【マットレスの捨て方】ゴミとしての分別方法や出し方、廃棄・処分方法を紹介!

スポンサーリンク

 

本記事では、マットレスのゴミとしての分類捨て方様々な処分方法を紹介しています。

 

ゴミとしての分類

粗大ゴミ

一般的に想像されているマットレスは、ベッドと敷物の間に置くものです。

 

マットレスはとても大きいゴミになるので通常のゴミで出すことができません。

 

基本的には粗大ゴミとして分類します。

 

スプリングマットレスは内部構造が素人の手で分解できるものではないため、必ず粗大ゴミに分別する必要があります。

 

燃えるゴミ

中には、スポンジや樹脂、化学繊維だけで中身が作られている、分解を容易に行えるマットレスがあります。

 

特に、薄型で簡易的なマットレスは、裁断して小さくします。

 

指定のゴミ袋に入れることができれば、燃えるゴミに分別が可能となります。

 

ウレタンマットレスは、不燃ゴミに分類されることが自治体によってはあります。

 

スポンサーリンク

 

捨て方・廃棄方法

粗大ゴミ

◆必要なもの

・ひも

 

・粗大ゴミシール(処理券)

 

◆手順

①マットレスをできる限り小さくします。

 

折りたためる三ツ折マットレスなどは、このときにひもで縛ります。

 

 

②マットレスに粗大ゴミシールを購入して貼り付けます。

 

 

③地域の回収受付をしているところに連絡します。

 

 

④最後に②を指定の時間と日時までに出します。

 

ダブルベッドのスプリングマットレスなど非常に大きくて重い粗大ゴミは、一人で作業するのは難しいです。

 

そのため、複数人で運ぶ方が安全です。

 

また、自治体によっては、回収処分を市区町村ではなく、購入店や専門の業者を推奨するところもあります。

 

一度、役所にマットレスのサイズと特徴を話して回収方法を相談してみましょう。

 

燃えるゴミ

◆必要なもの

・大きいはさみ

 

・カッター

 

・ビニール袋

 

・掃除道具(掃除機、箒など)

 

◆手順

①マットレスの説明書や注意書きで、分解禁止の注意が出ていないかを最初に確認します。

 

 

②解体可能な内容物であることがわかれば、次にチャックを開けて外側(カバー)を外します。

 

 

③②の作業で出てきたマットレスの原型であるスポンジ類等の素材をちょうどよい大きさにはさみで切っていきます。

 

 

④切ったマットレスをビニール袋にまとめます。

 

 

⑤切りくずを掃除します。

 

 

⑥④を燃えるゴミ指定袋に入れてゴミの日に出します。

 

 

注意点としては、硬質なマットレスを無理に解体しようとしないことです。

 

外からではわからない硬い素材が使われていることもまれにあります。

 

無理に切ろうとして怪我しないように注意が必要です。

 

スポンサーリンク

 

捨てる以外の処分方法

買取を依頼

通常、寝具など体に接触して使う家具は、買取ることができないものです。

 

しかし、マットレスの保管状態が優良で、傷や汚れがほとんどない場合には、買取できることがあります。

 

状態によっては処分するしかないものもありますが、あまり使用感がなく、状態の良いものであれば買取を試してみるのが良いでしょう。

 

まずは査定依頼を出して、捨てるのはマットレスがどのくらいの査定額なるのかを調べてからでも遅くありません。

 

オークションに出品

買取り同様に状態が優良であれば、オークションに出すことも検討できます。

 

高級マットレスを処分する際には、買取よりもオークションの方がリサイクルショップなどよりも高くなる可能性があります。

 

出品状況などをヤフオクやメルカリで一度確認してみましょう。

 

いまから出品したい方もすぐできるように、各サイトで出品方法を説明しています。

 

回収業者に引き取ってもらう

家具を専門に回収する業者の中には、マットレスを項目に加えているところがあるので、その場合は回収できます。

 

また、料金のかかる回収業者や寝具のメーカーなど、一定料金を払うことで回収してもらうことができます。

 

ニトリは一律料金制(3000円、もしくはキャンペーン無料)で、引取りを依頼することができます。

 

スプリングマットレスは、市区町村にある処理場では処分しきれないことがあるので、費用のかかる業者回収になることがあります。

 

大きいマットレスもあるので持ち込みが無理という場合には電話で取りに来てもらいましょう。

 

この時、忘れてはならないのが、サイズの確認です。

 

どのくらいの大きさまで回収してもらえるのかわからないと、大きすぎるものは回収されないことがあるからです。

 

リサイクルに出す

マットレスはリサイクル可能な製品の一つです。

 

状態が悪いとリサイクルできないこともありますが、各種団体がリサイクルを募集してマットレスの回収を呼びかけていることがあります。

 

お住まいの地域で活動している団体がないか確認してみるのが良いでしょう。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク