【おむつの捨て方】ゴミとしての分別方法やマナー、処分・廃棄方法を紹介!


スポンサーリンク

 

本記事では、オムツの適切な捨て方を紹介しています。

 

ゴミとしての分類

 

使用済みおむつは、自治体のサービスにより無料で回収している自治体が多いです。

 

未使用のものであったり、使用済みおむつを無料回収していない場合は『燃えるゴミ』として分類し回収しています。

 

捨てる前に必ずお住まいの自治体のホームページで確認をすると、損をすることなく捨てることができます。

 


スポンサーリンク

 

捨て方

燃えるゴミ

おむつを燃えるゴミとして捨てるには、自治体で決められているゴミ袋に入れて決められた日時に捨てるようにしましょう。

 

一度、おむつはおむつで要らない袋などにまとめておくと、異臭を軽減できるのでおすすめです。

 

また、異臭はご近所トラブルに繋がるので、最低限のマナーを守って出すようにしましょう。

 

ゴミとして出す(無料)

自治体で使用済みおむつを無料で回収している場合があります。

 

その際は、透明又は半透明の袋に使用済みおむつを入れて燃えるゴミの日に回収していることが多いです。

 

 

また汚物はなるべくトイレに流すなど処分をしてからおむつを捨てるよう促している自治体があります。

 

おむつの他にも尿取りパットやおしりふきシートなども回収しています。

 

しかし、あくまでも家庭から出るゴミを対象にしていることが多く、老人ホームなどの福祉施設は対象外であることがあります。

 

必ずお住まいの自治体に確認をしてから捨てるようにしましょう。

 

クリーンセンターへ持ち込み

おむつをご自身でクリーンセンターに持ち込み処分することができます。

 

燃えるゴミの日に出しそびれてしまい、異臭に耐えられない方や他にも不要な物がある方などは、クリーンセンターに直接持ち込んでみましょう。

 

クリーンセンターでの処分費用は処分品の重さで決まっており、10㎏数百円~が相場でかかります。

 


スポンサーリンク

 

捨てる以外の処分方法

フリマサイトでの販売

未使用のおむつで不要あれば、フリマサイトで出品しましょう。

 

今日たくさんのフリマサイトが普及しており利用者が増えています。

 

『メルカリ』や『ラクマ』では、自分で値段を決めて出品することができ初心者の方でも簡単に利用することができます。

 

フリマサイトを利用するには、まず販売手数料が低いものや匿名配送ができるものなど、ご自身に合ったものを選びます。

 

そしてそのフリマサイトに個人情報を登録した後、出品するものを写真に撮り説明文を加えるだけで簡単に不要な物を出品することができます。

 

メルカリは主婦の利用者が多く、おむつなどのベビー用品や介護用品は非常に人気で需要のある物です。

 

午前9時~午後3時の間は、主婦の方の手が空き利用者が多い時間帯と言われています。

 

出品する際は、メーカーやおむつの特徴を細かく記載すると、より早く購入者が見つかる場合が多いです。

 

不用品回収業者に処分依頼

不用品回収業者に依頼すると、未使用のおむつをご自宅まで回収しに来てくれます。

 

手間を掛けず費用を抑えて処分されたい方は、不用品回収業者に依頼されることをおすすめします。

 

不用品回収業者によっては、無料で引取をしてくれたり料金に差が生じますので、複数の業者を比較すると良いでしょう。

 

不用品回収業者は、タウン誌や新聞紙、インターネットなどに情報が多く掲載されていることが多いので、日頃からチェックしておきましょう。

 

オークションサイトで販売

『ヤフオク』などのオークションサイトでも、ベビー用品や介護用品のおむつを出品している方が多いです。

 

フリマサイトよりもオークションサイトの方が老若男女問わず利用者率が高いので、幅広い世代向けに出品するのにおすすめです。

 

ヤフオクさんを利用するには、はじめにYahoo!JAPAN IDを取得し、個人情報を登録します。

 

そして、不用品の写真を撮影し情報を記載して出品することができます。

 

ヤフオクは日本最大規模のオークションサイトなので、どなたでも安全に安心して利用することができます。

 

保育施設や福祉施設での回収・寄付

未使用のおむつを保育施設や福祉施設で回収している場合があります。

 

お子さんが通われていた保育施設や、ご家族が通われていた福祉施設、お住まいの自治体の子育て支援課・福祉課に回収をしているかどうか問い合わせてみましょう。

 

また、身近のママ友や介護仲間との情報ネットワークを利用し、おむつを必要としている方に譲りあいをしていることが多いです。

 

誰かおむつを必要としている人はいないか、話をもちかけてみましょう。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク