【だるまの処分方法】捨て方や神社で廃棄してもらう方法などを紹介!


スポンサーリンク

 

本記事では、ダルマの処分方法を紹介しています。

 

ゴミとしての分類

 

だるまは『燃えるゴミ』として分類し回収している自治体が一般的です。

 

大きいものは『粗大ゴミ』として回収していますので、必ずお住まいの自治体のホームページやお電話で確認してから捨てるようにしましょう。

 


スポンサーリンク

 

捨て方

燃えるゴミ

だるまを燃えるゴミとして捨てるには、お住まいの地域で決められたゴミ袋に入れて決められた日時にゴミステーションに出しましょう。

 

人の目が気になるという方は、新聞紙や広告など、不要な古紙に包んで捨てることをおすすめします。

 

また縁起物を処分する際にプラスαとして、塩をふってから処分することをおすすめします。

 

塩には物事に込められた思いなどを清めたりする効果があると言われています。

 

また、塩は塩でも天然の『粗塩』を使用すると良いでしょう。

 

粗塩には、一般的な塩よりも物事を清める効果が高まると言われています。

 

そして粗塩をふっただるまを新聞紙などの古紙に包み捨てるようにしましょう。

 

加えて忘れてはならないことは、願いを叶えてくれた、もしくは叶えようとしてくれただるまですので必ず感謝の気持ちを込めて捨てるということを忘れないようにしましょう。

 

粗大ゴミ

1番大きな容量の燃えるゴミの袋に入らない大きさのだるまは、粗大ゴミとして処分するように指定してい自治体が多いです。

 

粗大ゴミとして処分するには、処分費用が掛かってしまいますが『ゴミ処理券』を購入しなければなりません。

 

ゴミ処理券をだるまに貼りつけておけば、ゴミステーションでも回収することが可能です。

 

そして粗大ゴミの回収日を守ってゴミステーションに出しましょう。

 

ゴミ処理券は郵便局や銀行などの金融機関、コンビニやスーパーなど、指定されたゴミ処理券取扱店で購入することができます。

 

ゴミ処理券取扱店につきましては、お住まいの自治体のホームページに記載されています。

 

だるま1体を粗大ゴミとして処分する料金は、1つにつき300円~ほどおおよその相場で掛かります。

 

クリーンセンターに持ち込み

だるまをクリーンセンターに持ち込み処分することもできます。

 

クリーンセンターで処分するには、不要な物の総量で料金が決まっており10㎏数百円が相場で掛かります。

 

大きなだるまを処分されたい方や、たくさんだるまを溜めてしまった方、処分するのに人の目が気になる方におすすめの方法です。

 

クリーンセンターによっては軽トラックの貸出を行っています。

 

貸出を希望される方はクリーンセンターに電話で問い合わせをするか、ホームページで貸出しているかどうかを確認してみましょう。

 

また貸出可能な場合は、レンタル費用の代わりにガソリン代を自己負担としている場合が多いのでご理解の上、サービスを利用するようにしましょう。

 


スポンサーリンク

 

神社で廃棄してもらう方法

 

だるまなどの縁起物は、神社のどんどやきで供養してもらい処分することができます。

 

どんどやきを行っている神社は全国にたくさん所在しています。

 

多くの神社では1月15日前後にどんどやきを行い、炎の力を利用してお焚きあげをすることで、だるまに込められた願いや思いを供養しています。

 

どんどやきを利用する費用は1000円~が相場ですのでお金を用意して持ち込むようにすると安心です。

 

また、ホームページやお電話でお近くの神社がどんどやきを行っているかどうか調べてみましょう。

 

縁起物に特化した処分方法ですので、この場合も他の人の目を気にすることなく処分することができおすすめの処分方法です。

 

捨てる以外の処分の仕方

不用品回収業者に依頼

不用品回収業者に依頼すると、だるまを回収してくれます。

 

業者によってサービスは異なり、無料で引取をしてくれる場合やご自宅まで回収しに来てくれる場合があります。

 

そのため複数の業者を比較するようにしましょう。

 

不用品回収業者の情報は、地元情報掲載誌や新聞紙、インターネットなどに掲載されていることが多いのでご覧になってみてください。

 

だるま市で回収

だるま市を行っている地域では、古くなっただるまを回収してくれるサービスをしています。

 

だるまを購入したお店なら問題なく引取をしてくれますので、依頼してみましょう。

 

また、だるま市はお寺の境内内で開かれることもあり、そのままお寺で供養してくれることが多いです。

 

願いが込められただるまを安心して処分することができる方法の一つですのでおすすめです。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク