【ダンベルの捨て方】処分方法や廃棄方法を紹介!


スポンサーリンク

 

「使用しなくなったダンベルを処分したいけど捨て方がわからない…」ということはありませんか?

 

分別表示のラベルが付いていればよいのですが、表示がない場合もあります。

 

本記事では、ダンベルのゴミとしての分類廃棄方法捨てる以外の処分方法を紹介しています。

 

ダンベルは何ゴミ?

 

鉄などの金属で作られているダンベルは、主に不燃ゴミに該当します。

 

ただし、サイズによっては粗大ゴミとなり、不燃ごみとしては回収ができない場合もあります。

 

粗大ごみ扱いとなるサイズは地域によって様々なので、お住まいの市役所のホームページで確認するか、問い合わせてみるのがよいでしょう。

 


スポンサーリンク

 

廃棄方法

基本的な捨て方

ダンベルの捨て方は、お住まいの地域によってルールが異なります。

 

役所のホームページで確認するか、お問い合わせフォームや電話で質問してみることをオススメします。

 

また、配布されるゴミカレンダーも参考になるかもしれません。

 

横浜市では燃えないゴミの袋には入れず、そのまま並べて置くことが正しい捨て方になります。

 

名古屋市や福岡市では、指定の不燃ゴミ専用袋が用意されており、それに入れて捨てることになります。

 

専用の袋があったり、そのまま置いておくだけでいいなど、地域によって様々です。

 

分類が粗大ゴミの場合

粗大ゴミとして捨てる場合は、お住まいの地域の粗大ごみ収集受付担当に連絡・申請が必要となります。

 

受付の曜日は様々ですが、平日の17時までは受付を行っていることが多いです。

 

受け付けの際は、処分にかかる手数料を確認しておくとよいでしょう。

 

他に気になることがあれば、受付のタイミングで聞いておきましょう。

 

捨てる以外の処分方法

 

ゴミとして捨てるのが面倒な方や、少しでもお金に換えたいと思われる方は、以下の処分方法も検討してみてください。

 

売る

メルカリヤフオクで売ったり、リサイクルショップ買い取ってもらう選択肢もあります。

 

ダンベルは重さがあるため、送料が高くなってしまう可能性が高いです

 

ですので、地元での受取限定で募集をしてみるのも良いでしょう。

 

傷やサビなどの劣化がある部分は、必ずその写真も添付し、後々トラブルのないように注意しましょう。

 

リサイクルショップで買い取ってもらいたい場合は、事前にダンベルの買い取りを行っているかどうか確認しておきましょう。

 

ダンベルの買取をできない店舗もあるので、持って行ったのにまた持ち帰るということにならないよう注意しましょう。

 

 

出張買取対応のリサイクルショップもあるので、「ダンベルの買い取りが可能かどうか」「出張買取は可能なのか」を一緒に聞いておくのがよいでしょう。

 

「お住まいの地域名 出張買取」で検索してみると、出張買取を行っているショップが見つかるかもしれません。

 

業者

ダンベルは金属が使われているので、貴重な資源として扱われます。

 

そのため、業者が無料で引き取ってくれるケースも少なくありません。

 

例えば「鉄くず買取.COM」(株)渡部商会では、鉄の訪問回収を行っています。

 

鉄くず買取.COM

 

東京都にお住まいの方は、こちらに持ち込むのも1つの処分方法です。

 

まずは、「お住まいの地域 鉄 回収」などで検索してみましょう!

 

有料の粗大ゴミ回収よりも、無料回収を行っている業者へ依頼するほうがお得な場合もあります。

 


スポンサーリンク

 

まとめ

 

◆ダンベルは不燃ごみに分類されることが多い

 

◆サイズによっては粗大ごみ扱いになる

 

◆分類やゴミとしての捨て方は地域によって様々

 

◆ゴミとして捨てる場合は、役所のホームページを見たり、問い合わせて確認する

 

◆メルカリやヤフオク、リサイクルショップで売れる可能性あり

 

◆金属を回収してくれる業者を使用するのもあり

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク