【ペットボトルの捨て方】PTゴミの分別方法や潰すグッズ、処分方法を紹介!

スポンサーリンク

 

本記事では、ペットボトルの分別方法潰すグッズ処分方法を紹介しています。

 

ペットボトルは何ゴミ?

 

ペットボトルは日常的に出てくるゴミとして頻繁に捨てることが必要です。

 

分別するときの基本は、ペットボトルの構成(本体・ラベル・キャップ)ごとに分類しましょう。

 

本体

ペットボトルの本体を処分するには、主に以下2つのどちらかで捨てることになります。

 

・資源ごみとして自治体のペットボトル専用の場所で出す。

 

・スーパーなどにあるペットボトル回収BOXに入れる

 

プラスチックの容器であれば全部ペットボトルというわけではありません。

 

PETのマークがついているものだけが、ペットボトルとして扱われ、回収されます。

 

ないものは容器包装プラスチックとして、別の回収口で捨てる必要があります。

 

また、汚れがひどいものは燃えるゴミ(地区によってはプラスチックゴミに該当)で捨てます。

 

ラベル

ペットボトルにはラベルが貼り付けてある場合が多く、本体を捨てる際はラベルをはがして、別に捨てる必要があります。

 

自治体によっては、はがしたラベルを燃えるゴミに入れるか、包装プラスチックとして回収してもらうかのどちらかです。

 

キャップ(フタ)

ペットボトルの先端には必ずといっていいほどキャップがついています。

 

回すタイプや押さえるタイプなどありますね。

 

捨てるときは専用のキャップ回収BOXにいれます。

 

それがないときは、容器包装プラスチックに該当するので、そちらで回収してもらいます。

 

中身

ペットボトルの中身はおおむね液体であることがほとんどです。

 

捨てる前に中身を出してから捨てることになります。

 

中に何も残らないようにするのがポイントです。

 

しかし、中に固形のものが入っている場合は、どうしても取り出せないことがほとんどです。

 

その際は、本体を切ったりせずに、本体ごと燃えるゴミ(もしくはプラスチックゴミ)に捨てましょう。

 

スポンサーリンク

 

かさばるPTをつぶして収納する

 

ペットボトルを潰すとき、人の力ではとても大変です。

 

特に形状が直線のものと曲線のものでは効率的な潰し方も異なります。

 

そんなときに便利なのが、「ぺんてる 空き缶ペットボトルつぶし マルチプレス KPM1」です。

 

 

 

動物の口のように開いている部分にペットボトルの口先を手で持って入れます。

 

後は軽く踏むだけで簡単に潰すことができます。

 

潰すのにひと苦労な外装の硬いペットボトルでも少しの力でよいというのが魅力です。

 

ペットボトルのほかにも缶をつぶすこともできます。

 

リサイクル・資源ゴミ分別のうれしい味方です。

 

スポンサーリンク

 

処分方法

捨てる前に

ペットボトルはリサイクルのために形状はそのままで、中に何もない状態である必要があります。

 

とくに中が汚れているだけで、せっかくのリサイクルにおけるコストパフォーマンスが悪くなり、洗浄するか捨てるかしなくてはならなくなります。

 

そのため、回収場所に出す前に、中を洗ってから出すのがマナーです。軽く水ですすぐ程度でよいです。

 

◆手順

①ペットボトルの中身を捨てます。

 

 

②水道水をペットボトルの中に入れます。

 

 

③キャップを閉めて振ります。

 

 

④キャップをあけて、水を外に出します。

 

以上で洗浄完了となります。

 

汚れがひどいときは、落ちるまで数回繰り返します。

 

また、潰したり圧縮したりしない指定がある自治体ではそのまま捨てることが求められます。

 

中には、潰すだけでなく切ったりするのもダメな場合もあるので分別ルールに注意しましょう。

 

ゴミの出し方

捨てる際は透明な袋にいれて出すか、回収BOXに入れます。

 

キャップもそのときに出せるならば出します。

 

キャップを入れる回収箱がないときは、容器包装プラスチックで回収してもらうか、資源ごみ・もしくは燃えるゴミの日に他のゴミと一緒に出します。

 

注意すべき点は、ペットボトル本体のゴミを他のプラスチック系のゴミと一緒に混ぜないようにすることです。

 

リサイクルを前提にしているぺットボトルは、その一部を製造側がリサイクル費用を負担しているなど、ただのプラスチック容器とPETマークのペットボトルではまったく別ものといえるからです。

 

家庭用のゴミ箱

 

ゴミ箱を置く場合はどの家庭でも気を使うものです。分別ルールの多い自治体ともなれば、燃えるゴミにプラスチック、不燃ごみに資源ごみ各種といったように、袋とゴミ箱が所狭しと台所に並ぶ結果になります。

 

そんなとき、簡単にゴミを分別できるのがこの分別ダストボックス 41リットルタイプです。

 

 

二段構造になっていて、簡単にゴミ袋を設置できる内部構造のため、分別したいゴミに分けて中に収めることができるようになっています。

 

生ゴミなど、臭いの気になるゴミを入れても大丈夫なように上部にふたがついています。

 

二つの口の構造になっているのも特徴です。

 

潰したペットボトルを捨てられるようになっています。

 

そのため、どんどんペットボトルのゴミも収納していくことが可能です。

 

外観の形状がシンプルな構造ですので、狭い家の中でも隅に収納して邪魔になりません。

 

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク