【ヨトウムシ対策】効果的な退治・駆除方法を紹介


スポンサーリンク

 

大切に育てている野菜や植物。

いつものように様子を見に行ったら、葉が食べ散らかされてボロボロ…

 

慌てて犯人を捜すけれど、それらしい虫は見当たらない。

そんなこと、ありませんか?

 

もしかするとヨトウムシの仕業かもしれません。

 

ヨトウムシって?

スポンサーリンク

 

あまり聞きなれない名前ですが、ヨトウムシはヨトウガの幼虫です。

また、ハンモンヨトウシトシタヨトウなども、まとめてヨトウムシと呼ばれています。

 

漢字で書くと「夜盗虫」。

その名の通り、夜になると一斉に地上に出てきて活動を始めます。

昼間は土の下に潜っています。

 

ヨトウムシの特徴

 

体長は15~20mm、体の色は黒や灰色

種類によっては、若緑色で30mm~50mmになるものもいます。

 

春と秋に産卵する

一度に産む卵の数はなんと1,000~3,000個。葉の裏にビッシリと産みつけます。

 

野菜はもちろん、バラやガーベラなどの葉まで、幅広く食べる

 

春生まれのヨトウムシは夏にサナギになり、秋に成虫になる

秋生まれのヨトウムシは冬にサナギになり、春に成虫になります。

 

葉を食べる幼虫、卵を産む成虫ともに、春と秋が要注意、というわけですね。

 

ヨトウムシを放っておくと?

スポンサーリンク

 

姿が見えないので仕方ない

と放置しておくと、葉皮や葉脈を残して食べ尽くされてしまいます。

 

さらに、新芽を好んで食べるため、成長が止まり枯れてしまうことも…

そんな悲しいことは絶対に避けたいですよね。

 

では、それを踏まえて、ヨトウムシの退治・駆除・対策方法をご紹介します。

 

幼虫の退治・駆除方法

 

まずは、更なる被害を食い止めるため、幼虫の退治・駆除方法をご紹介します。

 

手作業で退治・駆除する

上記の通り、ヨトウムシは夜活動します。

可能なら、夜に見に行ってみましょう。

 

むしゃむしゃと葉を食べている姿を発見したら、割りばしやピンセットで捕まえて退治します。

「掴むのはイヤ!」という方は、葉や茎ごと切り取って駆除しましょう。

 

また、夜は都合が悪い方は、野菜の根本の土を掘り返して探してみましょう。

 

殺虫剤で退治・駆除する

ヨトウムシの駆除には、「オルトラン水和液」などが効果的です。

他の益虫をまきぞえにしないために、ヨトウムシにだけ効果があるものを選びましょう。

 

また、土の中の幼虫には、誘殺剤を置いておくのも有効です。

 

米ぬかでおびきよせて退治・駆除する

殺虫剤を使いたくない方におすすめなのが、こちらの方法です。

ヨトウムシの好物である米ぬかを用意し、つられてやってきたところを捕獲し、処分します。

風や雨が当たらないところに置いておきましょう。

 

幼虫が育てば育つほど、食べる量が増え、被害が大きくなります。

早めに退治・駆除するようにしましょう。

 

成虫の卵の対策方法

 

さて、幼虫を駆除しつつ、欠かせないのが成虫の卵の対策です。

 

卵を産みつけられ孵化したら、また同じことの繰り返しです。

夏に大量発生するおそれもありますので、腰を据えていきましょう。

 

産みつけられていないかこまめにチェックする

まずは、葉の裏に卵がすでに産みつけられていないかチェックします。

 

大きさは0.6mm、おまんじゅうのような形で、数十個~数百個の塊になって張り付いています。

産卵直後の色は淡黄色ですが、孵化直前には黒い紫色に変わります。

 

発見したら、葉ごと切り取って処分しましょう。

 

ネットで予防

そして、卵を産みつけられないよう、春と秋にはネットをかけておきましょう。

ベランダのプランターや鉢植えも、支柱を立て、かけておいたほうがよいです。

 

また、防虫剤で予防すると更に効果的です。

 

 

姿が見えないぶん少々厄介なヨトウムシ。

しっかり対策をして、大事な野菜や植物を守ってあげましょう!

 

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク