【水筒の洗い方】カビや汚れの落とし方と消毒方法


スポンサーリンク

基本の洗い方のポイント

 

■分解する

水筒を洗うときはまず、外すことができるパーツは全て外します。

 

パッキンの位置や向きが間違っていると液漏れの原因となりますので

心配な場合は外す前に写真を撮っておくとよいでしょう。

 

■やわらかいスポンジ

水筒のボトルの内側には、サビ防止などのコーティングが施されている場合があります。

 

プラスチックやパッキンのゴムなども

傷がつくと菌の温床になったり

液漏れの原因になったりしますので、

やわらかいスポンジでやさしく洗いましょう。

 

ボトルの内部を洗う場合は、柄付きのスポンジが便利です。

無い場合には、小さいスポンジを菜箸の先に挟んで輪ゴムで止めて即席の柄付きスポンジを作っても良いでしょう。

 

■食器用洗剤

普段水筒を洗うときには、食器用洗剤で十分です。

しかし水筒は飲み物を直接入れますので

あまり匂いが強い洗剤を使うと洗剤の匂いが残る場合があります。

 

心配な場合は無香料の洗剤を使いましょう。

 

■しっかり乾かす

しっかりと水ですすいだら

外側に水が長時間ついているとサビの原因になりますので

すぐ水気を拭き取りましょう。

 

内側は、逆さにふせて置いておきましょう。

 

すすぎ終わりに熱めのお湯を全体にかけることで

水切れが良くなり乾きやすくなります。

 

重曹をプラスして洗う

スポンサーリンク

 

基本的には食器用洗剤をつけてスポンジで洗うだけで十分ですが

よりきれいに洗う場合には重曹を使ってみましょう。

 

〈ボトル〉

①ボトルに熱めのお湯を入れる

 

②小さじ1杯の重曹を入れる

(汚れが気になる場合は小さじ3杯から6杯に増やしましょう)

 

③フタをしてボトルを振る

(汚れが残っていたらそのまま1時間ほど置いておく

 

④しっかりすすいで、よく乾かす

 

〈パッキン・中フタ〉

①タッパー容器に水と重曹を入れ、パッキンと中フタも入れる

 

②タッパーのフタをして20秒ほど振る

 

③しっかりすすいで、よく乾かす

 

④熱湯消毒

ステンレスボトルに熱湯を注いで置いておくだけでも殺菌効果が期待されます。

 

しかしプラスチックは変形の恐れがありますので

熱湯にあてないようにしましょう。

 

パッキンなどのゴムは、耐熱温度を確認して行うようにしましょう。

 

頑固な汚れを落とすには

スポンサーリンク

 

■茶しぶ・ニオイ・カビ

重曹では落とすことができなかった汚れには、酸素系漂白剤を使いましょう。

 

〈フタ・パッキン〉

お使いの酸素系漂白剤を所定量溶かし、30分を目安につけ置きします。

 

終わったらしっかりとすすいで乾かします。

 

〈本体ボトル〉

本体ボトルの中に、所定量溶かした酸素系漂白剤を入れ

30分つけ置きし、しっかりとすすぎます。

 

フタやボトルの外側に漂白剤がつかないように気を付けましょう。

 

塩素系の漂白剤を使ってしまうと、ステンレスがサビますのでやめましょう。

 

■赤いサビ

水道水に含まれる鉄分が付着して

赤い斑点のサビがつくことがあります。

 

ボトルにぬるま湯を入れ、お酢を10%の濃度になるように入れます。

 

30分ほど浸けておくと取れます。

 

■白い汚れ

水道水に含まれるミネラル分が付着して

ボトル内が白くザラザラとした汚れがつくことがあります。

 

ボトルにぬるま湯を入れ、クエン酸を2%の濃度になるようにいれます。

 

フタはせず3時間ほどおきます。

 

直接触れるものだから

 

水筒は直接口に触れたり、飲み物を直接いれたりするものです。

 

毎日洗っていても、どんどん汚れは溜まっています。

汚れを放っておくと、食中毒になる恐れもあります。

 

日頃のお手入れはもちろん、定期的にきちんと洗ってお手入れをして

より清潔に安心して使うことができるようにきれいに保ちましょう。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク