【自転車のタイヤの処分方法】ゴミとして捨て方(分別方法など)や廃棄方法を紹介!


スポンサーリンク

 

本記事では、自転車のタイヤのゴミとしての捨て方様々な処分方法を紹介しています。

 

ゴミとしての分類

 

自転車のタイヤは、『燃えるゴミ』、『粗大ゴミ』、『燃えないゴミ』などと分別の仕方は、自治体によって様々です。

 

ママチャリと呼ばれる一般的な自転車のタイヤについて回収している自治体もあれば、同じ自転車でもファットバイクなどの太いタイヤは回収対象外としている自治体が多いです。

 

必ずお住まいの自治体のホームページで確認をしましょう。

 

スポンサーリンク

 

捨て方・廃棄方法

燃えるゴミ、燃えないゴミとして処分する方法

自転車のタイヤを燃えるゴミ、燃えないゴミとして処分するには、自治体で決められた袋に入れて、決められた日時にゴミステーションに出しましょう。

 

また、自転車のタイヤの中には、金属製のワイヤーが入っておりタイヤの形を維持しています。

 

タイヤをカッターかはさみで切り、ワイヤーを取り出してからゴミとして捨てましょう。

 

ワイヤーを抜くことで、タイヤの嵩が減り袋に入れやすくなります。

 

また抜いたワイヤーは『金属ゴミ』として資源ゴミの回収日に出しましょう。

 

粗大ゴミとして処分する方法

粗大ゴミとしての処分方法は、処分料が掛かってしまいますが『ゴミ処理券』を購入しましょう。

 

ゴミ処理券を自転車のタイヤに貼りつけておけば、ゴミステーションで回収してくれます。

 

この場合は、タイヤ内のワイヤーを抜く必要がありません。

 

そして粗大ゴミの回収日にゴミステーションに出しましょう。

 

コンビニやスーパーなどの指定されたゴミ処理券取扱店でゴミ処理券を購入することができます。

 

ゴミ処理券取扱店につきましては、お住まいの自治体のホームページで確認しましょう。

 

自転車のタイヤをゴミ処理券を購入して処分する費用は、1つにつきは500~1000円が多いです。

 

スポンサーリンク

 

捨てる以外の処分方法

リサイクルショップでの買取

近年ではロードバイクなどの自転車が人気で、自転車に特化したリサイクルショップが多いです。

 

『スポーツ自転車リサイクルハンター』さんでは自転車のタイヤの買取を行っています。

 

ホームページから査定を依頼すると、専用キットがご自宅に送られてきます。

 

不要なタイヤを梱包し、着払いで郵送するだけで査定をしてくれます。

 

買取可能な場合は、指定の口座に現金振込をしてくれます。

 

買取不可能の場合は、無料で返送してくれますので安心して取引をすることができます。

 

人気のメーカーのタイヤであれば、高額での買取が期待されますのでおすすめです。

 

不用品回収業者に依頼

不用品回収業者に依頼し不要な自転車のタイヤを処分することができます。

 

業者によっては無料で引取をしてくれる場合もありますにで、費用を抑えたい方は複数の業者を吟味しましょう。

 

業者に依頼すれば、自宅まで回収しに来てくれるため手間を掛けずに処分することができます。

 

不用品回収業者は、地元情報掲載誌や新聞紙、インターネットなどに情報が載っていますので調べてみましょう。

 

自転車取扱店で有料回収

自転車取扱店では、有料で不要なタイヤやその他のパーツを回収してくれる店舗が多くあります。

 

まずは自転車を購入した店舗に問い合わせをしましょう。

 

購入した店舗であれば、スムーズな対応が期待されます。

 

タイヤ専門回収業者に依頼

地域に根差しタイヤ専門の回収業者に依頼することができます。

 

業者によって有料である場合と無料で回収している場合があります。

 

タイヤ専門回収業者は、地元の情報掲載誌や新聞紙に情報が載っていることが多いです。

 

また、よく国道沿いに店舗を構えていることが多いので、直接持ち込むか電話で問い合わせをしてみましょう。

 

フリマサイトでの販売

今日フリマサイトの利用者が増えています。

 

例えば、『メルカリ』さんや『ラクマ』さんなどです。

 

自分で値段を決めて出品することができるので、老若男女問わず利用する年齢層も幅広いです。

 

その中でも販売手数料が低いものや匿名配送ができるものなど、ご自身に合ったものを選択しましょう。

 

個人情報を登録した後、出品するものを写真に撮り簡潔な説明文を加えるだけで簡単に不要なタイヤを出品することができます。

 

使用済タイヤは汚れが付いていることが多いので、出品前に一度水洗いをしておきましょう。

 

多くの方は、自転車のタイヤのホイールと一緒に出品しています。

 

より早く購入者を見つけ処分されたい方は、ホイールなどのパーツと一緒に出品してみましょう。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク