【ベルトの捨て方】ゴミとしての分別方法や出し方、処分方法を紹介!

スポンサーリンク

 

本記事では、ベルトのゴミとして分別方法捨て方活用方法などを紹介しています。

 

ゴミとしての分類

 

ベルトのゴミとしての分類は、自治体によって様々であることが現状です。

 

ご自身の住む自治体では燃えるごみであっても、隣の自治体は不燃ごみということがありかねます。

 

また、ベルトの素材やデザインによっても異なることが多いです。

 

・ベルトを分別できるもの

 

・装飾品付きで分別できないもの

 

スポンサーリンク

 

ゴミとしての捨て方

ベルトを分別できるもの

シンプルなデザインで、バックルの部分と体に巻きつける部分が分別できる場合に

 

【皮・ゴム・布の部分】⇒燃えるごみ

 

【バックルの部分】⇒不燃ごみ

 

といった分け方が、多くの自治体にみられます。

 

装飾品付きで分別できないもの

ファッション目的に作られたベルトに多く見られます。

 

装飾品が付いていて、分別が難しいものはそのまま燃えるごみか不燃ごみに出すかは、自治体によって異なることが多いため、居住する自治体に確認する必要があります。

 

スポンサーリンク

 

捨てる以外の処分方法

上記では、ゴミとしての分類や、捨て方について紹介してきました。

 

しかしながら、長年愛用していたものや大切な人からのプレゼントや譲り受けたもの、有名ブランドで高価なものなどは、中々手放すことが心苦しかったり、捨てるのがもったいないこともありますよね。

 

そこで、捨てる以外の活用方法をいくつかご紹介いたします。

 

ベルトでDIY(皮編)

使用しなくなったベルトをリメイクする方法です。

 

皮製のベルトであれば、皮の部分をアレンジするだけで、素敵なインテリアに大変身します。

 

◆丸型鏡に巻きつけて即席アンティーク鏡

ベルトの幅分奥行きができて、シンプルなお部屋をオシャレに飾ってくれます。

 

◆ベルトでネクタイハンガー

ベルトを輪っかにし、パンチで穴をあけ、壁に取り付けるだけです。

 

その穴にネクタイを通せば、即席ネクタイハンガーになります。

 

もちろん、その穴にベルトを通せばベルトハンガーになりますね。

 

◆バックの持ち手を皮ベルトでアレンジ

を作る際に、バックと持ち手を同じ素材ではなく、皮にするだけでぐんとオシャレなものへと変身しますよね。

 

ハンドメイドの域を超えるような作品にもなりかねません。

 

ベルトでDIY(布編)

糸がほつれてしまった場合は、その部分を刺しゅう糸で補修するだけで、パッチワーク風のベルトに仕上がります。

 

カラフルにすればベルトがアクセントになってファッションを楽しめますね。

 

また、わざとほつれた以外の部分もほつれさせ、わざとダメージ加工することもあるようです。

 

 

バックルの部分のみ再利用

やはり、ベルトの顔と言えばバックルではないでしょうか。

 

ブランドのロゴやシンボルがデザインされており、バックルの表情で購入を決めたと言う方も少なくはないと思います。

 

手芸屋さんなどでは、ベルトの部分のみの販売もしておりますので、バックルを使用すれば、新品同様だったり、新たな雰囲気のベルトへと生まれ変わると思います。

 

中にはベルトを修理してくれる専門店がありますので、お近くのお店やインターネット上でお探しになると良いかと思われます。

 

フリマアプリで販売

リメイクも再利用も好まないと言う方は、フリマアプリで販売してはいかがでしょうか。

 

ものは使われて初めて存在意義をあらわにすると思います。多

 

様なフリマアプリがございますが、自分で好きな価格に設定できるものを選別すれば、納得のいくお取引ができると思います。

 

使っていただける方に譲ることで、断捨離へと繋がります。

 

以上、ベルトのゴミとしての分類や捨て方、捨てる以外の処分方法をご紹介いたしました。

 

参考になるものはありましたか。処分される際は、まずはご自身が住む自治体に確認をすることが必要となることが言えます。

 

ベルトとはいえ、日頃から丁寧に扱ったり、ベルトを磨き、皮製ならばクリームを塗ったりなど、少しの手間で長く使用することができると思います。

 

洋服ばかりに目が行きがちですが、毎日使用する小物類にも手を掛けていきたいですね。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク