【金属はレンジOK?】ステンレスや琺瑯の容器、弁当箱、ボウルを温めるには


スポンサーリンク

 

本記事では、金属をレンジでチンすることは大丈夫なのかを説明しています。

 

レンジでチンは大丈夫?

 

金属製品をレンジで温めては絶対にいけません。

 

ボウルに食材をいれたまま温めることはできませんので、磁器やレンジ対応のタッパ―に移してからチンするようにしましょう。

 

また、カレーを温めるつもりでうっかりスプーンも一緒にチンしてしまいがちですが、火災に繋がる可能性がありますので日頃から注意して取り扱うようにしましょう。

 


スポンサーリンク

 

金属(ステンレス、琺瑯など)をレンジで加熱することができるか?

 

ステンレスや琺瑯でできた製品も、レンジに対応していませんので加熱することはできません。

 

ステンレスはクロムとニッケルという金属が合わさった合金で、琺瑯は鉄やアルミニウムなどの合金で表面に二酸化ケイ素というガラスの成分を焼きつけたものでできています。

 

しかし、野田琺瑯などの有名な質の良い琺瑯は、容器に食品を容れたまま冷蔵・冷凍することができ、オーブンレンジでの『解凍』のみをすることができます。

 

あくまでも『加熱』はすることができませんので、よく使用方法を熟読し、使い方を守るようにしましょう。

 

また、カフェやバーで使用されているおしゃれな銅製のマグカップもご家庭用に販売され人気を集める商品です。

 

熱伝導率が良いので良く冷えたり、熱々の飲み物を飲むことができます。

 

しかし、やはり銅でできていますのでレンジでチンをすることはできませんので注意をしましょう。

 

チンしたらどうなるのか

 

金属製品をレンジでチンしてしまうと、最悪の場合、火災に繋がります。

 

なぜ火災に繋がるのかというと、その理由はレンジの性質にあります。

 

レンジの性質

レンジは、食材に含まれる水分を焦点化し水分分子を狙って電磁波を当てています。

 

電磁波が当たった水分分子はとても高速で振動し、それにより食材が温まっています。

 

人間に例えると、体を動かすとポカポカと温まりますよね。

 

分子が温まることで運動率が上がり発熱するということです。

 

金属製品をレンジでチンしたら?

金属に電磁波が当たると、同じように金属分子が振動します。

 

そのため熱をもつようになり熱を保つことができなくなると火花として外に発熱します。

 

そしてその火花が食材に当たることで発火し火災になってしまいます。

 

レンジも機械自体使用できなくなりますので、絶対にレンジでの使用は止めましょう。

 

アルミホイルに包んだおにぎりももちろん発火の原因になります。お皿に移し替えて温めるようにしましょう。

 

金属製品をレンジでチンするとどうなるのか、たくさんのユーチューバーがYOUTUBEに動画をアップしていますので興味のある方は見てみましょう。

 

また、お子さんの教育として見せることもおすすめです。

 

あらかじめどんな危険性があるのか知っておくことが大切です。

 


スポンサーリンク

 

安全に温める方法

 

ステンレス製のお弁当や琺瑯に入った食材、銅マグに入った飲料を温めるには、すべて他の磁器やコップなどの容器に移し替えて温めるようにしましょう。

 

耐熱性タッパ―で加熱

◆耐熱性タッパ―

 

最近では、耐熱性に優れたタッパ―が普及し電子レンジでの使用が可能な物が販売されています。

 

そのため、様々な食材や飲料を温めることができます。

 

耐熱性タッパ―での注意点は、蓋だけ電子レンジ不使用なものが多いということです。

 

または、蓋についている空気を逃がす穴を空けてから加熱するように注意を促しているものが多いです。

 

この穴を塞いでしまうと、内容物に含まれている空気が蒸発してしまい蒸気圧でタッパ―ごと爆発してしまう可能性があります。

 

必ず使用方法を守って使うようにしましょう。

 

最近では、セリアやキャンドゥなどの100均でも耐熱性タッパ―が販売されており、非常に便利グッズなためぜひ店頭でお求めください。

 

◆蓋つきキャ二スター

 

タッパ―と磁器の良い所をとったものが蓋つきキャ二スターです。

 

タッパ―としての食材の保存が可能で、更に蓋をしたままレンジの使用が可能という優れものです。

 

磁器に移して加熱

金属製の容器に入ったものを磁器に移してラップをかけてチンすることもできます。

 

このとき、ラップをかけ深さのある器を選ぶと内容物が飛び散った時にレンジ内を汚さずに温めることができますのでおすすめです。

 

磁器は石が原料となっているため、耐熱に優れています。

 

そのためレンジに対応していますが、陶器は土が原料としてできているのでレンジに対応していないものが一般的です。

 

磁器は洋食器に多いですので、間違えないように気を付けましょう。

 

こんな記事も読まれています

 
スポンサーリンク