【バインダーの捨て方】ゴミとしての分別方法、処分・廃棄方法を紹介!


スポンサーリンク

 

本記事では、バインダーの捨て方様々な処分方法を紹介しています。

 

ゴミとしての分類

 

バインダーは、紙製、プラスチック製に関わらず『燃やせるゴミ』として回収している自治体が一般的です。

 

金具の金属の部分につきましては、外せるものは外して『金属類』としてゴミに出す地域もあれば、外さずに捨てても可能な地域もあります。

 

必ずお住まいの自治体のホームページで確認をしましょう。

 


スポンサーリンク

 

捨て方・廃棄方法

 

バインダーを燃えるゴミとして出す場合は、自治体で決められたゴミ袋に入れて、日時を守りゴミステーションに出しましょう。

 


スポンサーリンク

 

捨てる以外の処分方法

 

バインダーに傷や汚れが付いていない場合につきましては、以下の方法で処分することをおすすめいたします。

 

フリマサイトでの販売

今日たくさんのフリマサイトが普及しております。

 

例えば、『メルカリ』さんや『ラクマ』さんでは、自分で値段を決めて出品することができます。

 

その中でも販売手数料が低いものや匿名配送ができるものなどを吟味しご自身に合ったものを選択します。

 

そのフリマサイトに個人情報を登録した後、出品するものを写真に撮り説明文を加えるだけで簡単に不要な物を出品出来ます。

 

学生やOL、サラリーマン向けに出品するには、ハッシュタグで『#学生』、『#文房具』、『#書類収納』などと記入すると、多くの検索結果にヒットすることができます。

 

また、濡れ雑巾でバインダーの表面を拭いてから乾いた雑巾で空拭きするときれいになります。

 

その手間を掛けることで、出品者も購入者も気持ち良く取引ができ、自分の納得のいくお値段と条件で販売をすることができます。

 

リサイクルショップでの買取

リサイクルショップなどで買取して貰うのはいかがでしょうか。

 

購入時の値段まではいきませんが、気持ちばかりのお値段で買取可能なことも多いです。

 

また、中々文房具は値段が付きにくいことがありますが買取ができない場合につきましても、無料で引取をしてくれますので足を運ぶ価値があります。

 

今日地域に密着したリサイクルショップも多々みられますので、そちらに依頼することもできます。

 

アニメや漫画とコラボレーションしているバインダーであれば、『Hobby OFF』さんでの買取をおすすめいたします。

 

アニメグッズやフィギュアなどに特化した買取を行っているため需要があります。

 

高価で買取してもらうためには、濡れ雑巾でバインダーの表面を拭いてから乾いた雑巾で空拭きをしきれいにすること、新しく人気があるアニメなどとのコラボレーションであることが秘訣です。

 

書類ごと処分するならセキュリティーパック21

バインダーに保存している書類をそのまま処分してくれるサービスをしているのが、『株式会社ワラケン』さんです。

 

日本全国、個人・法人問わず対応しており、バインダーなどの保存用品ごと処分してくれるため非常に便利です。

 

また、書留書類ゆうパックセキュリティ便で書類を郵送するため、個人情報流出を防止することができ安心安全です。

 

書類を箱詰めをして郵送するだけなので、簡単に処分をすることができます。

 

また、その箱ごと融解処理するため、株式会社ワラケンさんで働く方の目に触れることもありません。

 

箱の大きさはMサイズ 縦320mm×横450mm×高さ210mm、Lサイズ 縦320mm×横450mm×高さ290mmから選べることが可能で、郵送費用、処分費用込みで2300円~利用することができます。

 

加えて指定の箱をご自宅に郵送してもらうために、郵送費用として1200円~掛かります。そのため、計3500円~不要な書類を処分することができます。

 

卒業や退職、転職を機に大量に書類を処分したい方や、少量でも確実に機密漏洩したくない方におすすめです。

 

地元の情報掲載誌での呼びかけ

無料でバインダーを処分したい方は、地元の情報掲載誌で貰い手を探してみましょう。

 

掲載料もかからず情報を載せることができるものが多いです。

 

情報掲載誌の掲載元に連絡をして呼びかけて貰いましょう。

 

また、『ジモティー』さんのホームページを利用して同じように無料で情報を載せることもできます。

 

誌面とネットの両方に情報を載せる場合につきましては、連絡をいただいても貰い手が見つかっている場合がありますと一言添えると丁寧な対応をすることができます。

 

また、法人の方など大量に不要なバインダーをお持ちの方は、持ち運びができる方限定!などと注意書きをすると搬送する必要が無くなりますので記載することをおすすめいたします。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク