【プラスチックはレンジ対応?】安全に温める方法を紹介!


スポンサーリンク

 

本記事では、レンジでのプラスチックの使用に関する情報を紹介しています。

 

 

レンジでチンできる

 

プラスチックは、レンジに対応しているものとしていないものがあります。

 

プラスチックの種類によっては、レンジでチンしてしまうと溶ける種類のものがありますので、注意が必要です。

 

その差には、プラスチックの耐熱性に要因があります。

 

またわざと溶けたプラスチックを利用してキーホルダーの製作を楽しむ方も多くおられます。

 

プラスチックの特性を理解した上で、人気の工作の一つなのでお子さんと一緒でも楽しめるでしょう。

 

レンジでチンできる場合

プラスチックの中でも、ポリプロピレン(PP)製のものはレンジでチンすることができます。

 

ポリプロピレンの耐熱温度は100℃~140℃と言われています。

 

その為、レンジでの加熱が可能となります。

 

プラスチック製の容器に食べ物を入れて加熱しても最大で100℃にいかない程度です。

 

また、油を含んだ天ぷらなどを温めたとしても耐熱温度を超えることがありません。

 

ポリプロピレン製であれば、表面にPP又はポリプロピレンと表記されているため、確認してからレンジで温めるようにしましょう。

 

また、オーブンでは使用することができません。

 

その理由は、オーブンであればはるかにポリプロピレンの耐熱温度を越してしまいます。

 

そのため、元々の形から変形してしまったり、長時間加熱してしまうと臭いや体に有害なガスを発生してしまう可能性がありますので使用方法を必ず守るようにしましょう。

 

レンジでチンできない場合

プラスチックの中でも、ポリスチレン(PS)製のものはレンジでチンすることができません。

 

それは、ポリスチレンの耐熱温度が70℃~90℃であるためです。

 

その為、レンジでチンしてしまうと、溶けてしまい温めようとした食べ物に付着してしまいます。

 

もちろんプラスチックは消化器官で消化できない上に、臓器を傷つけてしまう可能性がありますので食べることもできません。

 

万が一、食べ物に付着してしまったらその部分だけ取り除くようにしましょう。

 

しかし、ポリスチレンの種類によってはレンジでチンできるものもあります。

 

スーパーやコンビニで販売されているお弁当の容器はポリスチレン製が多く、強度や耐熱性を増すために、表面にポリ塩化ビニルやポリプロピレンなどの合成樹脂による保護シートでコーティングされています。

 

そのため、耐熱性一般的なポリスチレンよりも優れているというわけです。

 


スポンサーリンク

 

安全に温める方法

 

ポリプロピレン製の容器であれば、レンジに対応していますので安全に食べ物を温めることができます。

 

ポリスチレン製の容器に入ったものは、別の耐熱性のある容器に移し替えて温めるようにしましょう。

 

シリコン製容器

シリコンスチーマーなどのシリコン製容器は耐熱性に優れているためおすすめです。

 

柔軟性もあるため折り畳むこともでき収納しやすく、嵩張らないということもメリットとして挙げられます。

 

お値段も手ごろな物が多く、カラーバリエーションも豊富なためぜひ購入を検討してみましょう。

 

 

耐熱性タッパ―で加熱

シリコン製容器と同じように簡単な方法は、耐熱性タッパ―の使用です。

 

耐熱性タッパ―の注意点は、蓋だけ電子レンジ不使用なポリスチレン製ものが多いため、ラップをかけて温めることです。

 

または、蓋についている空気を逃がす穴を必ず空けてから加熱するようにしなければならないものが多いです。

 

食べ物に含まれる水分が蒸発し、蒸気圧でタッパ―ごと爆発してしまうためです。

 

必ず使用方法を守って使うようにしましょう。

 

セリアやキャンドゥなどの100均でも耐熱性タッパ―が販売されています。非常に便利グッズなためおすすめのアイテムです。

 

 

磁器に移して加熱

また、磁器に移してラップをかけてチンする方法も簡単です。

 

このとき、ラップをふんわりかけ深さのある器を選ぶと内容物が飛び散った時にレンジ内を汚さずに温めることができます。

 

磁器は石が原料となっているため、耐熱に優れています。

 

そのためレンジに対応していますが、陶器は土が原料としてできているのでレンジに対応していないものが一般的です。

 

磁器は洋食器に多いですので、陶器とくれぐれも間違えないように気を付けましょう。

 

蓋つきキャ二スター

耐熱性タッパ―と磁器のいいとこどりをしたものが蓋つきキャ二スターです。

 

タッパ―としての役割を果たし、食材の保存が可能で、更に蓋をしたまま電子レンジの使用ができます。

 

この蓋つきキャ二スターを使えば、例え食べ残ってしまってもそのまま蓋をして保存をすることができます。

 

さらに、翌日そのまま温め直しができますのでとても便利な商品です。

 

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク