【ハンガーの捨て方】ゴミとしての処分方法を紹介!


スポンサーリンク

 

本記事では、ハンガーのゴミとしての捨て方捨てる以外の処分方法を紹介しています。

 

ハンガーのゴミとしての分類

プラスチック

プラスチック製のハンガーは地域によって様々な分類になります。

 

プラスチックは不燃ごみという地域は不燃ごみの日に決まった方法で処分します。

 

少量であれば燃えるゴミに分類する地域もあります。

 

また、まとまった量を一度に処分する場合は資源ごみになる地域もあります。

 

各自治体で処分方法は大きく変わってきます。

 

お住まいの地域がどの方法で処分するかわからない場合は、管轄の役場に電話で問い合わせするかホームページで確認することが出来ます。

 

針金(金属製)

金属製針金で作られているハンガーは不燃ごみになります。

 

不燃ごみの日に指定の方法でごみに出しましょう。

 

木製

全体が木製のハンガーは燃えるゴミになります。

 

ひっかける部分やその他装飾品が金属の場合は分解する必要があります。

 

間違ってもそのまま燃えるゴミに出さないようにきちんと分別しましょう。

 


スポンサーリンク

 

ゴミとしての廃棄方法

燃えるゴミ

通常の燃えるゴミ(紙くずなど)と一緒に袋に入れてごみ収集当日にゴミ捨て場に持っていきます。

 

指定の袋がある地域は必ず指定の袋を使用します。

 

お住まいの地域によってはハンガー回収ボックスを設置している地域もあります。

 

その際は、ごみ袋に入れず指定の回収ボックスへ入れるようにしてください。

 

燃えないゴミ

金属製やプラスチックが燃えないゴミに分類される地域は燃えないゴミ収集当日に袋に入れてゴミ捨て場に出します。

 

本体は木製、ひっかける部分など付属品が金属の場合はしっかりと分別します。

 

極力分別しますが、なかなか取り外せない形状のハンガーもあります。

 

自分で判断せず管轄地域の分別方法に従いましょう。

 

もし分からない場合は役場のホームページや担当課に電話連絡すると丁寧に教えてもらえます。

 

金属製や割れたプラスチックなどは袋を突き破ってしまう可能性があり危険です。

 

袋の中でバラバラにならないように輪ゴムでひとまとめにするなど工夫すると安全です。

 

資源ごみ

資源ごみで出す場合は極端に汚れているものなどを避けてゴミに出します。

 

資源ごみはリサイクルすることを目的としているので、汚れが目立っているものはリサイクルできない可能性があります。

 

こちらも輪ゴムでひとまとめにするなどの工夫をするとゴミ収集担当の方も楽になります。

 


スポンサーリンク

 

捨てる以外の処分方法

クリーニング店に引き取ってもらう

クリーニングから戻ってきた際についてくる黒いプラスチックのハンガーや針金ハンガーはクリーニング店で引き取ってもらうことができます。

 

溜まってしまったハンガーを袋などに入れていつも利用しているクリーニング店などに持ち込みましょう。

 

クリーニング店によっては、ハンガーリサイクル料として1本1円などで買い取ってくれるところもあります。

 

また、引き取りを実施していないクリーニング店もありますので事前に電話するなどして確認してから持ち込みましょう。

 

国際社会支援推進会に寄付する

発展途上国や世界各国では様々なものを必要としています。

 

特に貧困層の多い地域や障害者支援団体などには定期的に集まったものを寄付する活動が強化されています。

 

ハンガーも寄付を待っている人たちがいます。

 

捨てるにはもったいないと感じている人は是非寄付をしてみてください。

 

◆国際社会支援推進会ワールドギフトHP→http://world–gift.com/◎

 

メールフォームで荷物の集荷依頼

 

注意事項・確認メールに返信し、荷物を準備

 

希望日・時間帯に宅配業者が集荷に伺います

 

梱包にはなるべく段ボール(使用済みで可)をご利用下さい。

 

使用済み段ボール・新聞紙は古紙再生企業に販売リサイクルされ、収益は自然保護団体へ寄付いたします。

 

引用:国際社会支援推進会ワールドギフトHP

 

フリマアプリやオークションに出品する

不要になったハンガーはフリマアプリやオークションでも取引されています。

 

30本から50本を1,000円程度で取引されています。

 

送料や手数料を差し引くとあまり利益は得られませんが、捨てることを考えるとちょっとしたお小遣い稼ぎにもなります。

 

捨てずに再利用する

針金ハンガーなどは両端を上向きに曲げると靴用のハンガーとして生まれ変わります。

 

中々乾かない靴もハンガーを使用することで通気性が良くなり乾きやすくなります。

 

マスキングテープやデコレーションをすることで、タオルかけハンガーや台所のキッチンペーパーホルダーとしても活用できます。

 

様々な方法でハンガーを再利用してみましょう。

 

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク