【アイロン台の捨て方】ゴミとしての分別方法や出し方、処分・廃棄方法を紹介!


スポンサーリンク

 

本記事では、アイロン台の捨て方様々な処分方法を紹介しています。

 

ゴミとしての分類

 

アイロン台は、『粗大ゴミ』として回収している自治体が一般的です。

 

なお、燃やせないゴミに入る大きさの物であれば、『燃やせないゴミ』として回収している自治体もあります。

 

また、布の部分と金属の部分に分けられるものは、布の部分は『燃えるゴミ』で金属の部分は『金属ゴミ』と細かく指定している地域もあります。

 

必ずお住まいの自治体のホームページなどで確認をしましょう。

 

スポンサーリンク

 

捨て方・廃棄方法

 

粗大ゴミとして捨てる場合は、まずは『ゴミ処理券』を購入しましょう。

 

ゴミ処理券を購入し不要なものに貼りつけておけば、ゴミステーションで回収してくれます。

 

粗大ゴミの回収日にゴミステーションに出しましょう。

 

ゴミ処理券は、コンビニやスーパーなどの指定されたゴミ処理券取扱店で購入することができます。

 

ゴミ処理券取扱店につきましても、お住まいの自治体のホームページで確認することができます。

 

アイロン台をゴミ処理券を購入して捨てる場合の費用は、だいたい1000円が多いです。

 

燃やせないゴミとして出す場合、アイロン台の大きさが50㎝未満のものを対象にしている地域が多いです。

 

50㎝未満のものは、自治体で決められたゴミ袋に入れて決められた日時にゴミステーションに出しましょう。

 

スポンサーリンク

 

捨てる以外の処分方法

 

アイロン台が破損しているものにつきましては、ゴミとして処分することをおすすめします。

 

リサイクルショップでの買取

リサイクルショップなどで買取して貰うのはいかがでしょうか。

 

購入時の値段まではいきませんが、気持ちばかりのお値段で買取可能なことも多いです。

 

大手の『オフハウス』さんは全国チェーン店ですので、地方に住んでいる方でも買取することができます。

 

大型リユースショップの『トレジャーファクトリー』さんでは、店頭買取、出張買取、宅配買取をしています。

 

お近くにトレジャーファクトリーさんが無く遠方の方や、忙しくて店頭に行けない方でも、宅配買取を利用することができます。

 

送料は無料で、商品到着後の3日以内に査定してくれます。

 

また、地域に根差したリサイクルショップでも買取をしているので、タウン誌やインターネットで店舗を調べることをおすすめします。

 

フリマサイトでの販売

今日たくさんのフリマサイトが普及しております。

 

例えば、『メルカリ』さんや『ラクマ』さんでは、自分で値段を決めて出品することができます。

 

その中でも販売手数料が低いものや匿名配送ができるものなどを吟味しご自身に合ったものを選択します。

 

そのフリマサイトに個人情報を登録した後、出品するものを写真に撮り説明文を加えるだけで簡単に不要な物を出品出来ます。

 

メルカリさんは女性の利用者が多く、生活雑貨などは非常に人気で需要のある物です。

 

また、3~4月などの新生活を始める方が多い時期などに出品すると、アイロンやアイロン台などの物の需要がより高まりますので狙い時です。

 

その際は、アイロン台にシャツを当てはめた写真を掲載すると、より大きさが閲覧者に分かりやすくなり、早く購入者が見つかる場合が多いです。

 

アイロン台をリメイク

使用可能ですが多少のシミや汚れが付いているものにつきましては、アイロン台のカバーを作ってみてはいかがでしょうか。

 

材料は、お好きな布(綿がおすすめです)、糸、針、ゴム、ハサミのみです。

 

まず、アイロン台の幅よりも約8㎝ほど大きく布を切ります。

 

外側から4㎝の所で折り返し、針と糸で縫っていきます。

 

縫った所にゴムを通して、周囲の長さよりもゴムを短めに通したら完成です。

 

それをアイロン台に被せたら、雰囲気の違ったものに変わります。

 

このとき、アイロンの色と布の色を合わせると統一感が生まれ、更に素敵に仕上がりますのでお試しください。

 

地元の情報掲載誌での呼びかけ

無料でアイロン台を処分したい方は、地元の情報掲載誌で貰い手を探してみましょう。

 

掲載料もかからず情報を載せることができるものが多いです。

 

地元の方であれば、引き渡しにも費用はかからずアイロン台を処分することができます。

 

情報掲載誌の掲載元に連絡をして呼びかけて貰いましょう。

 

また、『ジモティー』さんのホームページを利用して同じように無料で情報を載せることもできます。

 

誌面とネットの両方に情報を載せる場合につきましては、連絡をいただいても貰い手が見つかっている場合がありますと一言添えると丁寧な対応をすることができます。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク