【ネキリムシ対策】ネキリムシの駆除方法を紹介

スポンサーリンク

ネキリムシの生態

 

 

姿

4㎝ほどのイモムシ状の幼虫です。

 

総称

カブラヤガ、オウカブラヤガ、タマナヤガなどの蛾や、コガネムシ、コメツキムシ、キリウジなどの幼虫の総称です。

苗の根元をかじる被害から、「根切り虫」という呼び名がつけられました。

 

好む場所

野菜の苗を特に好みますが、草花や樹木にも影響を与えます。

対象とする植物の幅が広いです。

 

期間

地域にもよりますが、植物の生育する期間の5月から10月頃に発生しやすいです。

越冬期は幼虫やさなぎで過ごします。

 

習性

夜行性です。

昼間は土中に潜んでいることが多いので発見が遅くなります。

 

小さいうちは葉や茎をかじるくらいですが、大きくなると地面近くの茎をかじって切断してしまいます。

 

 

ネキリムシの被害と対策

スポンサーリンク

 

被害

ネキリムシは苗の根元を噛み切るので、植物が枯れてしまいます。

ただし、成長した苗は茎が固いので噛み切ることができません。

 

茎が柔らかいうちの苗には対策が必要です。

 

対策

成長した苗を植える

ネキリムシが噛み切ることができない茎まで成長している苗を植えつけます。

本葉4枚以上が目安です。

 

雑草を残す

雑食性という生態をおさえて、苗の周りにネキリムシが食べられる雑草を生やしたままにしておくのも一つの対策です。

 

根元に近づけさせない

物理的に苗の根元にネキリムシが近寄れないようにするのも効果的な対策です。

 

ストロー

茎が細めの苗であれば、ストローが利用できます。ネキリムシの体長より長く切ったストローを用意します。縦に一筋切り目を入れて、そこから茎にはめます。

 

ペットボトル

太めの茎の際にはペットボトルを用意しましょう。

 

苗の根元を覆うことができるくらいの長さに輪切りをします。

ネキリムシが侵入できないように、苗を覆うように設置して対策します。

 

ダンボール

ダンボールでも代用できます。

根元を覆うことができる大きさに切り、筒状にして苗を守りましょう。

 

ネキリムシの退治と駆除方法

スポンサーリンク

 

捕獲

夜行性なので、昼間は土中に潜っています。

ただし、ネキリムシは浅い場所にいるので見つけやすい虫です。

 

被害の出た苗の根元を少し掘って探します。

見つけたら捕獲して別の場所へ逃すか退治します。

 

米ぬか

昔ながらの方法として米ぬかを使った駆除方法があります。

 

苗の根元に近づけさせないイメージで、苗を囲むようにして米ぬかをまいておきます。

野菜など農薬の使用が気になる場合、試してみましょう。

 

農薬

駆除方法としては効果的です。

農薬が気になる植物には、作物へも使える殺虫剤がいいでしょう。

ダイアジノン粒剤デナポンなどがあります。

 

年2回使用してネキリムシが近づけないように対策をします。

時期としては、発生より前の4月〜5月の間と、8月〜10月の間が適しています。

 

さいごに

 

大事に育てた植物が倒れていたらショックですよね。

 

ネキリムシは夜行性なので、存在に気づくのが遅くなりがちです。

根元付近の土が盛り上がっていたり、根元が傷ついたりしていないか観察してみましょう。

 

また、苗が小さいうちは、雑草や囲いなどであらかじめ対策をしておくと被害が出ません。

早いうちに手を打つことが大切なので、日頃の観察、見つけたらすぐに駆除、を心がけましょう。

 

駆除方法は作物の種類や状況に合わせて選ぶといいですね。

 

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク