【印鑑の処分方法】風水的な捨て方や様々な廃棄方法(神社など)を紹介!


スポンサーリンク

 

本記事では、印鑑の処分方法を紹介しています。

 

ゴミとしての分類

 

印鑑は、何の素材によってできているかでゴミの分類の仕方が変わります。

 

プラスチック製の印鑑であれば『燃えないゴミ』として、象牙製、水牛製、木製のものは『燃えるゴミ』として分類し回収している自治体が多いです。

 

また、『木製以外は全て燃えるゴミ』としている地域もあり、地域ごとによって細かい規定が異なります。

 

必ずお住まいの自治体のホームページで確認をしてから捨てるようにしましょう。

 

因みに、印鑑ケースは『燃えるゴミ』としている自治体が一般的ですので参考にしてみてください。

 


スポンサーリンク

 

捨て方

燃えないゴミ・燃えるゴミ

印鑑を燃えるゴミ・燃えないゴミとして捨てる仕方は、自治体で決められたゴミ袋に入れて決められた日時にゴミステーションに出しましょう。

 

そのまま捨ててしまうと名字が周囲に特定されてしまい、悪用される可能性があります。

 

そのため、古紙にくるんだり、ガムテープでぐるぐる巻きにして捨てることをおすすめします。

 

リーンセンターに持ち込み

印鑑をご自身でクリーンセンターに持ち込み処分することができます。

 

クリーンセンターは街中を離れた場所に所在していますので、そこまで持ち込む手間はかかってしまいます。

 

ですが、焼却炉にそのまま印鑑を投げ捨てることができるため、他の方の目を気にすることなく処分できます。

 

更に目の前で処分することを確認することで、個人情報も漏れることなく安心感が一番高まる方法です。

 

クリーンセンターに持ち込む際は、処分費用がかかってしまいますので他の不要なものと一緒に捨てることをおすすめします。

 

処分費用は処分品の重さで決まっており、10㎏数百円~ほど掛かりますので予め念頭に入れておきましょう。

 

塩をふって処分

印鑑には自分の姓が刻まれていることで魂や思いが宿っていると言われています。

 

そのためご自身で処分される場合にプラスαとしておすすめなのが、塩をふってから処分する方法です。

 

塩には物事に込められた魂や思いなどを浄化したり清めたりする効果があると言われています。

 

そして更に塩は塩でも天然の『粗塩』を使用すると良いでしょう。

 

その理由は粗塩には、一般的な塩よりも清める効果が高まると言われています。

 

そして粗塩をふった印鑑を新聞紙や広告などの古紙に包み捨てるようにしましょう。

 

加えて忘れてはならないことは、捨てる際には必ず感謝の気持ちを込めるということです。

 

心の中で『いままでありがとうございました。』などと述べてから塩をふると印鑑に宿っていた魂が清められます。

 


スポンサーリンク

 

捨てる以外の処分方法

神社のどんどやきで処分

あまり知られておりませんが、印鑑も神社のどんどやきで供養をしつつ処分することができます。

 

どんどやきを行っている神社は全国どこにでも所在しています。

 

多くの神社では1月15日前後にどんどやきを行っています。

 

炎の力でお焚きあげをすることで印鑑に込められた魂や思いなどを浄化しています。

 

その処分費用は1000円~が相場ですのでお金を用意して持ち込むようにするようにしましょう。

 

また、予めホームページなどでお近くの神社がどんどやきを行っているかどうか調べてみましょう。

 

目の前での焼却処分ですので、この場合もプライバシーを守りつつ他の人の目を気にすることなく処分することができます。

 

不用品回収業者に依頼して処分

不用品回収業者に依頼すると、印鑑などの不用品を回収してくれます。

 

業者によってサービスは様々で、無料で引取をしてくれる場合やご自宅まで回収しに来てくれる場合があります。

 

そのため複数の業者を比較すると余り損をすることがないでしょう。

 

不用品回収業者の情報は、地元情報掲載誌や新聞紙、インターネットなどに掲載されていることが殆どですのでご覧になってみてください。

 

掘り直しをして再利用する

上質な印材で作られた印鑑は、刻印された個所を平らにならし、掘り直しをすることができます。

 

そのため、不要になったからと言って捨てるのではなく、印鑑専門店や印鑑を購入されたお店などに持ち込んで新しい姓を掘って貰いましょう。

 

上質な印材を取り扱っているお店であれば、職人さんに取り次いでくれる可能性が高いです。

 

その費用は相場で1万円ほど掛かりますので、多めに見積もりをしてから持ち込むことをおすすめします。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク