【不凍液の捨て方】ゴミとしての分別方法や処分方法を紹介!


スポンサーリンク

 

本記事では、不凍液の様々な処分方法を紹介しています。

 

ゴミとしての分類

 

プロピレングリコールなどの不凍液を捨てるには、液体は不要な新聞紙や古紙に含ませて『燃えるゴミ』として分類し回収している自治体が一般的です。

 

不凍液の容器はその素材によって捨て方は異なります。

 

プラスチック・ビニール製のものは『燃えるゴミ』、金属製のものは『燃えないゴミ』として分類しましょう。

 

細かい規定についてはそれぞれの自治体で異なることがあります

 

必ずお住まいの自治体のホームページで確認をしましょう。

 


スポンサーリンク

 

ゴミとしての捨て方

燃えるゴミ

不凍液は使い切ってしまうのが一番ですが、不要であれば古紙に吸収させて捨てることができます。

 

作業する際は、軍手やビニール袋を着用するようにしましょう。

 

小さなお子さんが誤飲してしまわないように、離れた場所で作業することがおすすめです。

 

燃えるゴミ・燃えないゴミ

不凍液の容器を燃えるゴミ・燃えないゴミとして捨てるには、自治体で決められたゴミ袋に入れて決められた日時に捨てるようにしましょう。

 

中身が入っているままだと、ゴミを収集する方の負担になったり、回収してくれなかったり、最悪の場合液体が漏れてしまったら不審物として通報されてしまう可能性もあります。

 

必ずマナーやルールを守って捨てるようにしましょう。

 

クリーンセンターに持ち込み

不凍液はクリーンセンターに持ち込み処分することもできます。

 

中身が入ったまま持ち込むことができますが、その場で分別することになりますのでご注意ください。

 

クリーンセンターでは、処分品の重さで料金が決まっており10㎏数百円が相場で掛かります。

 

クリーンセンターによっては軽トラックの貸出を行っている所があるので、処分する不凍液が多い場合や車を所有されていない方は利用しましょう。

 

貸出を希望される方はクリーンセンターに電話で問い合わせをするか、ホームページで貸出しているかどうかを確認しましょう。

 

また貸出可能な場合は、レンタル費用がかからなくてもガソリン代を自己負担としている場合が多いのでご理解の上、サービスを利用するようにしましょう。

 


スポンサーリンク

 

捨てる以外の処分方法

ガソリンスタンドで処分

ガソリンスタンドで不凍液の処分をすることができます。

 

費用がかかってしまう場合もありますし、行きつけのガソリンスタンドではサービスしてくれるかもしれません。

 

お近くのガソリンスタンドにホイールの処分が可能か問い合わせをしましょう。

 

不用品回収業者や産業廃棄物取扱業者に依頼

不用品回収業者や産業廃棄物取扱業者に依頼し不要な不凍液を処分することができます。

 

業者によっては無料で引取をしてくれる場合もありますにで、費用を抑えたい方は複数の業者を比較してみましょう。

 

業者に依頼すれば、自宅まで回収しに来てくれるため手間を掛けずに処分することが可能です。

 

また不用品回収業者や産業廃棄物取扱業者では、中身が入ったままでも回収してくれるため楽に処分できる方法です。

 

それぞれの店舗は、地元情報掲載誌や新聞紙、インターネットなどに情報が載っていますので調べてみましょう。

 

また、公益社団法人全国産業廃棄物連合会のホームページで、お住まいの近くの産業廃棄物処理業者を調べることができますのでぜひご利用ください。

 

車のリサイクルショップで買取

カー用品やバイク用品に特化した買取を行っているアップガレージでは、自動車用の不凍液であれば買取を行っています。

 

日本最大級のカー用品やバイク用品を扱っていることから、知識豊かな専門スタッフが在中しているため実績も豊富で安心して利用することができます。

 

店頭査定やインターネット査定が無料で、宅配買取もアップガレージが負担してくれます。

 

不要な不凍液はアップガレージでの買取をおすすめします。

 

オークションサイトでの販売

『ヤフオク』などのオークションサイトで、不凍液を出品している方が多いです。

 

また、フリマサイトよりもオークションサイトの方が男性の利用者率が高いと言われているのでおすすめです。

 

ヤフオクを利用するには、インターネット上でまずYahoo!JAPAN IDを取得し、個人情報を登録します。そ

 

して、不凍液の写真を撮影し情報を記載して出品が完了です。

 

ヤフオクは日本最大規模のオークションサイトなので、どなたでも安全に安心して利用することができます。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク