【ヘルメットの捨て方】ゴミとしての分別方法や廃棄方法、処分方法を紹介!


スポンサーリンク

 

普段から自転車やバイクを利用する方、お子さんが自転車を使っている方などヘルメットの処分に困った時はありませんか?

 

本記事では、ヘルメットのゴミとしての分類捨て方捨てる以外の処分方法を紹介しています。

 

ゴミとしての分類

 

ヘルメットは多くの自治体で『燃えるゴミ』や『家庭ゴミ』として扱われています。

 

しかし、フルフェイスタイプやオフロードタイプのものですと、『粗大ゴミ』として収集する自治体があります。

 

ハーフタイプや小中学生が利用する様なタイプのものは燃えるゴミとして分類しましょう。

 

いずれにせよ、ゴミとして処分する場合はお住まいの自治体のホームページなどで一度確認しましょう。

 


スポンサーリンク

 

ゴミとしての捨て方

 

ヘルメットの種類を確認をしたら、ハーフタイプや小中学生が利用するタイプのものは燃えるゴミ専用の袋に入れて、フルフェイスタイプやオフロードタイプのものは粗大ゴミ専用の袋に入れてゴミとして出しましょう。

 


スポンサーリンク

 

捨てる以外の処分方法

 

まだまだ使用できるヘルメットであれば、以下の様な方法で販売してみてはいかがでしょうか。

 

近年では、通勤に自転車を利用したり休みの日にはロードバイクを楽しむ方が急増しています。

 

そんな方々に大いに需要があるのではないでしょうか。

 

フリマサイトで販売

フリマサイトでヘルメットを販売されている方も多々おられます。

 

また、用途別にして専用のページがあるサイトもあるほど、ヘルメットの需要は高いです。

 

フリマサイトで販売する際は、販売手数料が低いものや匿名配送ができるものなどを吟味して選択します。

 

そのフリマサイトに個人情報を登録し、出品するものを写真に撮り説明文を加えるだけで、簡単に不要な物を出品出来ます。

 

小さなキズも正直に明記することで、売り手も買い手も快い取引ができます。

 

リサイクルショップへの持ち込み

お住まいの地域のリサイクルショップでも、ヘルメットの買い取りをしている店舗があります。

 

その場合も、キズや故障している場合は正直に伝えましょう。

 

低価格の買い取り又は、回収して貰える可能性があります。

 

また、自転車とセットですとより高価に買い取りをしてくれますね。

 

ヘルメットをリメイク

ヘルメットのサイズはぴったりで、使い勝手も良い。しかしデザインがいまいち…という方は、ヘルメットをリメイクしてみてはいかがでしょうか。

 

リメイクに必要な材料は少なく、カラースプレー、耐水性サンドペーパー、マスキングテープ、お好みでステッカーのみです。

 

まずは、ヘルメットを耐水性サンドペーパーで研磨します。

 

時間はかかりますが、ヘルメットのコーティング剤が削れた後に、その下にデザインされた絵やステッカーなどが削れていきます。

 

その後、ヘルメットに使用されている金具の部分や、クッション材の部分にマスキングテープを貼り、カラースプレーが付着することを防いでいきます。

 

その工程を経て、お好きなカラースプレーで色を付けていきます。

 

数時間放置し乾いた所で、お好きなステッカーを張ったり、更にマスキングテープで模様を作りカラースプレーをすればオリジナルのデザインになりますね。

 

最後にコーティング剤を掛ければ、より美しい仕上がりになります。この様にヘルメットをリメイクする方もおられます。

 

災害用に保管

今日いつ自然災害に巻き込まれるか分からないご時世になってきました。

 

緊急時の食糧を蓄えていたりする方も多いですが、身の安全を守るグッズを家に保管している方はまだまだ少ないのではないでしょうか。

 

そんな時に、頭を守るためにヘルメットを保管しておくのも防災に繋がります。

 

ヘルメットがあると嵩張りますが、ヘルメットどうしを重ねて保管しておけばいざという時に命を守れます。

 

日頃から防災についても意識しましょう。

 

以上、ヘルメットのゴミとしての分類や捨て方、捨てる以外の処分方法をご紹介いたしました。

 

ヘルメットはどの世代にも需要があるものですから、まだまだ使用可能な物についてはフリマサイトでの販売やリサイクルショップでの買い取りをおすすめいたします。

 

また時間がある場合には、ヘルメットのリメイクをお子さんと一緒に行ったりするのも楽しいひとときを過ごせますね。

 

ぜひご紹介いたしました方法をお試しください。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク