【植木鉢の処分方法】ごみとしての分別方法や捨て方、廃棄方法を紹介!


スポンサーリンク

 

本記事では、植木鉢のゴミとしての分別方法捨て方様々な処分方法を紹介しています。

 

ゴミとしての分類

 

植木鉢をゴミとして捨てる場合、その素材によって分類の仕方が異なります。

 

テラコッタ鉢などの瀬戸物や素焼きのものは、『燃えないゴミ』、木製やプラスチックのものは『燃えるゴミ』として分類する自治体が多いです。

 

使用済みの土につきましては、『燃やせないゴミ』で回収自治体もあれば回収していない地域もあります。

 

必ずお住まいの自治体のホームページで確認をしましょう。

 


スポンサーリンク

 

捨て方

 

植木鉢の捨て方は、なるべく土を落とした状態で自治体で決められたゴミ袋に入れてゴミステーションに出しましょう。

 

袋に入らいないほどの大きい植木鉢は、クリーンセンターにご自身で持ち込みましょう。

 

クリーンセンターが遠い、車がないなど何らかの理由で持ち込むことができない場合は粗大ゴミとして、ゴミ処理券を購入して出すこともできます。

 

ゴミ処理券を購入し不要なものに貼りつけておけば、ゴミステーションでも回収してくれます。

 

ゴミ処理券は、コンビニやスーパーなどの指定されたゴミ処理券取扱店で購入することができます。

 

ゴミ処理券取扱店につきましても、お住まいの自治体のホームページで確認することができます。

 

植木鉢をゴミ処理券を購入して捨てる場合の費用は、だいだい500円~1000円が多いです。

 

使用済みの土につきましては、燃やせないゴミの袋に入れて捨てましょう。

 

公園やご近所に捨ててしまうと不法投棄になりかねませんので、ご注意ください。

 

また、園芸屋さんやホームセンターなどでは、不要な土を回収してくれるサービスを提供しているところがございます。

 

お近くの園芸屋さんやホームセンターに確認してみましょう。

 


スポンサーリンク

 

捨てる以外の処分方法

 

まだまだ使用できる植木鉢をリサイクルしたり、リメイクをすることができます。

 

その方法をいくつかご紹介いたします。

 

リサイクルショップでの買取

リサイクルショップなどで買取して貰うのはいかがでしょうか。

 

購入時の値段まではいきませんが、気持ちばかりのお値段で買取可能なことも多いです。

 

大手の『オフハウス』さんは全国チェーン店ですので、地方に住んでいる方でも買取することができます。

 

また出張買取も行っているので、ご自宅でお子さんの面倒をみられている方でもサービスを利用することができます。

 

小道具・骨董品買取専門の『くるっとリサイクル』さんでは、全国どこでも出張買取をしてくれます。

 

益子焼や有田焼、九谷焼の有名な焼き物であれば高値が付く可能性があります。

 

ホームページから24時間無料査定を受け付けていますのでおすすめいたします。

 

フリマサイトでの販売

今日たくさんのフリマサイトが普及しております。

 

例えば、『メルカリ』さんや『ラクマ』さんでは、自分で値段を決めて出品することができます。

 

早く処分をしたいと言う方は、オークションよりもフリマサイトでの販売がおすすめです。

 

その中でも販売手数料が低いものや匿名配送ができるものなどを吟味しご自身に合ったものを選択します。

 

そのフリマサイトに個人情報を登録した後、出品するものを写真に撮り説明文を加えるだけで簡単に不要な物を出品出来ます。

 

自分の納得のいくお値段と条件でお取引をすることができます。

 

老若男女問わず幅広い年齢層の方が利用していますので、出品してみてはいかがでしょうか。

 

地元の情報掲載誌での呼びかけ

無料で植木鉢を処分したい方は、地元の情報掲載誌で貰い手を探してみましょう。

 

掲載料もかからず情報を載せることができるものが多いです。

 

地元の方であれば、引き渡しにも費用はかからずに植木鉢を処分することができます。

 

情報掲載誌の掲載元に連絡をして呼びかけて貰いましょう。

 

また、『ジモティー』さんのホームページを利用して同じように無料で情報を載せることもできます。

 

誌面とネットの両方に情報を載せる場合につきましては、連絡をいただいても貰い手が見つかっている場合がありますと一言添えると丁寧な対応をすることができます。

 

植木鉢をリメイク

植木鉢をリメイクして再利用されている方が増えています。

 

例えば、プラスチックのシンプルな植木鉢でも表面にホットボンドなどで麻の紐をぐるっと巻くだけで、ナチュラルな雰囲気の植木鉢に早変わりします。

 

テラコッタ鉢には、全体的にカラースプレーで色をつけます。

 

その上から、筆記体やブロック体でお好きな英単語や数字を書くだけで、おしゃれな植木鉢になります。

 

ワイヤーを巻きつければ、その植木鉢を吊るすこともできますのでお試しください。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク