【ケーブル・コードの捨て方】の分別方法や処分・廃棄方法を紹介!



 

本記事では、ケーブル・コードのゴミとしての分別方法捨て方様々な処分方法を紹介しています。

 

ゴミとしての分類

 

ケーブルやコードをゴミとして分類する場合、『燃やせないゴミ』として回収する自治体が一般的です。

 

中には、指定された長さにハサミなどで切り『燃えるゴミ』として回収する地域や『危険ゴミ』とする地域もあります。

 

必ずお住まいの自治体のホームページで確認をしましょう。

 

 

捨て方・廃棄方法

 

ケーブルやコードを捨てるときは、お住まいの自治体で決められたゴミ袋に入れて、ゴミステーションに出しましょう。

 

ケーブルやコードには個人情報は含まれておりませんので、データ削除などの手間は不要です。

 

また、ケーブルやコードの長さをハサミなどで切り、そのまま束ねずに燃えるゴミとして回収している自治体もありますので、確認してから捨てましょう。

 

ゴミステーションにご自身で持ち込むこともできますが、ケーブルやコードだけではなく、他の電化製品と一緒に処分する場合におすすめです。

 

 

捨てる以外の処分方法

 

途中でケーブルやコードが切れていたりキズが付いている場合には、電化製品の故障や火災が起きてしまう可能性がありますのでゴミとして処分しましょう。

 

使用可能な場合には、以下の方法で処分されることをおすすめいたします。

 

各電機メーカーにて回収

『資源有効促進法』という法律の基、不要になった機器をメーカーが回収し資源にリサイクルまで責任をもって行うことが決められています。

 

回収方法も、郵便局のゆうパックを利用するので、全国各地から安心して行うことができます。

 

個人情報の漏えいも防ぐことができ、安心して手続きができます。

 

ホームページなどで電機メーカーに問い合わせをして回収する手続きを取りましょう。

 

この時、ケーブルやコードのみの回収は行っていないメーカーもありますのでご注意ください。

 

家電量販店での回収

平成25年4月から『小型家電リサイクル法』が施行し、家電量販店でも小型家電を回収しリサイクルすることになりました。

 

そのため、お近くの小型量販店に確認をしてから持ち込んで処分して貰うこともできます。