【缶詰の捨て方】ゴミとしての分別方法や賞味期限切れの処分方法などを紹介!



 

本記事では、缶詰のゴミとしての分別方法処分方法を紹介しています。

 

ゴミとしての分類

缶は大きく分けて、飲料缶、食品缶、スプレー缶などがあります。

 

そして、家庭で消費される食品缶の処分は、基本的に資源で回収されます。

 

そのため、多くの自治体で、缶・瓶の日にまとめて回収するようになっています。

 

缶は素材ごとに、収集の仕方に違いを設けているケースがみられます。

 

よく知られている缶の代表としてアルミ缶、食品に多いスチール缶など、捨てるタイミングや場所を資源ごみを個別に指定されていることも少なくありません。

 

たいていは、缶の回収網・ボックスや専用の回収ステーションを設けたりしています。

 

賞味期限切れの缶詰(未開封)

未開封だと、ついそのまま缶を捨てたくなってしまうこともあるでしょう。

 

しかし、自治体が規定するゴミの分類上、食品が入っている缶詰は、そのまま捨てることができません。

 

中に入ったまま捨てることを禁止している自治体がほとんどです。

 

そこで、まずは開封して中身を燃えるゴミに捨てます。

 

それから缶は自治体のルールで分別します。

 

スチール缶やアルミ缶は資源回収ごとに分別して、他の鉄缶などリサイクルしにくいものは不燃ゴミに分別します。

 

ふた

缶はふたとセットで、同じ素材でできていることがほとんどです。

 

スチールであれば、資源回収に、他の鉄製であれば不燃ゴミです。

 

まれに、ふたがシートになっていて、ビニール製や特殊な紙製である場合があります。

 

その際は、燃えるゴミ(もしくはプラスチックゴミ)に分別します。

 

空き缶

空き缶本体は、不燃ゴミを基本として分類します。

 

資源として回収できるスチール缶などであれば、地区で指定されている回収ステーションか回収ボックスにもっていきます。

 

中身

缶の中に残っているものはすべて捨てることが原則となります。

 

容器を資源の回収でリサイクルするときに、中身を取り除く作業が必要になります。

 

中身は分別時に何も残っていないほうが良いです。

 

食品分別

食品缶になる製品は多々あります。

 

よく目にする魚介類の缶詰は食卓でよく利用されます。

 

シーチキンやサバなどの魚類製品を入れた缶詰は有名です。

 

トマトや果物などを入れた缶詰は昔からありますね。

 

いずれも食品類は生ゴミとしての処分となり、燃えるゴミに分類します。

 

 

処分方法

缶は大切な資源の一つであると同時に、リサイクルする際には手間がかかるものです。

 

処分の仕方やゴミの分別を守って捨てないと、余計な手間や費用、回収ステーションの環境悪化などにつながります。