【おろし金の代用】代用品を使ったテクニックを紹介



おろし金が無くても大丈夫!

 

離乳食、焼き肉のソース、薬味と、すりおろし野菜は食事の中に数多く登場します。

 

調理中、おろし金が必要になる時がありますよね。

そんな時に限っておろし金が家に無い!

こんなことよくあります。

 

やる気が萎えてしまいますよね。

 

でももう大丈夫です。

 

おろし金も電動調理器具が無くても、身近なもので簡単にできる方法をご紹介します。

 

身近なもので代用してみよう

スポンサーリンク

 

■アルミ製のスプーン

金属製のスプーンでこそげ落とします。

 

ショウガの場合は、繊維に横の線を入れるような感じで直角に削ります

すると繊維が削れ、細かくおろせます。

 

大根は、カットした面をスプーンで削ります。

表面を少しずつ削ることで細かくおろせます。

 

■棒でたたく

①包丁で細かく切り、丈夫なビニール袋に入れます。(ジッパー付きが良いです)

 

②それを固い棒(麺棒)で叩きます。

 

袋に空気を入れないようにしてください。

空気が入ってしまうとジッパー付きの袋が破裂して大変なことになってしまいます。

 

あとは、水分を出さないため、強くたたきすぎないように気を付けます。

 

食品を棒で押さえつけないことも大切です。

 

棒がなければ、水を入れたペットボトルの底で代用します。

角の部分は強化されているので強い力が加わりますよ。

 

棒でたたくと、繊維の塊をなくすことができるので良い口当たりになります。

離乳食などで活用するとき、この方法はお勧めです。

 

たたいた時に出た汁も活用できて便利ですよ。

 

スポンサーリンク