【タオルの寿命】使用年数や交換の目安を紹介!バスタオルやマイクロファイバーも!

スポンサーリンク

 

本記事では、タオルの寿命や交換の目安を紹介しています。

 

寿命は何年?

タオル

タオルに定められた寿命はありません。

 

使用状況や人によってへたりや汚れは様々だからです。

 

しかし、タオル本来のふわふわとした肌触りが無くなったり、タオルの役割である吸水が感じられなくなる時が来ます。

 

それがタオルの寿命の目安です。

 

清潔に保つためには穴が開いていなくても、目立った汚れが無くても自分なりの寿命を決めることが大事です。

 

バスタオル

一部のホテルでは、洗濯30回するごとに変えるという目安があります。

 

ホテルでは利用頻度が高い為、洗濯30回という目安になりますが、ご家庭で洗濯30回で交換する人は中々いないと思います。

 

ご家庭での目安としては、

 

・体を拭いていて痛くなってきたら

 

・生乾きの臭いが取れなくなってきたら

 

・吸水性が悪くなってきたら

 

というのが大半を占めています。

 

寿命に決まりはありませんが、清潔に保ちたいものの1つですので、1年に1度変えるという決まりを作ってみてもいいかもしれません。

 

マイクロファイバータオル

マイクロファイバータオルの寿命は、一般的なタオルに比べて寿命が短いと言われています。

 

とても細い繊維を加工して吸水性や保湿性を高めた繊維で作られています。

 

汚れが落ちやすい性質を持っているのでお掃除には大変重宝します。

 

繊維が細ければ細いほど耐久性に弱い為、一般的なタオルよりも傷みやすくすぐにボロボロになってしまいます。

 

ホコリや汚れを吸着しやすいため、衛生面でも何度も繰り返し使用するのは避けた方が良いです。

 

安価な素材の為、使い捨てしている方が多いです。

 

スポンサーリンク

 

交換・買い替えの目安

臭い

洗濯後の生乾きの臭いが常にするようになったら交換や買い替えのタイミングです。

 

清潔に使いたいタオルが生乾きの臭いで気分台無しになります。

 

繰り返し洗うことで最初は取れていた臭いもなかなか取れなくなってきます。

 

洗濯したのに臭いが取れなくなってきたときは勿体ないですが交換しましょう。

 

ごわごわ

ある程度洗濯をしたタオルは、必然的に生地がごわごわしてきます。

 

どんなに高級なタオルでも、永遠にやわらかい手触りは保つことが出来ません。

 

人それぞれの加減にはなりますが、繊維が固くなりごわごわしてきた時は思い切って新しいタオルに交換しましょう。

 

カビ

タオルの表面に出来た黒いポツポツ。これは黒カビになります。

 

タオルの繊維の中にカビが繁殖している証拠になります。

 

漂白剤などでつけ置きして洗えば一見真っ白に回復しているかと思います。

 

しかし、カビは強いのですぐに復活します。

 

黒いポツポツが見えてきたら迷わず交換するべきです。

 

黒いポツポツがあるのにも関わらず使い続けると、皮膚にカビをくっつけているのと同じ状況です。

 

生地がへたる

タオルは何度も使ったり洗濯を繰り返しているうちに生地がへたります。

 

ふわふわで厚みのあるタオルも生地がへたればぺたっとしたタオルになってしまいます。

 

生地がへたることで吸水性や肌触りも失われてしまいます。

 

タオルの素材によって寿命は様々ですが、へたりはいつか必ず来ます。

 

捨てるのに抵抗がある人は、掃除などに再利用するのがオススメです。

 

変色

赤やピンク、オレンジなどに変色したタオルは菌が繁殖している証拠です。

 

タオルの寿命を知らせる合図として目安にする方も多いです。

 

黒いポツポツになる一歩手前の状況が変色です。

 

洗っても色が落ちなくなってきたら迷わず新しいタオルに変えましょう。

 

スポンサーリンク

 

寿命を縮めないコツ

 

タオルをふわふわに仕上げたいという意味で柔軟剤を使用する人が多くいます。

 

しかし、タオルに柔軟剤は使わない方がいいというのが正しい考えです。

 

確かに柔軟剤を使用するとふわふわに仕上がります。

 

柔軟剤は繊維をコーティングすることでこのふわふわとした肌触りを出しています。

 

繊維にコーティングするという事は、繊維に膜が張っている状況ですが、タオルの一番の役目である吸水性が邪魔される原因でもあるのです。

 

洗濯の際は、たっぷりの水でしっかりと洗剤を洗い流します。

 

脱水後はしっかりとしわを広げ、カラっと干せばタオル本来の柔らかさと吸水性を持続させることが出来ます。

 

臭いや生地のへたりなどで新しいタオルに交換したものの、捨てるにはもったいないと感じるタオルは次のように再利用可能です。

 

・雑巾やモップとして再利用

 

・シンクの水滴や排水口の掃除

 

・風邪や感染症の際の消毒

 

・ペットのトイレ掃除

 

いずれも小さめに切っておいて、その都度使い捨て出来るようにしておけばとても便利です。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク