【MDの処分方法】ゴミとしての捨て方(分別)や廃棄方法を紹介!


スポンサーリンク

 

本記事では、MDの様々な処分方法を紹介しています。

 

ゴミとしての分類

 

MDはケースを含め『燃えるゴミ』として分類し回収している自治体が一般的です。

 

コンポなどのMDプレーヤーは『燃えないゴミ』として回収している自治体が多いです。

 

捨てる前に、必ずお住まいの自治体のホームページで確認をしましょう。

 


スポンサーリンク

 

捨て方・廃棄方法

燃えるゴミ・燃えないゴミ

MDを燃えるゴミとして捨てるには、指定のゴミ袋に入れて決められた日時にゴミステーションに捨てましょう。

 

ケースもそのまま捨てても良しとしている自治体が多いので、分別する必要はありません。

 

また、コンポなどのMDプレーヤーを燃えないゴミとしての捨て方も同じで、決められたゴミ袋に入れて捨てましょう。

 

コードを指定の長さに切ってから処分しなければいけない自治体もあるのでご注意ください。

 

クリーンセンターへ持ち込み

MDやコンポを一緒に処分されたい方は、ご自身でクリーンセンターに持ち込み処分する方法があります。

 

クリーンセンターでは、処分品の重さで料金が決まっており10㎏数百円~が相場です。

 

クリーンセンターによっては軽トラックの貸出を行っている所があります。

 

大量に処分されたい方は利用しましょう。

 

貸出をご希望の方はクリーンセンターに問い合わせをするか、ホームページで貸出の有無を確認しましょう。

 


スポンサーリンク

 

捨てる以外の処分方法

リサイクルショップ

リサイクルショップによってMDの買取をしてくれます。

 

お近くのリサイクルショップに持ち込み買取依頼をしてみましょう。

 

◆駿河屋.jp

秋葉原に店舗を構える『駿河屋.jp』さんでは、MDなどの記録媒体の買取を行っています。

 

様々な技術が発展する中で、MDで音楽を楽しむ方がおられるので需要があります。

 

まずは、ホームページから無料査定をしましょう。

 

査定金額が3000円以上であれば、送料無料で宅配買取を利用することができます。

 

また店頭での買取強化をしているので、首都圏にお住まいの方は店頭まで足を運んでみましょう。

 

◆在庫買取トクリサ

未開封のMDに限り、大阪府にある『在庫買取トクリサ』で買取を行っています。

 

大阪府内であれば出張買取を、その他の地域の方は宅配買取を利用することができます。

 

コンポなどのMDプレーヤーも買取していますので、処分をお考えの方はぜひ利用ください。

 

まずはお店のホームページの専用フォームかお電話で、無料査定の依頼をしましょう。

 

家電量販店での回収

平成25年4月から『小型家電リサイクル法』が施行し、家電量販店でも小型家電を回収しリサイクルすることになっています。

 

そのため、コンポと一緒であればMDをお近くの小型量販店で処分して貰うこともできる場合があります。処分を考えているコンポを購入した家電量販店ならスムーズに処分ができます。

 

そうでなければ、事前に電話などで確認をすることをおすすめします。

 

大手全国チェーン店の『ケーズデンキ』では、小型家電リサイクル法に則り税抜500円でコンポなどの小型家電を回収してくれます。

 

お近くにケーズデンキがあれば、持ち込んでみましょう。

 

家電量販店の『エディオン』でも同様に、税込540円で小型家電を回収しています。

 

エディオンは東北地方と一部の地域を除いて店舗展開をしています。

 

フリマサイトでの販売

たくさんのフリマサイトが普及し利用者が増えております。

 

老若男女問わず幅広い年代の方が利用しています。

 

例えば、『メルカリ』や『ラクマ』では、自分で値段を決めて出品することができ簡単に利用することができます。

 

そのため、納得のいくお値段での販売が可能です。

 

フリマサイトに個人情報を登録したあと、出品するものを写真に撮り説明文を加えるだけで簡単に不要な物を出品することができますので、ぜひご利用ください。

 

不用品回収業者に依頼

車を所有されていない方や店舗に持ち込む時間がない方などは、不用品回収業者を利用してみてはいかがでしょうか。

 

不用品回収業者に依頼すると、運搬する必要がなく他店で値段が付かなかったとしても確実に引取してくれるので便利です。

 

お店によっては、無料でMDやコンポを回収してくれますので、複数の業者を比較しましょう。

 

不用品回収業者は、地元情報掲載紙や新聞紙、インターネットなどに情報が掲載されていることが多いので確認してみましょう。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク