【お札の処分方法】御札の捨て方や神社での廃棄の仕方などを紹介!


スポンサーリンク

 

本記事では、お札の処分方法を紹介しています。

 

基本的な捨て方

 

お札は和紙で作られていることが多いため、基本的には『燃えるゴミ』として分類し回収している自治体が一般的です。

 

地域によっては『資源ゴミ』として分類している場合もあります。

 

捨てる前に必ずお住まいの自治体のホームページで確認をしましょう。

 

またお札ですので、そのまま捨てることに対して他の人の目が気になったり、災いが起きるのではないかと不安や抵抗がありますよね。

 

そういう場合には、神社やお寺での処分をおすすめします。

 


スポンサーリンク

 

様々な処分方法

燃えるゴミ

お札を燃えるゴミ・資源ゴミとして捨てる仕方は、自治体で決められたゴミ袋に入れて決められた日時にゴミステーションに出しましょう。

 

燃えるゴミ・資源ゴミとしてそのまま捨ててしまうと、周囲の方が気味悪がったりしてしまう可能性があります。

 

お気になさる方は、シュレッダーで細かく裁断してから捨てるようにしましょう。

 

もしくは、紙用ボンドのような接着剤とガムテープを用いて一枚一枚接着剤でお札どうしやその他の紙を貼りつけていきます。

 

最後にガムテープでぐるぐると固定すれば、お札独特の見た目を隠して安心して他のゴミと一緒に出せるでしょう。

 

クリーンセンターに持ち込み

お札をご自身でクリーンセンターに持ち込み処分することができます。

 

持ち込む手間はかかってしまいますが、焼却炉にそのままお札を投げ捨てることができるため、他の方の目を気にすることなく処分できます。

 

更に目の前で処分することを確認することで、安心感が一番高まる方法です。

 

クリーンセンターに持ち込む際は、他の不要なものと一緒に捨てることをおすすめします。

 

処分費用は処分品の重さで決まっており、10㎏数百円~ほど掛かりますので念頭に入れておきましょう。

 

塩をふって処分

ご自身で処分される場合にプラスαとしておすすめなのが、塩をふってから処分する方法です。

 

塩には物事に込められた因縁や思いなどを浄化したり清めたりする効果があると言われています。

 

そして更に塩は塩でも天然の『粗塩』を使用しましょう。

 

粗塩には、一般的な塩よりも清める効果が高まると言われています。

 

そして粗塩をふったお札を新聞紙などの古紙に包み捨てるようにしましょう。

 

加えて忘れてはならないことは、必ず感謝の気持ちを込めて捨てるということです。

 

心の中で『お守り下さりありがとうございました。』などと述べてから塩をふると浄化されます。

 


スポンサーリンク

 

神社やお寺でのどんどやきで処分

お札は、神社やお寺でのどんどやきで厄払いをしつつ処分することができます。

 

どんどやきを行っている神社やお寺は全国にたくさん所在しています。

 

多くの社寺では1月15日前後にどんどやきを行い、炎の力でお焚きあげをすることで、お札に込められた思いや災い、吸い込んだ悪運などを浄化しています。

 

その処分費用は1000円~が相場ですのでお金を用意して持ち込むようにすると安心です。

 

また、ホームページなどでお近くの神社やお寺がどんどやきを行っているかどうか調べてみましょう。

 

焼却処分ですので、この場合もプライバシーを守りつつ他の人の目を気にすることなく処分することができおすすめの処分方法です。

 

神社やお寺に返納

一年に一度のお正月シーズンのどんどやきを待たなくても、お札を処分することができます。

 

その方法は、神社やお寺には必ず『返納所』というものがあり、購入した日から1年以上経った使用済みのお守りや縁起物、お札などを返し納める場所が設けられています。

 

そこでは年中無休で受け付けています。

 

外に設置している所は少ないですので、お巫女さんや住職に聞いてみましょう。

 

その際、『お気持ちだけお納めください』と言われることがあります。

 

お気持ちとはいくらぐらいか正直迷う方が少なくはないと思いますが、300円~高くても1000円ほどが相場と言われていますので、その範囲内で処分費用を納めましょう。

 

風水的紙類の捨て方

風水的に紙で作られたものを捨てる方法があります。

 

その方法はとても簡単で、何も文字が書かれていない無地の白い袋に入れてそのまま捨てるだけです。

 

白い袋に入れて捨てるだけで、邪気や悪運が飛び運気が上がると言われています。

 

更に雨の日や曇っている日に捨てるのではなく晴れの日に捨てることで、より一層効果が期待されます。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク