【風呂の蓋(ふた)の捨て方】ゴミとしての分別方法や出し方、廃棄・処分方法を紹介!

スポンサーリンク

 

本記事では、風呂蓋のゴミとしての分別方法捨て方様々な処分方法を紹介しています。

 

ゴミとしての分類

粗大ゴミ

風呂の蓋(ふた)は、基本的に粗大ゴミとして分類します。

 

家庭用の多くはサイズが大きいものがほとんどであるためです。

 

主に、自治体のルールで定められたサイズに達していた場合や指定袋に入らない場合に粗大ゴミ扱いとなります。

 

サイズ自体は、50cm辺のところもあれば30cmのところもあるなど、お住まいの地域で異なるので確認が必要です。

 

燃えるゴミ

木材やプラスチックでできた一定サイズ以下の風呂の蓋は、燃えるゴミでの処分となります。

 

一部の地域では、プラスチックゴミに分別されることがあります。

 

不燃ゴミ

燃えるゴミに分別できない粗大ゴミサイズ以下の金属製の風呂の蓋は、不燃ゴミになります。

 

また、まれに自治体の中にはプラスチック製の蓋を燃えるゴミやプラスチックゴミではなく、不燃ゴミの分類に該当することがあるので、お住まいの地域がどのゴミ分類になるかは事前に確認しましょう。

 

スポンサーリンク

 

捨て方

粗大ゴミ

◆必要なもの

・粗大ゴミシール(処理券)

 

・ひも

 

◆手順

①処分する風呂の蓋を捨てやすいようにまとめます。ロールタイプであれば、丸めて小さくします。

 

 

②ひもで縛って広がらないようにします。

 

 

③粗大ゴミシール(処理券)を購入して、貼り付けます。

 

 

④電話で粗大ゴミセンターに連絡し、指定の場所に回収時間前までに出します。

 

ポイントは、しっかりとひもで縛っておくことです。

 

ゆるいと、蓋が周囲に広がりかねないので注意しましょう。

 

燃えるゴミ

◆必要なもの

・カッター、専用の大型はさみ

 

・チャッカマン(ライター)

 

・ノコギリ

 

◆手順

①風呂の蓋が粗大ゴミのサイズより小さいか確認します。

 

 

②指定のゴミ袋に入れて回収ステーションに捨てます。

 

■蓋が大きいサイズの処理手順

①風呂の蓋が粗大ゴミのサイズより大きいことを確認します。

 

 

②プラスチック製で、カッターで継ぎ目部分をカットします。

 

縦だけではなく横も大きさにひっかかるときは、ホームメイド用の大型はさみを使ってカットします。

 

木製品の場合は、のこぎりで正方形に小さく切断します。

 

 

③横の切断面があれば、チャッカマンの火であぶって溶かします。

 

これで切断面を安全にします。

 

どの素材でできているか注意し、燃やして大丈夫か確認しましょう。

 

木製品の場合は特にすることはありません。

 

④後は指定のゴミ袋に入れて捨てます。

 

燃えるゴミでプラスチック製の蓋を捨てる際の注意点があります。

 

それは切断面が鋭利になりやすいことです。

 

そのまま切断面を処置せずに袋に入れてしまうと、接触面が破れてしまったり、怪我してしまうことがあるので気をつけましょう。

 

不燃ゴミ

不燃ゴミは、特に処置を行うことなく捨てます。

 

金属製でサイズが大きい場合、溶接などで切断するという無理なことはせず粗大ゴミにそのまま捨てます。

 

目安としては不燃ゴミ(地域によっては埋め立てゴミ、破砕ゴミ等)の指定袋に入れて上を縛れるかで判断します。

 

後は燃えるゴミ同様に決められた時間と場所に出し回収してもらいます。

 

スポンサーリンク

 

捨てる以外の処分方法

リサイクルショップ

風呂の蓋でまだ未使用の場合、リサイクルショップなどで買取りを依頼することができます。

 

風呂桶ではなく蓋の場合、使用済みや中古は買い取ってもらえないことが多いです。

 

実際、中古品購入で使用済みの風呂蓋を買いたいという人は少ないでしょう。

 

買取り額は低いことが多いため、はした金で引き取ってもらうくらいの感覚がよいでしょう。

 

安ければ数十円で、数百円台ともなれば成果としては十分といえます。

 

ヤフオク・フリマアプリ

ヤフオクやフリマアプリなどでもリサイクルショップ同様に売ることができます。

 

ただし、大きい蓋の場合など含めて、運搬費用がかかる点など売り手にとっては不利になることが多々あります。

 

相場としては数百円~千円ちょっとのものがほとんどのため、リサイクルショップよりはましですが、コストパフォーマンスの面からすると売る利点が少ないかもしれません。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク