【段ボールの捨て方】ゴミとしての分別方法や出し方、処分・廃棄方法を紹介!

スポンサーリンク

 

本記事では。段ボールのゴミとしての分類捨て方様々な処分方法を紹介しています。

 

ゴミの種類

不要になった段ボールは、『資源ゴミ』や『古紙』として収集する自治体が多いです。

 

紙類は水にぬれると再生しにくいことから、回収日が雨の場合は次回に回すように注意喚起している地域があります。

 

必ずお住まいの自治体のホームページで確認をしましょう。

 

スポンサーリンク

 

ゴミとしての捨て方

 

段ボールをゴミとして捨てる場合は、何個かまとめてスズランテープなどで十文字にします。

 

この時、段ボールについているガムテープやホチキスの芯を取らなければならない自治体が多いです。

 

ガムテープやホチキスの芯が付いたままだと再生する際に、不純物として含まれてしまうため業者の方の分別する手間がかかってしまいます。

 

スポンサーリンク

 

捨てる以外の処分方法

 

段ボールは強度が高い為、リメイクをして再利用することが流行しています。

 

その中でも比較的簡単に行う方法をご紹介いたします。

 

段ボールで収納ボックス

必要なものは、不要な段ボール、布、カッター、紙用接着剤、金具のプレートです。

 

段ボールの形をそのまま生かすこともできますが、キューブ型にするとオシャレになります。

 

まず段ボールを正方形になるように5枚カッターで切ります。

 

それらをキューブ型になるように紙用接着剤で貼りながら組み合わせていきます。

 

数時間乾かした後、段ボールの表面にお好きな布を貼っていきます。

 

ここで布にシワができないようにすることが完成度を高めるポイントです。

 

最後に側面に金具のプレートなどを貼って何を収納するのからラべリングをすると、更にオシャレに仕上がります。

 

また、布以外にもスターバックスさんやタリーズコーヒーさんなど、カフェチェーン店の紙袋を貼りつけても素敵になりますのでおすすめです。

 

段ボールでレンガ風

段ボールをレンガ風にリメイクされる方もおられます。

 

その方法は二つあり、一つ目100円ショップなどでレンガ風の壁シールを購入します。

 

それを段ボールに貼り、シールの上からお好みの形に切るだけです。

 

壁シールを張るだけでは平面ですが、段ボールに貼ることで立体感が生まれます。

 

それを壁に貼るだけで、ブルックリン風の雰囲気がでます。

 

お子さんの遊び場やペットハウスに

大きめの段ボールをそのまま使用したり、四角垂型に段ボールを切り貼りつけていけば、簡単な遊び場やペットハウスになります。

 

小窓を付けたりするだけで、一気に雰囲気が増しますね。

 

お子さんと段ボールに絵を描いたり、お好みで布や折り紙を貼りつけたりすれば夢中で遊ぶのではないでしょうか。

 

中に不要な毛布やバスタオルなどを敷いて、犬や猫のペットハウスにされる方も多くおられます。

 

特に猫は狭い場所を好みますので、小さい段ボールでも作ることができます。

 

段ボール製椅子

段ボールの強度を活かして椅子を作ることもできます。

 

必要な材料は、不要な段ボール、カッター、定規のみです。

 

段ボールを開いて縦長になるように置きます。

 

1か所だけ側面の真ん中に印をいれ、その反対側の側面の真ん中にも印を入れます。

 

そして印を入れた部分を段ボールの中心に向かって谷折りにします。

 

この時、段ボールを上から見るとリボンの形になっていればOKです。

 

そして段ボールを一度開き、谷折りした側面のフラップの部分を外側に折ります。

 

更に谷折りした部分に縦約3センチ×横約1センチほどの切り込みを2か所入れます。

 

その切り込みに、谷折りしていない側面のフラップを差し込むと、簡単な椅子の完成です。

 

そのまま使用しても良いですが、カラースプレーで色を付けると、オリジナル感が増しますね。

 

リメイクするのではなくそのまま無料で捨てたい!という方は以下の方法があります。

 

スーパーでの無料回収

スーパーでペットボトルや容器トレイ、カンやビンなどの廃棄物を回収しているところがあります。

 

加えて段ボールや古紙を回収してくれるスーパーもあります。

 

その場合はご自身でスーパーに持ち込む必要があるので、スーパーに直接確認したりホームペーで回収しているスーパーを調べましょう。

 

引っ越し業者が回収

引っ越しシーズンになると段ボールが必需となります。

 

引っ越し費用の中に段ボールが含まれていたり、個数指定で段ボール代は無料の業者があります。

 

そして引っ越しが終わった後、無料で回収してくれる業者があります。

 

『サカイ引越センター』さんでは、無料で回収してくれるだけでなく、玄関の外に置いておけば、不在の時も回収してくれるので大変便利なサービスを受けることができます。

 

引っ越しを検討される際は、段ボールの処分のサービスの有無も含めた上で考慮することをおすすめします。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク