【ざるの洗い方】素材別にザルの洗い方を紹介!


スポンサーリンク

ざるの素材別の洗い方

 

 

ざるは、その形状から洗っても汚れや水分が残ってしまいがちです。

 

目の部分や継ぎ目の部分、縁にも気をつけて洗いましょう。

 

また洗った後は、しっかりと乾燥させてから収納します。

水分が残っていると、サビやカビの原因となります。

 

ステンレス

■使用する道具

たわしが一番効率よく洗うことができます。

縁や継ぎ目、折り返し部分など細かいところは、汚れが残りやすいので歯ブラシの使用もおすすめです。

 

■洗い方

①水やぬるま湯につけます。

ステンレスは耐熱性があるので、熱湯を使用しても大丈夫です。

 

②たわしに洗剤をつけて、ざるの目を意識しながらこすって汚れを落とします。

 

③よく水ですすぎ、乾かします。

※塩素系漂白剤はサビや黒ずみの原因となるので、使用は避けましょう。

使用する場合は、酸素系漂白剤を使用しましょう。

 

プラスチック

■使用する道具

傷がつきやすい素材なので、柔らかめのブラシやスポンジが好ましいです。

 

■洗い方

①水やぬるま湯につけて、汚れを落としやすくします。

 

②食器用洗剤をつけたブラシやスポンジで全体を優しくこすります。

 

③水でよく洗い流し、乾かします。

 

■漂白剤で殺菌する

プラスチック素材はが付きやすく、カビも生えやすいので、定期的に漂白剤で殺菌しましょう。

傷へ入り込んだ汚れやカビだけではなく、臭い対策にもなります。

 

【プラスチックの手入れ】水垢汚れの落とし方や臭いの取り方

 


スポンサーリンク

 

天然素材

酸やアルカリにも強く、水切れに優れている素材です。

水分や汚れ、臭いが染み込みやすいという特徴もあるので注意しましょう。

 

■使用する道具

ブラシまたはたわし

 

■洗い方

①水で流しながら、たわしを使って洗います。

油分が気になるときは洗剤を使用しても良いですが、洗剤が染み込みやすいのでしっかりすすぎましょう。

 

※長時間水に浸けておくと素材にダメージを与えることになるので止めましょう。

また漂白剤の使用はできるだけ避けましょう。

 

②洗った後は、風通しの良い場所でしっかりと乾かします。

 

■使用前の工夫

使用前に水に濡らしておくと、汚れや臭いが染み込むのを防ぐことができます。

 

■臭いの落とし方

臭いが気になる時には陰干しを試してみてください。

急に強い紫外線に当てるとゆがみの原因となります。

 

日陰か半日陰の風通しの良いところで干しましょう。

 

■カビの落とし方

カビが発生してしまったら、漂白剤を薄めたものを使用します。

漂白剤を薄めたものを染み込ませた布でカビを拭き取ります。

 

②漂白剤の成分が残らないようにしっかりとすすぎます。

 

③陰干しをして乾燥させます。

 

シリコン

耐熱性に優れていますが、傷とカビに注意が必要となります。

 

■使用する道具

ブラシやスポンジ

 

■洗い方

①水やぬるま湯に浸けておきます。

油汚れの落ちやすい40℃くらいのぬるま湯が効果的です。

 

②傷がつかないように、食器用洗剤を染み込ませたブラシやスポンジで洗います。

 

③よく水ですすぎ、乾かします。

 

※乾燥機にかけると、ひび割れするなどシリコンを傷めることがあるので、使用は避けましょう。

 

■油汚れの落とし方

シリコンは油汚れが残りやすい素材なので、落ちない場合は以下の洗い方を試してみてください。

 

①洗う前に古布やキッチンタオルで一拭きします。

 

重曹を振りかけて、10分程度おいてから洗剤で洗います。

 

【シリコン製品のお手入れ】洗い方や汚れの落とし方を紹介

 

しつこい汚れの落とし方

 


スポンサーリンク

 

重曹

食器用洗剤の他にも、重曹で洗うことをおすすめです。

重曹は粒子が細かく、ざるの目にこびりついている汚れをきれいに落としてくれます。

 

つけ置き

汚れが落ちにくい時には、つけ置き洗いも試してみてください。

 

ざるの目に引っかかっている汚れを浮かすことができます。

熱湯でつけ置きして、ぬるま湯(40℃くらい)になってから洗うのが効果的です。

 

振り洗い

野菜の繊維など、ざるの目に引っかかっている汚れに効果があります。

 

ざるがすっぽりと入るくらいの大きさの容器に水をはり、その中でざるを振りましょう。

汚れが簡単に振り落とされます。

 

さいごに

 

 

ざるは素材によって洗い方や注意することがそれぞれ異なります。

 

強くこすっても大丈夫なもの、傷がつきやすいもの、洗剤が染み込んでしまうものなど素材の特徴を押さえて、使う道具や洗い方を選びましょう。

 

また、漂白剤の使用が向いているものもあれば、塩素系漂白剤は使用できないものもありますので気をつけてください。

汚れのこびりつきや臭いが気になる時には、素材に合わせて漂白剤を選んで使いましょう。

 

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク