【ドライヤーの捨て方】ゴミとしての分別方法や出し方、処分方法を紹介!


スポンサーリンク

 

本記事では、ドライヤーのゴミとしての分類捨て方捨てる以外の処分方法を紹介しています。

 

ドライヤーのゴミとしての分類

 

ドライヤーは金属やプラスチックでできているので不燃ごみとして処分する方法が一般的です。

 

通常の不燃ごみとして出せない地域もあるようです。

 

また、ドライヤーの大きさによっては粗大ごみ分類される場合もありますので注意が必要です。

 

お住まいの地域が不燃ごみとして扱っているかきちんと確認してから捨てるようにしましょう。

 

管轄の役所のホームページや役所へ直接電話をかけると丁寧に教えてもらえます。

 


スポンサーリンク

 

捨て方

分別方法

大きさを確認しましょう。家庭で使用する一般的なドライヤーは小型家電になります。

 

送風口が長いものや美容院で使用しているような大きいドライヤーは粗大ごみに分類される可能性があります。

 

自治体の決まりに従って分別しましょう。

 

自治体のゴミの捨て方は、管轄の役所のホームページに載っています。

 

ホームページが確認できない時は、直接役所へ連絡しても教えてくれます。

 

ゴミとしての出し方

ドライヤーをゴミとして出す場合は、定められた袋にきちんと入れてゴミ収集当日に収集場所へ持って行きます。

 

特に定められた決まりが無い場合は袋に入れるだけで大丈夫です。

 

お住まいの地域によっては、コンセントの部分を新聞紙で包んだり、取り外しできる部品がついているものは外してから捨てるなどの決まりがある自治体もあります。

 

またゴミ収集場所にある専用の容器へ入れる自治体もありますので、決まりに沿った捨て方をしてください。

 


スポンサーリンク

 

捨てる以外の処分の仕方

小型家電回収ボックス

家電量販店やお住まいの地域の役場などに小型家電回収ボックスが設置されている場合があります。

 

特に手続きは必要なく、ドライヤーを持って行って回収ボックスに入れるだけなのでとても簡単です。

 

手数料なども発生しませんので気軽に処分することが出来ます。

 

リサイクルショップに持ち込む

壊れたドライヤーは処分するしかありませんが、まだ使えるドライヤーはリサイクルショップで買い取ってもらえます。

 

何十円~何百円の買取価格ですが、わずらわしいゴミの分別をしなくても良いのでこちらも比較的簡単な方法です。

 

店頭で買い取り申込書を記入したり、本人確認などの手間はかかります。

 

手数料などはかからず、買い取り出来る場合はお金も少しもらえますので得した気分になります。

 

不用品回収業者に依頼する

ドライヤーは不用品回収業者でも引き取ってもらえます。

 

家まで取りに来てくれますので持ち込みの手間はかかりませんが、費用が発生します。

 

大型家電ではないので500円~で引き取ってくれます(回収業者によって費用は様々です)。

 

他にも回収してほしい家電や家具がある場合は、一緒に依頼することで費用を安く済ませる方法もあります。

 

家電量販店に持ち込む

ドライヤーは小型家電リサイクルのアイテムです。

 

小型家電回収ボックスの設置が無い家電量販店でも回収している可能性があります。

 

直接持ち込んで引き取りをしていないと言われては手間ですので、持ち込み前に必ず電話などで確認を取りましょう。

 

フリマアプリやオークションサイトに出品する

まだ使用できるドライヤーはフリマサイトやオークションサイトなどに出品してみましょう。

 

特に1人暮らしの人は家電や家具を少しでも安くそろえたい傾向にあります。

 

フリマサイトやオークションで探している人もいます。

 

送料や手数料を考慮した値段設定をすると、費用もかからず処分することが出来ます。

 

部品リサイクル業者に引き取ってもらう

ドライヤーが壊れてしまってあとは捨てるしかないという場合でも部品リサイクル業者では買い取ってもらうことができます。

 

部品リサイクルでは、ドライヤーを分解して中の使える部品のみを取り出し再利用しています。

 

業者によって費用はまちまちですが、無料で引き取ってもらえるところもあります。

 

部品が再利用されて別の物に生まれ変わりエコにつながります。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク