【鞄(カバン)・バッグの捨て方】ゴミとしての分別方法や出し方、処分方法を紹介!

スポンサーリンク

 

本記事では、鞄・バッグのゴミとしての分類捨て方捨てる以外の処分方法を紹介しています。

 

ゴミとしての分類

 

お出かけのときに欠かせない鞄やバッグは、ゴミに捨てる時どれに分類されるのかご紹介します。

 

燃えるゴミ

鞄やバッグは、基本的に燃えるゴミに出します。

 

主に皮や布でできていることが多いためです。

 

金具は取り外せるものだけ外し、分別して不燃ゴミや資源の金属ゴミに出します。

 

取り除けない金具や付属物は、無理に外さず燃えるゴミに捨てることができます。

 

鞄やバッグを不燃ゴミではなく燃えるごみとして扱うことができる処理施設をもつ自治体が多くあります。

 

不燃ゴミ

近年では、安価で軽いビニールや樹脂製のバッグが増えています。

 

代表的なのは、リュックサックやトートバックといった日常的に使用されるお手軽バッグです。

 

特殊加工のバッグに加え、樹脂製で一見なにでつくられているか分からないバッグがよくありますが、ほとんどは不燃ゴミに分別します。バッグについている金属部もそのまま不燃ゴミになります。

 

プラスチックゴミ

一部、ビニールや樹脂製のバッグについては、自治体の指示でプラスチックゴミに分別されることがあります。

 

複数の素材が何割かずつ使われているケースでは、洋服の分別と同様に、主素材となるもので分類しましょう。

 

多少、燃えない素材が入っていても燃えるゴミに捨てられることになっています。

 

どれに分別するかわからないときは、環境課などゴミ処理を担当する役所の課に分類の仕方を聞きましょう。

 

粗大ゴミ

バッグ類の中には、スーツケースや大き目の鞄など旅行アイテムとして使用されますが、捨てる際は粗大ゴミ扱いになることが多いです。

 

大きさによりますが、自治体で決められた大きさを超えた場合は粗大ゴミ、規定サイズ以下の場合は鞄やバッグの素材に合わせて燃えるごみ・不燃ゴミに分別します。

 

スポンサーリンク

 

ゴミとしての捨て方

燃えるゴミ・不燃ゴミ

燃えるゴミの捨て方の手順は、以下になります。

 

◆必要なもの

・紙もしくはビニール袋

 

・指定のゴミ袋

 

◆手順

①最初に金属部を外します。このとき、中に何も入っていないことを確認します。

 

 

②紙袋などに入れます。

 

 

③指定の燃えるゴミの袋に捨てます。

 

不燃ゴミに出す際は、燃えるゴミと大体同じ手順になります。

 

特に、金具部分が袋を破らないように厚めのビニール袋などに入れて出すことが大切です。

 

風水的な捨て方

鞄を捨てるときは、風水的に内側も外側もきれいにするのがポイントです。

 

感謝しながら捨てるというのは風水で物を捨てるときに欠かせません。

 

・他のゴミとは分けて捨てる

 

・あら塩で揉んで清める

 

などの方法も風水的に良いとされています。

 

とはいえ、ゴミ処理のルールとの兼ね合いを考えて出来るところまででよいので、面倒くさがらずにやってみましょう。

 

粗大ゴミ

大きなスーツケースなどの鞄やバッグは、次の手順で回収を依頼します。

 

◆必要なもの
・粗大ゴミシール(処理券)

 

◆手順

①鞄の中身を確認します。(中身に何も残っていない、外側に何も付けていない状態)

 

 

②粗大ゴミシールを購入します。

 

 

③役所の担当課に連絡します。

 

 

④指定の場所に粗大ゴミを置いて回収してもらいます。

 

粗大ゴミを置く際に、縦長のスーツケースなど、捨てた鞄が自然(風など)や人為的な理由(ぶつかるなど)で倒れたりしないように置き方に気をつけましょう。

 

特に道路そばでは事故につながることもありますので注意が必要です。

 

スポンサーリンク

 

捨てる以外の処分方法

ブランドショップ買取り査定

高級バッグの場合、捨てるのではなく買取り査定に持っていきましょう。

 

汚れや臭いがひどいものは無理ですが、状態の良いものであれば高額査定も可能です。

 

高級バッグにはブランドとしての価値だけでなく、流行り廃りも価格に影響してきます。

 

頻繁にバッグを買い換える人は特に利用するのが最適でしょう。

 

オークション

鞄やバッグ類は、オークションなどでもよく取引されています。

 

出品手続きは難しくありません。

 

鞄・バッグの状態、出品物がブランド物であれば保管状態、それに加えて箱や購入時の証明書がついていれば、それだけ高い価値と信用の得られる取引になります。

 

寄付

海外支援の一環として不用品を送る活動を行っている団体があります。

 

日本の鞄やバッグは丈夫で素材が上質であるため、発展途上国などでは、なかなか手に入らない鞄やバッグは感謝されます。

 

送り方は簡単で、団体に連絡して送り状で寄付したい鞄などの荷物を支援団体に送付するだけです。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク