【たこ焼き器の洗い方(非着脱式対応)】


スポンサーリンク

 

家電量販店で購入出来て、手軽に楽しめるようになったたこ焼き器。

 

たこ焼き以外にも鈴カステラやアヒージョなど楽しみ方は色々ありますよね。

ですが、特殊な形で洗い方や掃除方法がわからないという方も多いのではないでしょうか。

 

今回はそんなたこ焼き器の洗い方をご紹介します。

 

着脱式たこ焼き器の洗い方

 


スポンサーリンク

 

金属部分のプレートを外すことができるのが、着脱式たこ焼き機です。

 

たこ焼き器のプレートにも素材別の種類があります。

素材に合わせた洗い方でお掃除しましょう。

 

テフロン加工(フッ素樹脂加工)

テフロン加工のされているたこ焼き器は、プレートが冷めてから、洗いましょう。

 

熱いプレートに水を注いでしまうと、テフロン加工が剥がれてしまうことがあるので注意しましょう。

 

■使用するもの

  • ぬるま湯
  • 食器用洗剤
  • スポンジ

 

■洗い方

①洗剤を溶かしたぬるま湯にプレートを浸けます。

汚れが酷いときや焦げているときは、浸け置きする時間を長くしましょう。

 

②汚れが落ちやすくなったら、スポンジで優しく拭き取るように洗います。

テフロン加工が傷ついてしまうのでたわしや金属たわし、クレンザーは使わないようにしてください。

 

③水ですすぎいで洗い終わったら、水滴が残らないように水分を拭き取ります。

水滴が残ると水垢になってしまうので、しっかりと拭き取りましょう。

 

鉄製

加工が施されていない鉄製のたこ焼き器は、基本的に洗剤は使えません。

 

洗剤を使って洗ってしまうと、プレートに染み込んでいる油分が分解されて、次に使う時に食材がプレートにこびりついてしまいます。

 

目立った汚れがないときは、食材のカスを取り除いて、キッチンペーパーで拭く程度で良いです。

 

汚れが酷いときは、洗剤を使わずにぬるま湯で洗いましょう。

 

■使用するもの

  • スポンジまたはキッチンペーパーや新聞紙
  • ぬるま湯
  • サラダ油

 

■洗い方

①ぬるま湯ですすぎながら、スポンジで汚れをこすり落とします。

 

②洗った後はプレートを本体にセットし、空焚きして水気を飛ばします

 

③水分が完全に飛んだら、サラダ油をキッチンペーパーで薄く塗りましょう。

 

鉄製のたこ焼き機は、たわしや金属たわしで洗っても問題ありません。

ただし、たわしで傷がついた部分からサビていくので、最後にサラダ油を染み込ませるようにしてください。

 

保管する時は新聞紙など、汚れてもいい紙で包んでから保管しましょう。

 

非着脱式たこ焼き器の洗い方

 


スポンサーリンク

 

比較的安価で買える非着脱式たこ焼き器ですが、お手入れは少し手間がかかります。

 

テフロン加工(フッ素樹脂加工)

■使用するもの

  • キッチンペーパーや新聞紙
  • ぬるま湯
  • サラダ油

 

■洗い方

①食材のカスを箸やキッチンペーパーを使って取り除きます。

 

洗剤を使う時は、キッチンペーパーなどに洗剤を染み込ませてプレートを拭きましょう。

その後に、しっかりと洗剤を拭き取ります。

 

②次に、プレートが完全に冷めてから、穴の半分くらいまで水を注ぎます。

 

③水を注いだら、再度たこ焼き器の電源を入れて水を沸騰させましょう。

テフロン加工は空焚きすると劣化してしまうので注意しましょう。

 

電源を入れたまま水を直接注ぐとプレートが急に冷え、テフロン加工が剝がれやすくなってしいます。

必ず一度冷ましてから水を注ぎましょう。

 

④水が沸騰して汚れが浮いてきたら、キッチンペーパーで汚れごと水分を拭き取ります。

拭き取るときは火傷しないように注意しましょう。

 

箸を使ってキッチンペーパーを動かすと安全に拭き取ることができます。

 

鉄製

鉄製のプレートは洗剤を使って洗う必要はありません。

 

食材のカスを箸やキッチンペーパーを使用して取り除き、軽く拭くだけにしましょう。

 

汚れが酷いときは、水を注いで熱します。

 

①プレートに水またはお湯を入れて、沸騰させます。

 

②沸騰して汚れが浮いてきたら、キッチンペーパーで拭き取ります。

このとき、火傷しないように注意しましょう。

キッチンペーパーを箸でつまんで拭くと安全です。

 

③拭き取った後は、空焚きして水分を飛ばします。

 

④プレートが乾いたら、サラダ油をキッチンペッパー等に馴染ませて薄く塗りましょう。

 

しつこい焦げや汚れの洗い方

 

 

焦げや汚れには、重曹が効果的です。

ただし、テフロン加工のたこ焼き器のみ有効な方法です。

 

鉄製のたこ焼き器には重曹の使用を控えましょう。

重曹のアルカリ性が鉄製プレートに必要な油分も奪ってしまいます。

 

重曹は水ではなく熱湯に溶かすことで、今日アルカリ性の水溶液となります。

この溶液を使用することで汚れが落ちやすくなりますが、危険も大きくなるので、必ずゴム手袋をして行いましょう。

 

着脱式のたこ焼き器

■使用するもの

  • ゴム手袋
  • 重曹
  • お湯
  • スポンジ

 

■洗い方

①ゴム手袋をしてから、プレートを重曹を溶かした熱湯に浸け置きしましょう。

 

②重曹水が冷めたら、スポンジでプレートを優しくこすります。

 

③最後に、水でよくすすぎ、水分を拭き取りましょう。

 

非着脱式のたこ焼き器

■使用するもの

  • ゴム手袋
  • 重曹
  • お湯
  • スポンジまたはキッチンペーパー

 

■洗い方

①重曹を水に溶かしたものを穴に注いで熱します。

沸騰すると危険なので、泡がブクブクとなる前に電源を落として冷めるまで待ちましょう。

 

②お湯が冷めたら、ゴム手袋をしてキッチンペーパーやスポンジで優しくこすります。

 

③プレートの重曹水を、スポンジやキッチンペーパーを使って取り除きます。

 

④スポンジやキッチンペーパーに水を浸みこませて、プレートを拭きます。

 

⑤最後に水分をよく拭き取って完成です。

 

 

さいごに

 

 

鉄製のたこ焼き器は、洗剤を使わないと不衛生と思われがちですが、熱することで同時に殺菌もできているので問題ありません。

 

使う時に油のべたつきが気になる場合は、空焚きしてからキッチンペーパーで拭くと解決できます。

 

テフロン加工(フッ素樹脂加工)は急激な温度変化に弱いので、熱いときに水を注いだり、冷めているときに熱湯を注ぐのは止めましょう。

 

素材に合わせて正しい方法で洗うと、キレイな状態を保ちながら長持ちさせることができます。

 

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク