【ハードディスクの捨て方】ゴミとしての分別方法や出し方、処分・廃棄方法を紹介!


スポンサーリンク

 

本記事では、ハードディスクの捨て方様々な処分方法を紹介しています。

 

ゴミとしての分類

 

USBメモリーや外付けハードディスクなどのハードディスクは、『使用済小型家電』として分別し回収している自治体が一般的です。

 

ゴミステーションに出すのではなく、使用済小型家電ボックスに持ち込む必要があります。

 

または、ご自身でお住まいの自治体のクリーンセンターに持ち込んで処分をしましょう。

 

ゴミとして出す前に、必ずお住まいの自治体のホームページで確認をしましょう。

 


スポンサーリンク

 

捨て方・廃棄方法

 

ハードディスクを無料で処分するには、小型家電ボックスに持ち込む必要があります。

 

また、費用は掛かってしまいますがお住まいの自治体のクリーンセンターに持ち込んで処分することもできます。

 

小型家電ボックスに入らない大きさのハードディスクは、後者の方法で処分しましょう。

 

ハードディスクを処分する前に、ハードディスク内のデータを消去することをおすすめします。

 

電動ドリルなどで物理的に破壊することもできますが、使用済小型家電はリサイクルの対象になっており、破壊すると再利用できなくなります。

 

ハードディスクのデータを消去する方法を2つご紹介します。

 

専用ソフトを使用する

データを消去する専用のソフトが、家電量販店やインターネット上で販売されています。

 

そのソフトをパソコンに設置し、フォーマットをもとに進めるとデータを消去することができます。

 

インターネット上の格安の専用ソフトであれば、1080円~購入することができます。

 

ソフマップさんのサービスを利用

家電量販店のソフマップさんでは、ハードディスクのデータを消去するサービスを行っています。

 

1つにつき980円~利用することができます。

 

店頭に持ち込んで目前で確実にデータを消去してくれるので、安全かつ安心して依頼することができます。

 

また、ヤマダ電機、ビックカメラ、ヨドバシカメラでも同様のサービスを行っているので持ち込む前にホームページやお電話で確認しましょう。

 


スポンサーリンク

 

捨てる以外の処分方法

各パソコンメーカーにて回収

『資源有効促進法』という法律が施行されてから、不要になった機器をメーカーが回収し資源にリサイクルまで責任をもって行うことが決められています。

 

回収方法も、郵便局のゆうパックを利用するので、全国各地から安心して利用することができます。

 

パソコンごと処分されたい方はメーカーに依頼してみましょう。

 

内蔵しているハードデスクの情報も消去してくれますので、個人情報の漏えいも防ぐことができ、安心して手続きができます。

 

ホームページなどでパソコンメーカーに問い合わせをして回収する手続きを取りましょう。

 

パソコン廃棄.comさんで回収

東京都にある『パソコン廃棄.com』さんでは、不要になったパソコンやタブレットなどを回収してくださります。

 

パソコンなどに内蔵されているハードディスクも、外付けのハードディスクも処分可能の対象になります。

 

また、無料でそれらのデータを処分してくれるサービスを行っているので、安心して依頼することができます。

 

それらを持ち込んでも可、郵送しても可であるためメーカーや家電量販店を調べる手間が省けます。

 

パソコン廃棄.comさんを利用する流れは下記の通りです。

 

①ホームページから集荷依頼をする。

 

 

②処分したいものを梱包する。

 

 

③パソコン廃棄.comさんへ郵送する。

 

郵送料は無料ですが、梱包に関わる段ボール代などは自己負担です。

 

紙袋でも郵送可なので手軽に利用できますね。

 

リサイクルショップでの買取

お住まいの地域のリサイクルショップでも、大手の『オフハウス』さんなど外付けハードディスクの買い取りをしている店舗があります。

 

ご自身で専用のデータ消去ソフトを利用してから持ち込みましょう。

 

専用のソフトを利用して消去しても、データを復元できる方も世の中には多くおられます。

 

個人情報の漏えいなどを心配される方にはおすすめできません。

 

未使用のハードディクを所有されていたり、個人情報を記録されていない方などには、リサイクルショップの利用をおすすめします。

 

不用品回収業者に依頼

車がなく店舗に持ち込むことができない方は、不用品回収業者を利用してみてはいかがでしょうか。

 

不用品回収業者に依頼すると、運搬する必要がなく確実に引取してくれるので便利です。

 

手間を掛けず無料でハードディスクを処分したい方は、不用品回収業者に依頼されることをおすすめします。

 

不用品回収業者は、タウン誌や新聞紙、インターネットなどに情報が掲載されていることが多いので確認してみましょう。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク