品・廃棄物回収業者に依頼されることをおすすめします。

 

不用品・廃棄物回収業者に依頼する際は、絵本を大量に処分する場合にしましょう。

 

不用品・廃棄物回収業者は、地元情報掲載紙や新聞紙などに掲載していることが多いです。

 

また、規模の小さい業者は広告を出していないこともあるため、日頃の運転時に近所の回収業者を探してみてはいかがでしょうか。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク