【ブロックの処分・廃棄方法】ゴミとしての捨て方や費用などを紹介!


スポンサーリンク

 

本記事では、ブロックの捨て方様々な処分方法を紹介しています。

 

ゴミとしての分類

 

ブロックをゴミとして出す場合には、コンクリート製やセラミック製に関わらず、『燃えないゴミ』や『粗大ゴミ』として回収している自治体が一般的です。

 

必ずお住まいの自治体のホームページで詳細を確認しましょう。

 

スポンサーリンク

 

捨て方・廃棄方法

燃えないゴミとして処分する方法

自治体で決められたゴミ袋に入れて、決められた日時にゴミステーションに出しましょう。

 

ブロックは重量がありますので、小さい袋に1~2個ずつなど少量で出すように注意を促している自治体があります。

 

持ち運ぶ清掃員の方のことを考えて、注意書きされていなくても心配りとして少量ずつゴミとして出すようにしましょう。

 

また、ブロックの破片も同じように燃えないゴミとして捨てましょう。

 

粗大ゴミとして処分する方法

粗大ゴミとして捨てる方法は、まずは『ゴミ処理券』を購入しましょう。

 

ゴミ処理券を購入しブロックを入れた袋に貼りつけておけば、ゴミステーションで回収してくれます。

 

粗大ゴミの回収日にゴミステーションに出しましょう。

 

ゴミ処理券は、指定されたゴミ処理券取扱店、スーパーやコンビニなどで購入することができます。

 

ゴミ処理券取扱店につきましても、お住まいの自治体のホームページで確認することができます。

 

ブロックをゴミ処理券を購入して捨てる場合の費用は、量によりますがだいだい300円~が多いです。

 

クリーンセンターに持ち込んで処分

ご自身でクリーンセンターなどの処理場に、ブロックを持ち込み処分することができます。

 

ブロックを車に積む労力や処分費用がかかってしまいますので無理のない範囲で取り組みましょう。

 

クリーンセンターによっては、燃料は自己負担で軽トラックの貸出を行っているところがあります。

 

車を汚したくない、車を所有していない方におすすめです。

 

車の貸し出しをご希望の方はクリーンセンターのホームページでそのサービスの有無を調べてみましょう。

 

オリックスレンタカーさんやガソリンスタンドなどレンタカーを取り扱っている店舗などでは、安くて3000円~軽トラックを借りることができます。

 

ホームセンターでの引取は不可

コーナンやジョイフルホンダ、カインズホームなどのホームセンターでは、ブロックの引取は行っておりません。

 

燃えないゴミ、粗大ゴミとして処分するか、3.捨てる以外の処分方法をご覧ください。

 

スポンサーリンク

 

捨てる以外の処分方法

リサイクルショップでの買取

リサイクルショップなどで買取して貰うのはいかがでしょうか。

 

『リサイクルショップ鑑三朗』さんでは、建設現場の不用品などの建材に特化したリサイクルショップで、全国どこからでも利用することができます。

 

電話ではもちろん、LINEを使っての査定も行っていますのでご利用ください。

 

また、同じような建材を買取している地域密着型のリサイクルショップが全国各地にあります。

 

インターネットを利用して検索してみましょう。

 

不用品回収業者に依頼

不用品回収業者に依頼し不要なブロックを処分することができます。

 

業者に依頼すると2つメリットがあります。1つ目は自宅まで来てくれコンクリート類を運搬する必要がなくなることです。

 

2つ目は、確実に引取をしてくれることです。

 

リサイクルショップでの買取であると、買取不可の場合が稀にあります。

 

確実に処分されたい方は、処分費用がかかってしまいますが不用品回収業者の利用をおすすめします。

 

また、業者によっては無料で引取をしてくれる場合もあるので、複数の業者を吟味しましょう。

 

不用品回収業者は、地元情報掲載誌や新聞紙、インターネットなどに情報が掲載されていますので調べてみましょう。

 

『フェクトクリーンセンター』さんのホームページでは、全国の不用品買取業者の情報が記載されています。

 

お近くの業者を検索することができるので、ホームページにアクセスして調べてみましょう。

 

ブロックをリメイク

◆ブロックで植木鉢

ブロックの穴を利用した植木鉢が巷で人気を集めています。

 

穴の中に土を入れて、お好みの植物を植えるだけです。

 

ブロックを複数並べて花壇を作ると、おしゃれな雰囲気になりますのでお試しください。

 

◆ブロックでキャンドルスポット

ブロックの穴を利用して、キャンドルスポットにすることができます。

 

ブロックを無造作に積み上げていき、穴にキャンドルを灯すと間接照明風になりロマンチックなお部屋にしてくれます。

 

このとき、壁にブロックを付けすぎると火災の恐れがあります。少し離して積み上げるようにしましょう。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク