【カミキリムシ対策】幼虫・成虫の退治・駆除・予防方法

スポンサーリンク

 

ぴょっこりと長い触角。

色や模様もさまざまで、昆虫採集にも人気のカミキリムシ

 

ですが、実は樹木にとっては害虫なんです。

 

今回はそんなカミキリムシの退治・対策方法についてご紹介します。

 

カミキリムシの害って?

スポンサーリンク

 

カミキリムシは、その名の通り髪の毛を噛み切るほどの強いアゴを持っています。

そのアゴで、木に穴をあけ、卵を中に産みつけます。

 

孵化した幼虫がまた、アゴで木の中を食べ

その木を枯らしてしまったり、倒してしまうことまであるのです!

 

また、ほぼ全ての種類の樹木が被害に遭います

森林や果樹園はもちろんのこと、街路樹や庭に生えているバラなどの花まで…

 

長年大切に育ててきた木を住処にされてはたまったものではありません。

 

さらに厄介なことに、カミキリムシは退治が難しい昆虫です。

カミキリムシの成虫に劇的に効く殺虫剤というものは今のところありません。

 

また、幼虫も木の中に潜っているので非常に見つけ辛いです。

 

気付いたら手遅れだったということも珍しくないようです。

ですので、カミキリムシの対策には、早期発見・予防がとても重要です。

 

カミキリムシの退治方法

スポンサーリンク

 

成虫の退治方法

成虫はどこからともなく飛来します。

 

成虫がいるということは、これから卵を産みつけられる

またはすでに産みつけられている可能性があります。

 

一匹ずつ手で捕殺で退治しましょう。

噛まれないよう軍手など用意するのがおすすめです。

 

市販されているカミキリムシ用の殺虫剤で退治します。

 

育てている植物の種類や、収穫時期をみながら農薬で退治しましょう。

スミオチン水和剤ダントツ水溶剤などが有効です。

 

カミキリムシの中には殺虫剤に強い種類もいますので、手で捕殺が一番確実な退治方法かもしれません。

 

幼虫の退治方法

木の幹や枝に、1~2cmの穴を発見した場合や

おがくずのような排泄物を発見したときは、以下のように対処します。

 

殺虫剤を穴の中に噴霧して退治する。

長い針金ノズルがついているものが便利です。

 

針金を穴にさしこみ、幼虫を刺殺する。

 

木酢液に浸した綿を穴の中に詰めて退治する。

駆除が成功していれば、穴からおがくずはもう出ません。

時間を置いて確認しましょう。

 

食害にあった箇所は回復しません。

ですが、被害を小さく留めることによって、また元気に花を咲かせたり実をつけたりすることもあります。

 

成虫を見かけずとも、日ごろからチェックするのをおすすめします。

 

また、穴をあいたままにしておくと他の虫が寄生したり

雨水が溜まって腐るおそれがありますので、シリコンなどで塞ぎましょう。

 

カミキリムシの予防方法

 

カミキリムシは5~6月に羽化し、約10日後には産卵を開始します。

産卵期感は6~10月とされていますが、最盛期は6~7月です。

 

ですので、その期間は防虫ネットをかけておきましょう。

鉢植えは、上から不織布をかぶせておきます。

 

ネットをかけられない大きな樹木などは、根元周りに草木灰を散布します。

 

カミキリムシ用の薬剤が市販されていますので、定期的に散布しましょう。

 

カミキリムシは、弱っている植物に寄生します。

土壌などの様子を見、足りない栄養を与えてあげてください。

植物を元気に育てることも予防のひとつになります。

 

カミキリムシは地上50cmほどのところに穴を開けます。

その周辺に草が生い茂っていると、発見が遅れるおそれがあります。

 

周囲の草はしっかり刈っておきましょう。

 

 

カミキリムシの産卵数はおよそ200個

産みつけられた卵はたった7日間でふ化すると言われています。

 

成虫はどこからともなく飛んできますので、なかなか防ぐのは難しいです。

しっかり対策をして大切な樹木や植物を守りたいですね!

 

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク