【カラーボックスの処分方法】捨て方を紹介!無料で処分したいなら…


スポンサーリンク

 

本記事では、カラーボックスのゴミとしての分類処分方法を紹介しています。

 

カラーボックスは何ゴミ?

 

粗大ごみ扱いになるサイズ(地域によって異なる)を超える場合は、粗大ごみ扱いになります。

 

そのままの状態で処分する場合は、ほとんどが粗大ゴミに分類されます。

 

ただし、分解したり切って細かくすると、燃えるゴミ燃えないゴミとしても捨てられます。

 

地域のホームページをを確認して、粗大ゴミ扱いになるサイズをチェックしておきましょう。

 


スポンサーリンク

 

処分方法

ノコギリで小さくして捨てる

カラーボックスは木材がほとんどです。

 

自宅にノコギリがある人は、小さく切断して燃えるゴミに出すことが可能です。

 

ネジやクギなどの金属は取りはずします。

 

袋の口がしっかりと結べる大きさまで小さく切断しましょう。

 

地域によっては、木材のかたまりは燃えるゴミとして受け付けていない場合があります。

 

地域のゴミ分別マップに記載の通り対応します。

 

また、木材だけでなくプラスチックやガラスなどが含まれている場合は燃えるゴミで出せません。

 

木材や厚紙などは燃えるゴミに、その他の素材は細かく分解して不燃ごみや資源ごみに分けましょう。

 

自分の地域がどのようになっているか知りたい場合は、管轄の役所のホームページや直接役所に電話をしてみると教えてくれます。

 

粗大ごみとして捨てる

粗大ごみで捨てる時は次の手順で行います。

 

①お住まいの地域の役所に行き粗大ごみの処分を伝えます。

 

 

②指定された場所でリサイクル券を購入します。

 

 

③カラーボックスの見やすい場所へリサイクル券を貼り付けます

 

 

④指定された日時にゴミ収集場所へ持ち運びます。

 

指定された日時以外にゴミ捨て場へ放置するのは絶対にやめましょう。

 

業者に引き取ってもらう

 

不用品回収業者に引き取ってもらうのも1つの方法です。

 

①不用品回収業者に連絡します。(電話・FAX・メールなど業者により様々です)

 

 

②依頼内容に沿って業者から折り返し連絡が来ます。

 

 

③提示内容に合意したら本契約をします。

 

 

④回収日に自宅まで業者が引き取りに来てくれるのでカラーボックスを渡します。

 

 

これで完了になります。とても簡単な作業です。

 

しかし、カラーボックスは安くて1,000円以内で購入できてしまいます。

 

不用品回収業者に依頼すると数百円~数千円の手数料が発生します。

 

自分で持ち込んだり廃棄したりする手間と時間が無い分、手数料がかかることを覚えておきましょう。

 

リサイクル業者

家具製品を取り扱っているリサイクル業者で引き取ってくれます。

 

①まずはカラーボックスを取り扱っているか電話で確認してみましょう。

 

 

②確認が取れたら店舗へ持ち込みます。

 

 

③買取手続きをします。

 

 

④査定金額で合意したら取引成立です。

 

安く購入できるカラーボックスは買取金額がとても安い傾向にあります。

 

もしくは、買取できない場合もあるでしょう。

 

親切なリサイクル業者でしたら無料で引き取りというケースもあります。

 

わざわざ持ち込んだのに買取してもらえずまた持ち帰るといったケースがありますので、事前連絡は必須です。

 

処分業者

処分業者も不用品回収業者と同じ手順になります。

 

①処分業者に連絡します。(電話・FAX・メールなどの方法があります)

 

 

②依頼した内容に沿って業者から折り返し連絡が来ます。

 

 

③提示された内容で間違いがなければ正式に依頼します。

 

 

④回収日に業者が引き取りに来てくれます。

 

取りに来てくれたり、処分してくれるため、手間がかかる分手数料も発生します。

 

カラーボックスの購入金額以上の手数料になるケースもありますので注意が必要です。

 


スポンサーリンク

 

メルカリやオークションで売る

メルカリなどのフリマアプリやオークションで売るという方法もあります。

 

しかし、メルカリなどでは【新品・送料無料】で1,000円以内のカラーボックスがたくさん取引されています。

 

手数料や送料の事を考えると、個人で1,000円以下に収めるのは難しいでしょう。

 

現在はメルカリアッテなど直接対面取引ができるものもあります。

 

送料や手数料がかからない為、費用がかかる心配がありません。

 

10円や20円など少しでも利益が欲しい方、引き取り手が近くにいて無料でも手放したい方は必見です。

 

無料で処分するなら…

無料で処分することを考えるとやはり小さく切断して燃えるゴミに出す方法が良いと思います。

 

カラーボックスはネジやクギを外すと比較的解体しやすい家具です。後ろの板を外すだけでバラバラになります。

 

切断するという労力は必要ですが、手数料などの費用がかかりません。

 

ごみを出す日も普段と変わりありませんので、処分する日程をつかみやすいです。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク