【タバコシバンムシ対策】効果的な退治・駆除方法を紹介!


スポンサーリンク

 

お掃除などの際にふと畳を見ると小さな穴がいくつも開いていたことはありませんか?

それはもしかしたらタバコシバンムシの仕業かもしれません。

 

今回は食害で有名なシバンムシの駆除・退治・対策方法をご紹介します。

 

タバコシバンムシとは

スポンサーリンク

 

タバコシバンムシは小さな茶色の虫です。

乾燥したものが大好物で、小麦粉などの粉ものや菓子類、乾物、香辛料を食べてしまいます。

煙草の吸殻、ドライフラワーや畳などの植物性のものも食べる害虫です。

 

シバンムシ人体に直接影響はありませんが、大量発生するとシバンムシの幼虫に寄生するシバンムシアリガタバチがおびき寄せられることがあります。

 

シバンムシアリガタバチは人を刺します。

刺された傷口は痛いし、赤くなります。

 

食べ物にたかられると、とても不快だし買いなおさなきゃいけないため経済的にダメージがあります。

良いことは何一つ無いので見つけた時は早めにに退治・駆除してしまいましょう。

 

シバンムシは小さな虫のため、食害の跡はあるのに本体は見つからないということがあります。

そんなときはフェロモントラップを使います。

 

フェロモントラップとはシバンムシの性フェロモンを利用した罠

オスのシバンムシをおびき寄せることのできる道具です。

 

これをシバンムシが出そうなところに設置して

定期的にチェックすることで早期発見が可能です。

 

退治・駆除方法

 

■退治・駆除の基本はスプレー殺虫剤

タバコシバンムシが粉ものや、お菓子などにたかっていた場合はスプレー殺虫剤で退治して、袋ごと処分しましょう。

飛んでいる成虫はスプレー殺虫剤で退治しましょう

 

畳の中に住み着いている場合は殺虫剤で完璧に駆除することは難しいです。

買い替えるか、畳屋さんに依頼し畳を乾燥機で加熱してシバンムシを焼き殺してもらいましょう。

 

 

■シバンムシが大量にいる場合はバルサン

大量発生している時はバルサンを使いましょう。

 

ただし幼虫や卵は粉ものの中や畳の隙間に入っていると駆除できないことがあります。

ですので発生源を特定して、排除してから使うようにしましょう。

 

対策方法

スポンサーリンク

 

■餌となる食べ物の管理に注意する

シバンムシの対策方法は、食べられるものを室内に置いておかないことです。

シバンムシは嚙む力が強くビニール袋なども食い破ってしまいます。

 

なので粉ものや乾物など長期保存するものは袋を閉じるだけでなく、タッパーなどの密閉容器に入れて保存しましょう。

冷蔵庫で保存するのも良いです。

 

床や棚などは食品カスを放置しないように定期的に掃除をしましょう。

お米の細かい粉もシバンムシのエサとなるので要注意です。

 

灰皿の煙草の吸殻も溜め込まないで処分するようにしましょう。

 

苦手の匂いで対策

シバンムシはヒバやシソの香りが苦手です。

ヒバやシソの香りの精油を水または無水エタノールに混ぜて、畳にスプレーすると畳の食害を防ぐことができます。

 

また、畳の裏に粉末タイプの殺虫剤を撒くのも良いです。

ドライフラワーやポプリ、乾燥木材の置物などもシバンムシの住処となってしまう可能性があるので注意しましょう。

 

さいごに

 

シバンムシの食害は放っておくとどんどん広がります。

小さくて少ない数だからと油断せずに、徹底的に退治・駆除・対策をしていきましょう。

 

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク