【押し洗いのやり方】手洗いから脱水方法を詳しく紹介!洗濯機で洗うのはOK?

スポンサーリンク

 

ニットやセーター、カシミヤ、シルク素材などのデリケートな洋服のお手入れ方法って悩みますよね。

 

「クリーニングに出すべき?」「自宅でお手入れ出来るの?」

 

そんなお悩みも押し洗いをマスターすれば解決です!

 

本記事では、大切なお洋服をもっと気軽に楽しむため、押し洗いのやり方を詳しくご紹介します。

 

押し洗いとは

特徴

汚れがひどい時やお洗濯物が少量のときなど、手洗いをしたことがある人も多いかもしれません。

 

手洗いといっても種類は様々で、お洋服や状態に合わせて使い分ければ生地を痛めず自宅でお手入れができます。

 

衣類全体を手洗いする方法

◆押し洗い

お洋服を洗剤液の中で、軽く上から押さえて洗います。

 

洗剤液が繊維の中をしっかり通って汚れを落とすので、型崩れを防ぎながら汚れを落とすことができます。

 

生地を擦ったりしないため負担をかけず優しく洗うことができます。

 

◆アコーディオン洗い

シフォン素材のブラウスやシルクのスカーフなど、薄手のデリケート衣類を手洗いする際にオススメなのがアコーディオン洗いです。

 

洗剤液の中を泳がすように洗うため、シワのつきやすい薄手の生地も優しく洗うことができます。

 

◆振り洗い

スカーフなどの薄手の衣類はもちろん、ブラジャーなどの凹凸のある立体的なものの手洗いにもオススメです。

 

洗剤液の中で優しく振るようにして洗い、汚れを落とします。

 

生地同士が擦れ合ったり圧がかからないので、シワや型崩れ防止に効果的です。

 

◆つけ込み洗い

汚れの少ないデリケートなお洋服は、一番負担のかからないつけ込み洗いがオススメです。

 

洗剤液につけ込み汚れを溶かし落とします。

 

擦ったりもんだりを全くしないので、手洗いの中で最も優しくお手入れのできる方法です。

 

衣類の一部分を手洗いする方法

◆つかみ洗い

洋服の袖口など一部分が汚れてしまったときは、つかみ洗いで汚れを落としましょう。

 

洗剤液に汚れてしまった部分を浸し、手全体でやさしく握るようにして洗います。

 

◆もみ洗い

綿や麻素材など、摩擦に強い素材にはもみ洗いがオススメです。

 

汚れた部分を洗剤液に浸し、両手で強く揉んで洗います。

 

靴下の泥汚れやTシャツの食べこぼしなど、普通に洗濯するだけでは落とせない頑固な汚れも落とすことができます。

 

◆たたき洗い

ニットなどデリケートな素材の頑固な汚れにはたたき洗いがオススメです。

 

ダメージを与えると縮んだりしてしまうので、洗剤をつけたスポンジなどでシミや汚れの部分を軽く叩き洗います。

 

◆つまみ洗い

ごく小さなシミなどには、指先で摘んで汚れを落とすつまみ洗いが最適です。

 

生地のダメージを最小限に押さえ、汚れを落とすことができます。

 

つまみ洗いの際は生地同士を擦り合わさいよう、指先でつまんだり優しく擦ったりして洗います。

 

押し洗いに適しているもの

手洗いで一番幅広く使える方法押し洗いです。

 

お洋服についている洗濯表示の表記が手洗いとなっているものには押し洗いが適しています。

 

洗濯機では伸びたり縮んだりしてしまうニット類や、色落ちや色移りの心配のある衣類、シワやほつれなどに注意が必要なシルクやシフォンなど、デリケートな素材のものまで幅広いものの手洗いに活躍します。

 

スポンサーリンク

 

押し洗いのやり方

 

 

覚えておくととっても便利な押し洗い。

 

お家にあるもので簡単に出来るので、ぜひこの機会にやり方をマスターしましょう。

 

 

洗剤などの用意するもの

 

・おしゃれ着用洗剤

・洗濯ネット

・洗面器

 

以上3点のみです。

 

通常、洗濯機でお洗濯する際に使う洗濯洗剤は、弱アルカリ性で洗浄力が高く、皮脂汚れなど日常のお手入れにはぴったりです。

 

しかし、その分生地にかかる負担も大きくなるため、手洗いをするようなデリケートな衣類の時には中性のおしゃれ着洗い用洗剤を使いましょう。

 

 

やり方

 

①まず初めに洗濯液を作ります。

 

洗面器に水を張り水量にあった洗剤を投入します。

 

素材によっては熱に弱く縮んだりしてしまう素材もあるため、または40度以下のぬるま湯で押し洗いをしていきます。

 

デリケートな素材は温度変化によってもダメージを受けてしまうので、最初から最後まで一定の水温を保つようにしましょう。

 

 

②汚れた部分が外にくるようにたたみ、洗剤液に浸します。

 

 

③手のひら全体を使い、優しく押したり浮かせたりを20~30回繰り返します。

 

擦ったり揉んだりしないよう優しく押さえるようにするのがポイントです。

 

 

④洗濯機で脱水をしていきます。

遠心力で衣類に負荷がかからないよう、必ず洗濯ネットに入れて脱水します。

 

脱水時間が長くなりすぎると生地を痛める原因になるので、30秒ほどに止めましょう。

 

 

⑤洗面器にきれいな水を張り、再度押し洗いを繰り返しすすぎをします。

 

水を変え2~3回繰り返し洗剤をしっかりと落としましょう。

 

 

⑥再度洗濯機で脱水をします。

 

この時も洗濯ネットに入れて30秒を目安に脱水にかけます。

 

 

⑦伸びや型崩れを防ぐため平干しをします。

 

【平干しのやり方】絶対に憶えておきたい平干しの方法を紹介

 

色あせが気になるお洋服の場合は陰干しがオススメです。

 

【陰干し・天日干しとは?】それぞれの効果とやり方を紹介

 

柔軟剤を入れる場合

柔軟剤を使う際は、1番最後のすすぎの時に分量を水に溶かして使用します。

 

柔軟剤は良い香りを楽しむのはもちろん、速乾性や繊維をコートしてダメージから守ってくれたり、消臭など様々な効果がありますので、洗い流さないよう必ず最後に使用しましょう。

 

脱水方法

押し洗いの方法では洗濯ネットに入れ洗濯機で脱水をとご紹介しましたが、型崩れや伸びなどダメージが心配な方は、更に優しい脱水の方法で衣類を守りましょう。

 

◆バスタオルを使って洗濯機で脱水

洗濯ネットにお洋服を入れる際、バスタオルに挟んだ状態で入れ脱水をする方法もあります。

 

脱水の遠心力によるダメージを分散させ、衣類への負担を低減します。

 

◆洗濯機を使わずバスタオルで脱水

一番衣類に負担をかけず、ダメージレスで脱水をするには、洗濯機を使わずバスタオルで挟んで脱水をします。

 

厚手のバスタオルを用意し、衣類シワにならないよう伸ばして挟み、上から手のひらで押さえたり軽く叩くようにして水気をとります。

 

水が滴り落ちない程度まで水気が取れれば完了です。

 

洗濯機で押し洗いはできるのか?

 

「お洋服も大切にしたいけど、お洗濯に時間はかけられない」という方には、洗濯機でのドライコース手洗いコースもオススメです。

 

弱流水で優しく手軽にお手入れをすることが出来ます。

 

通常のお洗濯と比べ摩擦によるダメージが軽減できるので、時間がない時には洗濯機に頼るのも良いかと思います。

 

ただやはり、手洗いの押し洗いと比べるとダメージを受けやすく、縮んだり型崩れのリスクは高まります。

 

それぞれにメリット、デメリットがあるので、お洋服や素材にあわせて臨機応変に、洗濯機、手洗い、クリーニングを使い分けるのがよいでしょう。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

◆押し洗いは、幅広い素材・種類の衣類をお洗濯できる便利な手洗い方法

 

◆押し洗いは、オシャレ着用洗剤を加えた水またはぬるま湯の中で、押したり浮かせたりする。

 

◆脱水は、洗濯ネットに入れて洗濯機で30秒脱水する

 

◆厚手のバスタオルで挟んでドライする方法もある

 

◆洗濯機で洗う場合は、記事への負担を覚悟した上で、弱水流のコースに設定し洗う。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク