【FRPの処分・廃棄方法】ゴミとしての捨て方を紹介!



 

本記事では、FRPの様々な処分方法を紹介しています。

 

ゴミとしての分類

 

FRP(繊維強化プラスチック)をゴミとして処分す場合には、『燃えないゴミ』または『粗大ゴミ』として分類し回収している自治体があります。

 

回収対象外のゴミとして指定している自治体もあるので、捨てる前にお住まいの自治体のホームページで確認をしましょう。

 

 

捨て方

燃えないゴミ

船の部品や自動車のバンパーなどのFRP製品を燃えないゴミとして処分するには、自治体で決められた袋に入れて、決められた日時にゴミステーションに出しましょう。

 

注意点として、指定のゴミ袋からはみ出でしまう場合は粗大ゴミとして捨てるよう促している地域もあるということです。

 

必ずルールやマナーを守って捨てるよう心掛けましょう。

 

ご自身でバンパーカッターなどの丈夫なカッターでゴミ袋に入る大きさに切ってから捨てるようにするのもよいでしょう。

 

粗大ゴミ

船の部品や自動車のバンパーなどのFRP製品を粗大ゴミとして処分する方法は、処分費用が掛かってしまいますが『ゴミ処理券』を購入しましょう。

 

ゴミ処理券をFRP製品に貼りつけておけば、ゴミステーションで回収してくれます。

 

この場合はゴミ袋に入る大きさに切る必要はなく、粗大ゴミの回収日にゴミステーションに出しましょう。

 

郵便局や金融機関、コンビニやスーパーなどの指定されたゴミ処理券取扱店でゴミ処理券を買うことができます。

 

ゴミ処理券取扱店につきましては、お住まいの自治体のホームページで確認することをおすすめします。

 

FRP製品をゴミ処理券を購入して処分する費用は、大きさによりますが300円~が一般的です。

 

クリーンセンターへ持ち込み

船の部品や自動車のバンパーなどのFRP製品をご自身でクリーンセンターに持ち込み処分することができます。

 

処分品の大きさが大きかったり大量に処分を考えている方は、クリーンセンターによって軽トラックの貸出を行っている所があるので利用しましょう。

 

ご希望の方はクリーンセンターに問い合わせをするか、ホームページで貸出の有無を確認することをおすすめします。

 

この際は、レンタル料の他に燃料代も掛かる場合があるので、覚悟しておきましょう。

 

また、クリーンセンターでの処分費用は処分品の重さで決まっており、10㎏数百円~が相場です。