【姿見の捨て方】様々な処分方法やゴミ(割れた状態)の分別・廃棄方法を紹介!


スポンサーリンク

 

本記事では、姿見の様々な処分方法を紹介しています。

 

ゴミとしての分類

 

姿見は『粗大ゴミ』として分類し回収している自治体が一般的です。

 

捨てる前に、必ずお住まいの自治体のホームページで確認しましょう。

 


スポンサーリンク

 

捨て方

粗大ゴミ

姿見は粗大ゴミとして処分することができます。

 

粗大ゴミとしての処分方法は、処分料が掛かってしまいますが『ゴミ処理券』を購入しましょう。

 

ゴミ処理券を姿見に貼りつけておけば、ゴミステーションで回収してくれます。

 

そして粗大ゴミの回収日にゴミステーションに出します。

 

折り曲げ式の脚が付いている場合は、スズランテープで本体と固定し動かないようにしましょう。

 

ゴミ処理券は郵便局や金融機関、コンビニやスーパーなど、指定されたゴミ処理券取扱店で購入することができます。

 

ゴミ処理券取扱店につきましては、お住まいの自治体のホームページで確認することができます。

 

姿見を粗大ゴミとして処分する料金は、1体につき800円~ほどおおよそで掛かります。

 

クリーンセンターに持ち込み

姿見はクリーンセンターに持ち込み処分することもできます。

 

クリーンセンターでは、処分品の重さで料金が決まっており10㎏数百円~が相場で掛かります。

 

姿見を積めるほどの大きさの車を所有していなくても、クリーンセンターによっては軽トラックの貸出を行っている所があります。

 

貸出を希望される方はクリーンセンターに電話で問い合わせをするか、ホームページで貸出の有無を確認しましょう。

 

また貸出可能な場合は、レンタル費用がかからなくてもガソリン代を自己負担としている場合もあります。

 

鏡の破片は『燃えないゴミ』

横転などで破損してしまった姿見の鏡の部分は、『燃えないゴミ』として分類し回収しています。

 

自治体で決められた袋に入れて決められた日時にゴミステーションに出しましょう。

 

破片は怪我の基になりますので、厚紙でくるみ袋に入れるようにします。

 

更にゴミ袋の表面に『割れた鏡』と表記するように指定している自治体もありますのでご注意ください。

 


スポンサーリンク

 

捨てる以外の処分方法

リサイクルショップで買取依頼

不要な姿見はリサイクルショップで買取してもらいましょう。

 

生活雑貨は新生活が始まる季節に大変需要があります。

 

ご自身で持ち込めなくても、出張買取を利用してリサイクルショップなどで買取して貰うことができます。

 

購入時の値段まではいきませんが、気持ちばかりのお値段で買取可能なことが多いです。

 

◆オフハウス

大手の『オフハウス』さんは、姿見などの生活家具の買取実績が豊富です。

 

また全国チェーン店ですので、地方に住んでいる方でも買取することができます。

 

店舗によっては出張買取をしていない場合がありますので、ホームページでサービスの有無を確認しましょう。

 

◆CHERRIESMARKET

東京にお店を構える『CHERRIESMARKET』では、店頭買取はもちろん、関東圏内であれば無料で出張買取をしてくれます。

 

更に宅配買取は全国対応をしています。

 

宅配買取をお考えの方は、まずはホームページから無料査定を依頼しましょう。

 

その後、買取可能であれば姿見をご自身で郵送する流れとなります。

 

また、地域に根差したその他のリサイクルショップでも出張買取をしています。

 

タウン誌やインターネットで店舗を調べてみましょう。

 

不用品回収業者に依頼

不用品回収業者に依頼すると、自宅まで来てくれ壊れていてもそうでなくても姿見を回収してくれることがメリットとして挙げられます。

 

また、業者によっては無料で引取をしてくれる場合があるので、複数の業者を比較するようにしましょう。

 

不用品回収業者は、地元情報掲載誌や新聞紙、インターネットなどに情報が掲載されていることが多いのでご覧になってみてください。

 

引越業者

引っ越しを機に姿見などの家具を処分される方は、引越業者さんでの不用品回収サービスを利用すると手間がかからず処分をすることができます。

 

無料または有料で家具を回収してくれる業者が多いです。

 

『サカイ引越センター』では不用品の買取サービスをしており、『日通』では追加料金で粗大ゴミ回収を、『ハート引っ越しセンター』では無料で不用品の回収サービスをしています。

 

引越で不要なものが多く出る場合には、その様なサービスの有無を引越業者を選ぶときの条件に入れるとよいでしょう。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク