【ケーブル・コードの捨て方】の分別方法や処分・廃棄方法を紹介!


スポンサーリンク

 

本記事では、ケーブル・コードのゴミとしての分別方法捨て方様々な処分方法を紹介しています。

 

ゴミとしての分類

 

ケーブルやコードをゴミとして分類する場合、『燃やせないゴミ』として回収する自治体が一般的です。

 

中には、指定された長さにハサミなどで切り『燃えるゴミ』として回収する地域や『危険ゴミ』とする地域もあります。

 

必ずお住まいの自治体のホームページで確認をしましょう。

 

スポンサーリンク

 

捨て方・廃棄方法

 

ケーブルやコードを捨てるときは、お住まいの自治体で決められたゴミ袋に入れて、ゴミステーションに出しましょう。

 

ケーブルやコードには個人情報は含まれておりませんので、データ削除などの手間は不要です。

 

また、ケーブルやコードの長さをハサミなどで切り、そのまま束ねずに燃えるゴミとして回収している自治体もありますので、確認してから捨てましょう。

 

ゴミステーションにご自身で持ち込むこともできますが、ケーブルやコードだけではなく、他の電化製品と一緒に処分する場合におすすめです。

 

スポンサーリンク

 

捨てる以外の処分方法

 

途中でケーブルやコードが切れていたりキズが付いている場合には、電化製品の故障や火災が起きてしまう可能性がありますのでゴミとして処分しましょう。

 

使用可能な場合には、以下の方法で処分されることをおすすめいたします。

 

各電機メーカーにて回収

『資源有効促進法』という法律の基、不要になった機器をメーカーが回収し資源にリサイクルまで責任をもって行うことが決められています。

 

回収方法も、郵便局のゆうパックを利用するので、全国各地から安心して行うことができます。

 

個人情報の漏えいも防ぐことができ、安心して手続きができます。

 

ホームページなどで電機メーカーに問い合わせをして回収する手続きを取りましょう。

 

この時、ケーブルやコードのみの回収は行っていないメーカーもありますのでご注意ください。

 

家電量販店での回収

平成25年4月から『小型家電リサイクル法』が施行し、家電量販店でも小型家電を回収しリサイクルすることになりました。

 

そのため、お近くの小型量販店に確認をしてから持ち込んで処分して貰うこともできます。

 

電機製品を購入した家電量販店なら上手く事が進みそうですね。

 

そうでなければ、事前に電話などで連絡を取ると、スムーズに手続きをすることができるかと思います。

 

フリマサイトで販売

フリマサイトでケーブルやコードを販売されている方も多々おられます。

 

出品方法は、まず販売手数料が低いものや匿名配送ができるものなどを吟味してフリマサイトを選択します。

 

そのフリマサイトに個人情報を登録し、出品するものを写真に撮り説明文を加えるだけで、簡単に不要な物を出品出来ます。

 

携帯や電機製品の充電器やUSBコードなど、対象の製品、型番、コードの長さなど詳細を記載すると、スムーズな取引をすることができます。

 

リサイクルショップへの持ち込み

リサイクルショップなどで買取して貰うのはいかがでしょうか。

 

HDMIコード、USBコード、延長コードなどは需要がありますので、気持ちばかりのお値段になります。

 

また、充電器などは、対象の電気製品とセットですと、高値での買取が期待されます。

 

小型家電回収BOXの利用

小型家電リサイクル法に基づき、自治体とスーパーなどが協力して小型家電を回収しています。

 

スーパーの出入り口に『小型家電回収BOX』を置いており、ケーブルやコードも回収してくれます。

 

ドラム式の延長コードなど大きい物を回収しているかどうかは直接お問い合わせください。

 

取扱店舗は、自治体やスーパーのホームページで確認してみましょう。

 

同じスーパーでも取扱のある店舗と無い店舗がありますのでご注意ください。

 

パソコン廃棄.comさんで回収

東京都にある『パソコン廃棄.com』さんでは、不要になったパソコン類を回収してくださります。

 

パソコン類を持ち込んでも可、郵送しても可であるためメーカーや家電量販店を調べる手間が省けます。

 

ただし、USBコードなどのパーツのみであると回収不可であるため、パソコン廃棄.comさんに依頼する場合には、パソコン類とセットにする必要があります。

 

また郵送する場合は自己負担になるため、ホームページで詳しく確認しましょう。

 

地元の情報掲載誌での呼びかけ

無料でケーブルやコードを処分したい方や、地元の情報掲載誌で貰い手を探してみましょう。

 

掲載料もかからず情報を載せることができるものが多いです。

 

情報掲載誌の掲載元に連絡をして呼びかけて貰いましょう。

 

また、『ジモティー』さんのホームページを利用して同じように無料で情報を載せることもできます。

 

誌面とネットの両方に情報を載せる場合につきましては、連絡をいただいても貰い手が見つかっている場合がありますと一言添えると丁寧な対応をすることができます。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク