【砂利の捨て方】ゴミとして分別方法や処分費用、廃棄方法などを紹介!


スポンサーリンク

 

本記事では、砂利の捨て方様々な処分方法を紹介しています。

 

ゴミとしての分類

 

砂利などの石類は、水槽に使用する砂利やホームセンターで購入し庭で楽しむほどのものであれば『燃えないゴミ』として分別し回収している自治体があります。

 

また市町村の自治体で回収できないゴミとして指定されている地域もあります。

 

更に費用は掛かってしまいますが『粗大ゴミ』として回収している自治体があり、その分別の方法は自治体によって様々です。

 

必ずお住まいの自治体のホームページで確認をしましょう。

 

スポンサーリンク

 

捨て方・廃棄方法

燃えないゴミとしての出し方

砂利を燃えないゴミとして出す場合には、自治体で決められたゴミ袋に入れて決められた日時にゴミステーションに出しましょう。

 

その場合につきましては、1回の量が多くなりすぎないように、小出しに出すこととされている地域がございます。

 

回収業者が効率よくゴミを回収するためです。

 

粗大ゴミとしての出し方

粗大ゴミとしての捨てる方法は、処分費用が掛かってしまいますが『ゴミ処理券』を購入しましょう。

 

ゴミ処理券を購入し砂利を透明な袋に入れます。

 

その袋に貼りつけておけば、ゴミステーションで砂利を回収してくれます。

 

粗大ゴミの回収日にゴミステーションに出しましょう。

 

ゴミ処理券取扱店はスーパーやコンビニが多いです。

 

その取扱店でゴミ処理券を購入することができます。

 

ゴミ処理券取扱店につきましても、お住まいの自治体のホームページで確認することができます。

 

砂利をゴミ処理券を購入して捨てる場合の費用は量によりますが300円~が多いです。

 

クリーンセンターに持ち込んで処分

ガーデニングなど庭づくりで砂利を使用し大量に処分されたい方は、ご自身でクリーンセンターなどの処理場に持ち込むことをおすすめします。

 

クリーンセンターによっては軽トラックの貸出を行っている場合があります。

 

その場合は、半日につきレンタル費が派生したり、燃料は自己負担という場合が多いです。

 

車のレンタルをご希望の方は、クリーンセンターのホームページで確認をしてみましょう。

 

また、レンタカーを取り扱っているオリックスレンタカーさんやガソリンスタンドなどでは、安くて3000円~軽トラックをレンタルしています。

 

スポンサーリンク

 

捨てる以外の処分方法

一般廃棄物収集運搬業者に依頼

市町村の自治体で砂利を回収していない地域が多くあります。その場合は、一般廃棄物収集運搬業者に回収を依頼してみましょう。砂利などの石類、ドア、たたみ、灯油などの液体類などを回収してくれます。市町村の自治体のホームページで、一般廃棄物を受け入れている業者を紹介してくれるサービスをて提供している地域もあります。インターネットや自治体のホームページで確認をしてみましょう。

 

砂利を鉢底石に

砂利は鉢底石として利用することもできます。

 

鉢底石をわざわざ購入しなくても、不要な砂利を再利用しましょう。

 

水はけがよく、植物の根腐りを防ぐことができます。

 

鉢底石として使用するには、キッチンの排水溝ネットを利用することがポイントです。

 

排水溝ネットに砂利を入れて、その上から土を被せるだけで鉢替えの際に土と砂利を簡単に分別することができます。

 

ガーデニングを楽しまれる方はぜひお試しください。

 

石材店や造園店に回収依頼

石材店や造園店では、不要になった砂利を有料で回収している場合もございます。

 

また、造園を依頼する場合には、無料で回収といったケースもございます。

 

お近くの石材店や造園店に問い合わせをしてみましょう。

 

石材店や造園店は、地元の情報掲載誌や新聞紙に載っています。

 

地元情報掲載誌での呼びかけ

無料で砂利を処分したい方は、地元情報掲載誌を利用することをおすすめします。

 

地元の方を中心に情報を発信することができ、掲載料も無料なことが多いです。

 

地元近辺の方であれば、引き渡しにも費用はかからず砂利を処分することができます。

 

情報掲載誌を利用する際は、掲載元に問い合わせをして記載内容を伝えましょう。

 

また、『ジモティー』さんでは地元の情報掲載に特化しており、地元掲載誌と同じように無料でインターネット上に情報を載せることもできます。

 

誌面とネットの両方に情報を載せる場合は、連絡があっても貰い手が見つかっている場合があることや持ち込む際に車が必要であることを注意書きすると丁寧で快いお取引をすることができます。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク