【ポリプロピレンはレンジOK?】耐熱性や安全な温め方法などを紹介!


スポンサーリンク

 

本記事では、レンジでのポリプロピレンの使用に関する情報を紹介しています。

 

レンジで加熱できる?

 

ポリプロピレン(PP)製のお皿などの食器やボウルやタッパ―などの容器はレンジでチンすることができます。

 

それは耐熱温度がレンジの温度に対応しているためです。

 

レンジで加熱すると、ポリプロピレン製の容器に食べ物を入れて加熱しても最大で100℃にいかない程度です。

 

また、油を含んだ天ぷらなどを温めたとしても耐熱温度を超えることはありません。

 

レンジでチンできるのか

ポリプロピレン製の容器、例えば、スーパーやコンビニなどで販売されているお弁当に使用されているものはレンジでチンすることができます。

 

ポリプロピレン製であれば、表面にPP又はポリプロピレンと表記されているため、確認してからレンジで温めるようにしましょう。

 

レンジで使用できても、オーブンでは使用することができません。

 

その理由は、ポリプロピレンの耐熱温度がオーブンの加熱温度よりもはるかにマイナスだからです。

 

加熱の危険性

ポリプロピレン製の製品はレンジで加熱することができますが、長時間加熱すると元々の形が変形してしまったり、臭いや体に有害なガスを発生してしまう可能性があります。

 

万が一溶けたものを誤飲してしまったら、そのままにせず病院で診て貰いましょう。

 

ポリプロピレンはプラスチックなため、固まると先が鋭利な部分ができますので消化器官を傷つけてしまう可能性があります。

 

消化器官では消化はされず、そのまま排便として出てきますが万が一に備え、病院に行くようにしましょう。

 

そうならないためにも、使用方法を守ると安全性が確立されるため、必ず守って使用することをおすすめします。

 

耐熱温度

ポリプロピレンの耐熱温度は100℃~140℃と言われています。

 

その為、レンジでの加熱が可能となります。

 

加えて、酸・アルカリにも対応しているため、アルコール消毒もすることが可能なため、非常に手入れのしやすい素材です。

 


スポンサーリンク

 

温める場合のポイント

 

基本的にポリプロピレン製の容器で食品を温めることは可能ですが、レンジでの長時間による調理をする場合には、別の容器にいれて温めると安全性が増します。

 

耐熱性タッパ―で加熱

耐熱性タッパ―では様々な食材や飲料を温めることができます。

 

野菜をゆでるよりも、レンジで温めた方が栄養素も損なわずに調理をすることができます。

 

耐熱性タッパ―は、蓋だけ電子レンジ不使用なものが多いということが注意点です。

 

または、蓋についている空気を逃がす穴を空けてから加熱するようにしなければならないものが多いです。

 

この穴を塞いでしまうと、食品に含まれている水分が蒸発してしまい蒸気圧でタッパ―ごと爆発してしまう可能性がありますので、必ず使用方法を守って使うようにしましょう。

 

 

蓋つきキャ二スター

耐熱性タッパ―と磁器の良い所をとったものが蓋つきキャ二スターです。

 

タッパ―のように食材の保存が可能で、更に磁器ということを生かし、蓋をしたままレンジの使用が可能という優れものです。

 

 

磁器に移して加熱

洋食器などに多い、磁器に移してラップをかけてチンすることもできます。

 

このとき、ラップをかけ深さのある器を選ぶと内容物が飛び散った時にレンジ内を汚さずに温めることができます。

 

どうして磁器はレンジに対応しているかというと、磁器は石が原料となっているため耐熱に優れています。

 

そのためレンジに対応していますが、和食器に多い陶器は土が原料としてできているのでレンジに対応していないものが一般的です。

 

和食器でもレンジに対応しているものもありますので、購入する際に確認をしましょう。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク