【牛乳パックの捨て方】ごみとしての分別方法や出し方、処分・廃棄方法を紹介!


スポンサーリンク

 

本記事では、牛乳パックのゴミとしての分別方法捨て方様々な処分方法を紹介しています。

 

ゴミとしての分類

 

牛乳パックは、『資源ゴミ』として分類している自治体が多いです。

 

同じ紙質でも、紙や雑誌類とは別に牛乳パックのみでまとめて資源ゴミの回収日に出しましょう。

 

牛乳パックは、紙をポリエチレンで挟みコーティングをしており耐水性を高めています。

 

その為、他の古紙と分別必要があります。

 

また、お酒や豆乳などの紙パックで容器の中がアルミでコーティングされているものにつきましては、『燃えるゴミ』や『燃えないゴミ』として回収している自治体がありますのでお住まいの自治体のホームページで確認をしましょう。

 


スポンサーリンク

 

捨て方・廃棄方法

 

牛乳パックには、『洗って 開いて 乾かして』という標語が書いてありリサイクルを促しています。

 

牛乳パックのゴミの出し方は、まず水で軽く中を洗います。

 

その牛乳パックを開きます。

 

この時、飲み口を開いてから紙どうしが重なっている部分から切り開くと開き易いです。

 

そしてそのまましっかり乾かします。

 

最後に牛乳パックを数枚重ねて、紐で十文字にして束ねます。

 

束ねた状態でゴミの日にゴミステーションで出しましょう。

 

牛乳パックを開かずにゴミとして出してしまうと、収集車での回収の効率が悪くなってしまいます。

 

そのため、必ず開いてから捨てましょう。

 

また、洗いが足りないものはすぐにカラスや小動物が寄ってきてしまい、業者の方に迷惑がかかってしまうのでしっかり洗うことを心掛けましょう。

 

最近では明治おいしい牛乳さんなど、手を汚さずに牛乳パックを簡単に開くことのできるものもあります。

 

お子さんでも簡単に開くことができるのでおすすめです。

 


スポンサーリンク

 

捨てる以外の処分方法

 

牛乳パックをリサイクルすると、トイレットペーパーやティッシュペーパー、キッチンペーパーなどに生まれ変わります。

 

ゴミに出してリサイクルすることも大切ですが、最近では牛乳パックを使ったご家庭でのリユース方法があるので、いくつかご紹介いたします。

 

牛乳パックでまな板に

使用済みの牛乳パックをまな板代わりに使用することができます。

 

特に魚を切る時や味付けをする時におすすめで、魚の独特な生臭さをまな板に付くことを防ぐことができます。

 

もちろん、生肉や揚げ物を切る時にもおすすめです。

 

臭いや油が付いても、そのまま使い捨てることができるのでとても便利です。

 

洗い物が減る点も嬉しいメリットです。

 

牛乳パックでペン立て・収納の仕切りに

牛乳パックを簡単にDIYして楽しむのなら、ペン立てはいかがでしょうか。

 

切り開かずに洗った牛乳パックをお好みの高さになるよう飲み口側をカッターで切ります。

 

表面や内側にお好きな折り紙や画用紙を張り付ければ、簡単にペン立ての完成です。

 

それをいくつか作って両面テープなどでつなぎ合わせれば、収納の仕切りになります。

 

大きさが絶妙で、靴下やタイツ、下着類などを収納するのに丁度良いです。

 

牛乳パックを縦に長く切ると、お箸やスプーンなどをキッチンで収納するのに適した長さになります。

 

牛乳パックで引き出し収納ボックス

牛乳パックで収納ボックスを作ることができます。

 

材料は牛乳パック4本、カッター、布、両面テープです。

 

まず、1本の牛乳パックの4側面のうち1面だけ切ります。

 

飲み口の部分は、平らになるようにたたみましょう。

 

これが、引き出しを収納する大枠になります。

 

残りの3本は、枠に収まる大きさに飲み口側を切り落とします。

 

それぞれ、お好きな布や画用紙を貼りつけます。

 

それらを大枠の牛乳パックに収納すれば、引き出し収納ボックスの完成です。

 

引き出しに取手を付けてあげると使い勝手が良くなります。

 

牛乳パック1本に対して、3つの引き出しが丁度良く収まりますのでなるべく同じメーカーのものを使用することをおすすめいたします。

 

牛乳パックで子供用の椅子

牛乳パックで子供用の椅子を作ることができます。

 

対象年齢は0~5,6歳まで使用することができます。

 

その材料は、牛乳パック6本、ガムテープ、両面テープ、布です。

 

全ての牛乳パックの飲み口の部分をおりたたたみ平らになるようにしましょう。

 

4本を横に2列になるように積み並べ、残り2本を立てて背も立てになるようにします。

 

L字のような形にします。それぞれ牛乳パックをガムテープで固定します。

 

そして両面テープを使ってお好みの布でデコレーションをすれば、子供用の椅子の完成です。

 

牛乳パックの耐久性を生かし、小さいお子さんの椅子にいかがでしょうか。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク