【雑誌の捨て方】ゴミとして処分廃棄方法や分別方法、紐の結び方、出し方などを紹介!


スポンサーリンク

 

本記事では、雑誌の捨て方様々な処分方法を紹介しています。

 

ゴミとしての分類

 

雑誌は『古紙類』や『雑がみ』など『資源ゴミ』として回収している自治体が多いです。

 

紙類は回収した後にリサイクルをします。

 

リサイクル時に水にぬれていると再生しにくいことから、回収日が雨の場合は次回に回すように促している地域があります。

 

また、水でゆすいでも落ちない汚れがついているものは『燃えるゴミ』として回収している地域もあります。

 

必ずお住まいの自治体のホームページで確認をしましょう。

 

スポンサーリンク

 

捨て方・廃棄方法

 

雑誌をゴミとしての出し方は、紙袋などの袋や箱に入れてゴミとして出すのではなく、何冊かまとめてスズランテープなどの紐で縛りましょう。

 

雑誌を紐で縛るときのまとめ方はいくつかあります。簡単な結び方や縛り方をご紹介いたします。

 

①まず1本の紐で輪っかを作ります。

 

 

②紐が交差している中央部分に雑誌を置きます。

 

 

③輪っかの部分を持ちあげ、片方の紐の端をくぐらせます。

 

 

④輪っかにくぐらせた紐と、もう片方の紐を結びます。

 

すると簡単に十文字に雑誌をまとめることができます。

 

更にこの時、まとめた雑誌の端で結んであげると摩擦が増えしっかりと固定することができます。

 

また、雑誌の付録をまとめるためについていたテープやホチキスなどを取らなければならない自治体が多いです。

 

テープやホチキスが付いたままだと再生する際に、不純物として含まれてしまうため業者の方の分別する手間がかかってしまいます。

 

スポンサーリンク

 

捨てる以外の処分方法

 

雑誌類をゴミとして処分する以外の方法をいくつかご紹介します。

 

イオンで古紙回収

イオンでは、ペットボトルや古紙、紙パックを無料で回収するサービスを行っています。

 

古紙1kg当たりWAONポイントが1ポイント付与されます。

 

1kgは女性誌1冊分、漫画雑誌1.5冊分が目安なので参考にしてください。

 

WAONカードを持っていない方も利用できるサービスです。

 

ご自身で持ち込むことになりますが、無料で雑誌を処分することができます。

 

スーパーでの無料回収

イオン以外のスーパーでもペットボトルや容器トレイ、カンやビン、古紙などの資源を回収しているところがあります。

 

回収しているスーパーは、買い物がてらに出入り口付近に回収ボックスを設置しているか直接確認したり、ホームページで確認してみましょう。

 

リサイクルショップでの買取

古い雑誌などは、骨董市場で売られるほど需要があります。

 

そのため雑誌や本類に特化したリサイクルショップなどで買取して貰うのはいかがでしょうか。

 

『ブックオフ』さんなどでは、僅かながら値段がつくことが多いです。

 

量が多くてお店に持ち込むことが困難であれば、宅配買取がオススメです。

 

『古書店三月兎之杜』さんはでは、宅配買取することができます。

 

単行本などと違い、古雑誌は増刷しないため価値があります。

 

そのため古書店三月兎之杜さんは、雑誌を重点的に買取をしています。

 

まずホームページにアクセスをし、査定をして貰いましょう。査定金額がそのまま買取金額になります。

 

不用品・廃棄物回収業者に依頼

不用品・廃棄物回収業者に依頼すると、ご自身で運搬することなく、汚れがついていても確実に引取をしてくれることが利点としてあげられます。

 

手間を掛けず無料で雑誌を処分したい方は、不用品・廃棄物回収業者に依頼されることをおすすめします。

 

不用品・廃棄物回収業者に依頼する際は、雑誌が数多い場合や車がなく持ち運びが難しい場合にしましょう。

 

不用品・廃棄物回収業者は、タウン誌や新聞紙などに掲載していることが多いです。

 

また、日頃の運転時に近所の回収業者を探してみてはいかがでしょうか。

 

雑誌でコラージュ

コラージュとは、アートの技法で雑誌や新聞紙などの切り抜きをのりで画用紙などに貼りつけていくものです。

 

簡単に作業をすることができるので、お子さんがいる家庭やアートに挑戦したい方におすすめです。

 

材料は、雑誌、ハサミ、のり、画用紙のみです。

 

①お好きな雑誌に載っている写真を切り抜きます。

 

 

②切りぬいたものをのりで画用紙に貼ります。

 

この時、テーマを決めて切りぬく写真を貼っていくと、よりまとまりのある作品になります。

 

絵の具やビーズなどを用いても出来ますので、大人も楽しく作業をすることができます。

 

更に出来あがったものを額に入れて飾ると、雰囲気のある作品に仕上がります。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク