【フライパンの捨て方】ゴミとしての分別方法や処分方法を紹介!


スポンサーリンク

 

本記事では、フライパンのゴミとしての分類捨て方様々な処分方法を紹介しています。

 

ゴミとしての分類

燃えないゴミ

フライパンを捨てたいときは、基本的に燃えないゴミに指定されています。

 

フライパンの素材が耐火素材でできていたり金属で製造されているなどが主な理由です。

 

不燃ごみとして出す以外にも、資源ごみ回収(リサイクルステーションなど)が開催される地域もあり、その機会を利用して回収してもらうこともできます。

 

粗大ゴミ

フライパンは一般家庭のものであればほとんどが不燃ごみに該当します。

 

しかし、中には指定の不燃ごみの袋に入りきらないフライパンも存在します。

 

30~50cm以上になるなど、大きさ制限に引っかかったフライパンは、粗大ゴミとして処分します。

 

粗大ゴミになるケースでは、専用のシールを先に購入しておきます。

 

フライパンの場合は、料金表の指定項目に名前がリストされていないこともあるので、そのときは役所へ確認しましょう。

 


スポンサーリンク

 

廃棄方法

捨てる前に洗っておく

フライパンを捨てる際は、調理時の汚れなどが付着していることがあります。

 

そのままゴミステーションに出すと、臭いの原因や動物に荒される可能性があるので、事前に汚れを落としてから捨てるのがマナーです。

 

燃えないゴミ

フライパンを燃えないゴミで出すときは、以下の順序で指定のゴミ袋に入れて捨てます。

 

◆必要なもの

・フライパン

 

・新聞紙

 

◆手順

①洗った後、水分をよく切ります。

 

 

②破片がある場合や断面が鋭いものは新聞紙で包みます。

 

 

③指定のゴミ袋に入れて、ごみ収集所に捨てます。

 

無理に袋に詰め込まず、ゴミ袋でカバーをかけるように全体を包むと上手く入ります。

 

粗大ゴミ

基本は粗大ゴミと同じ廃棄手順を踏みます。

 

◆必要なもの

・フライパン

 

・粗大ゴミシール、または粗大ゴミ処理券(費用・手数料購入券)

 

◆手順

①粗大ゴミの回収をお住まいの市区町村の粗大ゴミ受付担当に連絡します。

 

 

②粗大ゴミのシール(処理券)を購入します。

 

 

③指定した日時と場所に粗大ゴミのフライパンを出して回収してもらいます。

 

ゴミを回収ステーションに直接持ち込む場合も、③が「持ち込む」に変わるだけです。

 

注意点としては、フライパンを捨てるときに粗大ゴミシールを自分の住んでいる地区内で購入したものを使用することです。

 

まれに、対応しない他の地区のシールや処理券を出先で購入して回収時に使えないことがあるからです。

 

加えて、粗大ゴミの置き場所は周囲の迷惑にならないところにする必要があります。

 

人や車の出入りの激しい場所には置かないようにします。

 

その際は、ゴミの置く時間をできる限り回収の直前にするとよいででしょう。

 


スポンサーリンク

 

捨てる以外の処分方法

メルカリ・ヤフオクで売る(新品・未使用の場合)

新品・未使用のフライパンはオークションにおいて、人気のある商品の状態です。

 

特にフライパンなど、口にするものを作る器具であるため、使用済みよりも好まれます。

 

出品した後、売り手が見つかれば、連絡を取り合い、入金確認と発送で取引を行うことができます。

 

出品には事前に身分や住居の確認が必要になります。まだ出品したことがない場合は手続きが必要になるでしょう。

 

また、オークションに出す際の注意点としては、フライパンの保管状態や種類(加工・機能など)によっては、オークションの買い手が見つからないことも少なからずあります。

 

特に傷や汚れは、出品額が高すぎると入札が入らないこともあるので気をつけたいところです。

 

業者に依頼する

フライパンを業者にゴミとして回収の依頼を出す場合は、お住まいの地域にある業者をWEBなどで探して連絡します。

 

最近では、電話だけでなくネット上で手続きできる業者も増えていますから、入力フォームからの初期手続きで申し込み可能なところがあります。

 

フライパンの回収ができるかどうか、料金がどの程度かかるのかを聞いて確かめたら、業者を呼んで回収してもらいます。

 

寄付する

フライパンなどを含めた調理器具は、再利用のために寄付することが可能です。

 

特にフライパンはリユースのしやすさがあげられます。

 

海外で多くの人が支援物資を必要とする中で、古い・新しいにかかわらず、寄付を募集しています。

 

一例として、メールで荷物の集荷を依頼し、宅配回収した後、再利用のため支援物資として提供されます。

 

・料金は2000~3000円前後

 

物資輸送や再利用のための費用が送料としてかかるように設定されています。

 

そのため、送るだけで海外支援のための寄付ができるようになっているシステムです。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク