【農薬の処分・廃棄方法】捨て方(家庭、業者、農協など)や料金を紹介!



 

その方に処分を依頼することも出来ますので、お近くの農家さんに問い合わせをしてみましょう。

 

農業を営まれている方に譲る

使用期限に満たしていない農薬は、農業を営まれている方に譲ることも出来ます。

 

農薬を処分するには費用がかかってしまいますので、無料で処分されたい方におすすめです。

 

また、農薬を購入する場合は農業仲間と共有すると無駄なく使い切ることができますね。

 

地元の情報掲載誌での呼びかけ

費用を掛けずに農薬を処分したい方は、地元の情報掲載誌を利用してみましょう。

 

掲載料もかからず情報を載せることができとても便利です。

 

そして地元の方向けに情報を発信することができるので、地元で農業をされている方の目にも止まりやすくなります。

 

地元の方であれば、引き渡しにも費用はかからず農薬を処分することができます。

 

情報掲載誌を利用する際は、掲載元に依頼をして情報を載せて貰いましょう。

 

また、近年では若い世代にも家庭菜園や田舎暮らしでの自給自足の生活が人気が非常にあります。

 

若い世代をターゲットに情報を発信したい場合はインターネットも利用しましょう。

 

地元の情報に特化し記載している『ジモティー』さんのホームページを利用してみましょう。

 

同じように無料で情報を載せることができます。

 

誌面とネットの両方に情報を載せる場合につきましては、ダブルブッキングなどのトラブルを防ぐため連絡をもらっても貰い手が見つかっている場合があるということを注意書きしておくと丁寧でスムーズな対応をすることができます。

 

一般廃棄物取扱不用品回収業者に依頼

一般時廃棄物収集業者は、行政から許可を受けており農薬などの不用品を回収してくれます。

 

不用品回収業者に依頼すると、自宅まで来てくれますので農薬を運搬する必要がなく引取をしてくれることがメリットとしてあげられます。

 

また、業者によっては無料で引取をしてくれる場合もございます。

 

手間を掛けず無料で農薬を処分したい方は、一般廃棄物を取り扱っている不用品回収業者に依頼されることをおすすめします。

 

『ご家庭なんでも応援隊』さんでは、栃木県を中心に、神奈川県・千葉県を除いた関東や福島県・新潟県・山形県にお住まいの方なら、使用済や期限切れの農薬を回収してくれます。

 

その他の地域の不用品回収業者は、地元情報掲載誌や新聞紙、インターネットなどに情報が掲載されていることが多いのでご覧になってみてください。

 

その際は、必ず一般廃棄物を取り扱っているかどうかを確認してから依頼をしましょう。