【スポンジの洗い方】消毒・除菌方法や洗浄方法を紹介

スポンサーリンク

 

みなさんが普段食器洗いに使っているスポンジ、キレイですか?

 

実は、食器洗い用のスポンジには一億もの雑菌が繁殖しているといわれています。

これは、トイレの掃除ブラシに繁殖している菌にも匹敵する数で、とても衛生的とは言えません。

 

食器に菌をなすりつけていると考えると、ゾ~っとしますよね。

 

そこで今回は、スポンジの洗い方と除菌方法をご紹介します!

 

スポンジと菌について

スポンサーリンク

 

まずはスポンジと菌についてみていきましょう。

 

生肉や生魚には、食中毒の原因になる危険な菌が含まれています。

調理に使ったまな板や包丁をスポンジで洗うことによって

スポンジにもその菌が付着します。

 

そのスポンジで他の食器を洗うと

食中毒に繋がるおそれがあります。

 

事実、それが原因の食中毒は多く起こっています。

 

また、スポンジには食べかすなどがよく付着します。

乾燥しづらいスポンジには栄養と水分がたっぷり含まれており

雑菌にとって絶好の住みかです。

 

放っておくとどんどん繁殖します。

 

最近では、抗菌スポンジ除菌もできる洗剤が販売されています。

それらを使っていると安心しがちですよね。

 

抗菌グッズというのは、表面の菌の増殖を抑える効果はあるのですが

菌の付着を防いだり、中まで染み込んだ菌の増殖を抑える効果はありません。

 

除菌ができる洗剤も、食器を洗い終えてそのままの状態で放置しておくのでは安心できません。

 

目に見えないだけに厄介な菌。

 

では、対策方法をみていきましょう。

 

スポンジの洗い方

 

まずは、スポンジをキレイに洗いましょう。

 

付着した食べかすや野菜クズ、油などを、手で揉み洗いしキレイに落とします。

直前についた汚れならばすんなり落ちるはずです。

 

お湯を使ったり、落ちにくいようでしたら食器用洗剤を足してもいいでしょう。

洗剤をしっかりすすぎ終えたら、両手でギュッと絞ります。

水分はできるだけ落としておきましょう。

 

さて、洗い終えたところで除菌方法をみていきます。

 

スポンジの除菌法

スポンサーリンク

 

スポンジの除菌法は3種類あります。

お家にあるものを見ながら、お好きな方法を選んでくださいね!

 

煮沸消毒し、天日干しする

食中毒の予防にはこれが一番確実です。

 

生肉に含まれるカンピロバクターという菌

75度以上のお湯で1分間以上加熱することで死滅します。

 

さらに日光に当てることで完全に殺菌することができます。

ですが、毎日するのは大変ですよね。

 

塩素系漂白剤を使う

キッチンハイターなどの台所用漂白剤を使います。

薄めた漂白剤に2分ほど付けおきし、よくすすいで水分を切り乾燥させます。

 

こちらも昔からある安心の方法ですね。

ローコストですが、特有のニオイがあるのと、スポンジが色落ちすることがあります。

 

また、直に触ると手荒れの原因になりますのでゴム手袋の着用をおすすめします。

 

除菌ができる洗剤を使う

洗ったスポンジに洗剤をつけ、全体に行き渡るように揉みこみます。

洗い流さずそのまま、次に使うときまで置いておきましょう。

 

次に使うときも、洗い流す必要はなくそのまま使用して大丈夫です。

非常に手軽ですが、乾燥させないと落ち着かない方には別の方法をおすすめします。

 

天日干しまではできなくても

吊るしておく

網状になった部分にスポンジを置いておく

など、スポンジが乾燥しやすい工夫をしておきましょう。

 

スポンジを2つ用意し、1日ごとに交換して使用すれば

洗濯物の隅にそっと干しておくこともできます。

 

【まな板のカビ対策】カビの落とし方や除菌方法を紹介!

 

【包丁の洗い方】効果的な洗い方や除菌・消毒方法を紹介

 

口に入るものを盛りつけるお皿を洗うスポンジ。

 

常にキレイにし、安心・安全に食を楽しみたいですね!

 

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク